2017年9月25日 (月)

パッと一振り?

ベスト オブ ニッポンの調味料  枻出版

 サブタイトルは、「これさえあれば」を揃えました。なんですが、日本の調味料というと、味噌、醤油、みりん、お酒かなぁ?と軽く本書を開いたら、いやぁ、何とゆーか、調味料って物凄く種類のあるものだったのね(笑)

 醤油だけでも一体幾つあるんだと…己がどれだけキッコーマンに毒されていたか分かりました(笑)地元には地元の造り酒屋さんのよーに、調味料屋さんというか、蔵があるんですねぇ…

 で、ふと日本の味ってどよ?と降り返ってみると、「家庭料理に何でもダシを使うのが当たり前になったのは、実は昭和30~40年に辻留さんが著書で「家庭にも出汁を導入すべき」と提唱してからのことなんですよ」(@野崎洋光)って、そーだったのか?出汁?鰹節とか、昆布の旨味がなかったら、お味噌汁一つにしても味気ないと思うんだが?これ如何に?

 ちなみに「日本の調味料が世界で本格的に注目されはじめたのは、10年くらい前から、海外でもミシュランの三ツ星クラスの店なら、昆布は当たり前のように使っています。私が修業した店は、40年くらい前ですが、すでに醤油や昆布を内緒で使っていました(笑)」(@三國清三)って、ホンマでっかぁーっ?仏料理ってフォンドヴォーの世界かと勝手に思ってますた(笑)

 でもって、七味唐辛子って、伊人ウケするのか?「唐辛子はイタリアの南部の料理でも使いますし、イタリア人は柑橘の香りが大好き、お土産にとても喜ばれます」(@笹島保弘)って、そーだったのか?陳皮?

 いやあ、日本の調味料なんて、日本人と和食屋さんしか使わないと思っていたら、今や調味料もワールドワイドなんですねぇ…

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

掃苔?

東京お墓巡り  酒井茂之  日本放送出版協会

 サブタイトルは、時代に輝いた50人なんですが、有名人のお墓巡りだろか?でもって、都内にあるお墓ですから、幕末以降というか、明治以降の人達が主だよなぁとゆー(笑)

 そんなお墓事情…どこも似たよーなもんじゃないのけ?と思えば、行けばやはり違うらすぃ?

 例えば、「総じて政治家、軍人、実業家の墓は大きく、芸術家、小説家など浮き世とは一線を画したような生き方をした人物の墓は、ささやかなものが多いようだ」そで、「森鴎外、芥川龍之介、横山大観、高村光太郎、新渡戸稲造らの墓石には名前しか刻まれていません。死はすべてを無に帰するとの考え方から、飾り立てることを拒否しているかのようです」らすぃ…ところが「軍人や政治家の墓石には、必ずといってよいほど、「大将」とか「侯爵」の肩書が刻まれています。これは、本人の栄光を後世に伝えたいという、関係者の意思が働いているからでしょう」って、ホンマでっかぁーっ?まっこれからの政治家の墓石には、本当に必要なんですか?って刻むのはどーだろぉか(笑)

 後、故人のエピも当然出てくる訳で、例えば伊能忠敬の場合は、「忠敬が生きているうちに地図は完成しなかった。やり残した仕事は至時の長男、景保に引き継がれ、忠敬が亡くなってから三年後の、文政四年(一八二一)に完成した」のだそな…でもって、ここのエピの凄いとこは「実は忠敬の死は、地図が完成するまで秘密にされていたという」でして、「地図の完成と同時にその死が公表されたのだった」とな…何かもー色々思惑ありませんねんの世界が展開していた模様…地図の世界もパネェ…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

はーるばるきたぜっ(笑)

喪失の国、日本  M・K・シャルマ  文藝春秋

 サブタイトルは、インド・エリートビジネスマンの「日本体験記」なんですが、うーん、読後の正直な感想は、インドのエリート中のエリートが書いた文章というよりも、日本のもてないおっさんの書いた文章のよーな気がしますた(笑)

 まぁ日本についてのこの手の本ってたいてい2パターンの内のどちらかで、一つは日本って最高ーっていうアゲアゲの本か、もしくは日本って最低というディスりにディスりましたの本かどっちかだからなぁ(笑)

 本書は一応、同じ印人のビジネスマンに向けた日本とはこー付き合えみたいな指南書らしーので、カルチャーショック本というか、不思議の国日本から、タイトルにあるよーに印よ、決して日本のよーになるなの同胞への警告、嘆願本かなぁ?

 よーは戦後の日本の経済発展は極度の米化と引き換えじゃね?それってどよ?みたいな話かなぁ?

 取り合えず本書当時の90年代の印事情はとゆーと、「遊説中のラジブ・ガンディー氏が暗殺されたのが去年の五月。その後を引き継いだナラシンハ・ラオ(日本ではナラシマ・ラオとも)政権が、国民会議所の起死回生をかけて、経済危機の打開策として打ち出した大幅の規制緩和の結果がこれである」でして、「国内産業への過度な保護政策が国際競争力を失わせ、財政が逼迫した所に湾岸戦争が勃発し、海外に千五百万人、三百億ドルを上回る同胞(印僑)からの送金が途絶えて、インドは極端な外資不足に陥った」とな…

 かくて「IMF(国際通貨基金)からの膨大な額の特別借款の累積にくわえて、今回の借款による「新経済政策」が、通貨の切り下げであり、外貨導入(外国企業との合併)であり、自由化政策なのだ。こういう方向は十年前のインディラ・ガンディー政権時代からはじまっていたが、ラオ政権のここにいたっての一気呵成な改革に不安感をもつ者は多い」とな…

 まぁ詳細は本書をドゾですが、よーするに、近代化なにそれおいしいの?とゆー疑問?疑念が印中を席巻していた模様…著者的なスタンスは、「インドの将来を考えるなら、やむを得ない選択だ。われわれの心はいま、古い価値観と新しい考えのジレンマに苛まれている。だが、世界経済の流れに乗りそこねてはならない。すでにインドは、中国に充分なほど水をあけられてしまっている。今回の大規模な経済改革が、インド経済を立て直すだけではなく、貧民層をも救うことを私は信じたい」の件で、印の仮想敵国って中国だったのか?

 とはいえ「一部のヒンドゥー極右勢力が不穏な動きを見せはじめている。元首相の爆殺事件も、それと無関係ではないのではないかといううわさもある」ですしおすしとな…

 また、「十二月六日、インド北部の町アヨーディヤーで、ヒンドゥー教徒の過激派がイスラーム寺院を完全に壊し去ったのである」かくて、「ボンベイで大規模な暴動が発生し、インド全土がパニック状態になり、パキスタンではヒンドゥー寺院がイスラーム教徒の手で破壊され、ついでイギリスに飛び火した」とな…

 とゆー訳で歴史的にも根深い問題が印パ間にはある模様でして、こちらの詳細は本書をドゾ。ただ、「そもそも四百年以上まえの歴史の不正をいまになって正そうと言う人民党は、対立を煽ることで政権の奪取をもくろんでいるのだと述べた」と著者が述べているとこだろか?過去の正義ってそれってゴホンゴホン…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

SNSで僕と握手(笑)

ドイツ大使も納得した、日本が世界で愛される理由  フォルカー・シュタンツェル  幻冬舎

 どゆ本とゆーと、ブログまとめますただろか?それもただのブログではなくて、駐日独大使の日本語ブログなのだ…まぁ今となっては前大使になるのだろーか?ですけど、連載中は現大使、公務の激務の間に、ちまちま続けていたら、ここまできたよぉーって事で一冊にまとめてみましたとゆー事らすぃ…でもって、ブログ始めるきっかけが、あの東日本大震災だったそで…独の飴と鞭の飴の方がコレですとゆー事になるのだろか?うーん?

 大使自身は若き日に京大に留学経験があり、更に駐日独大使館に外交官として三年勤務した事もありで、三度目の日本は大使としてきましたとゆー…何かと日本と縁があるとゆー事らすぃが?独外務省の仕事の割り振り的にはどーなんだろぉ?

 何たって、大使自身が「日本は世界の多くの国から好かれています。日本に憧れている人々は世界中にいます。その理由の一つがいわゆるソフトパワー、つまりアニメ、漫画、武道、和食、そしてハローキティの力なのではないかと、私は思っています」と断言なさっていらっさるし(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

泥沼には泥沼の戦い方がある?

ローマ亡き後の地中海世界 1  塩野七生  新潮社

 サブタイトルは、海賊、そして海軍なんですが、所謂、ローマ崩壊からの1000年ってどよ?の世界だろか?でもって、本書、こんな事はあまり言いたくないのだが、今まで読んだ著者のご本の中で一番読破するのに時間がかかったよーな気がしたよな?実際の読書時間はそんなに変わらないと思うのですが?気持ち的に何か読書にのれないとゆーか?ローマの時みたいなワクワク感がずぇんずぇんないんですわぁー…

 こーローマの時はある種冒険モノみたいな山あり谷あり高揚感があったんですけど、ローマなき後の地中海って、陰々滅々じゃね?サブタイトルが海賊と海軍になってて、普通海賊というとカリブの海賊か、ショニー・ディップのイメージを思い浮かべますけど、これ見る限りは、海賊って、収奪、略奪、虐殺、破壊以外の何者でもないよな…

 地中海の北側は、地中海の南側の海賊に1000年以上襲撃され続けてきたとゆー、何かもー、拉致監禁の奴隷化が日常茶飯事ってパネェ…地中海史って一体?

 で、記念すべき第一巻は、延々その略奪史なんですよ、奥さん(誰?)

 そんな訳で、今日の教訓、制海権は大切に、でしょか?特に平和ボケしている日本人はある意味本書は必読の書かもしらん…これがリアルだって奴ですか?そーですか…本当にありがとうございました…

 まぁだいたい、海賊には二つ種類があるとゆー事すら知らない日本人というか、日本人的には海賊は海賊という単語しかないよね?とゆー事からして平和だなぁなんじゃね?どゆ事かとゆーと、海賊には、ピラータ(非公認の海賊)とコルサロ(公認の海賊)の2タイプあるよとな…

 元は、ピラータしかおらず、よーするに犯罪者しかいないよねとゆーのがローマ時代までのお話…ローマの後、コルサロきたこれとなるらすぃ…でその公認海賊って何じゃそりゃとゆーと「その背後には、公認にしろ黙認にしろ、国家や宗教が控えていた者たちを指す」になると…それって…

 ローマって本当に法治国家だったんだなぁとしみじみする本書かなでございます…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

白いご飯に合う料理♪

定番おかず50 名店シェフレシピ  茂出木浩司 笠原将弘 菰田欣也  世界文化社

 所謂一つのレシピ本なんですが、著者名のとこで分かる通り、和洋中のシェフ揃い踏みってか?そんなシェフ達が、日本の家庭料理の定番レシピのコツを伝授しますの世界だろか?

 とゆー訳でメニューは本当にスタンダード、ド定番、王道ですが、何か?な世界が展開していらっさいます(笑)これ、一人暮らしを初めて始める人にも向いていると思われ…この本にあるメニュー位がクリアできれば、日常生活には困らないと思うんだ(笑)

 さて、そんな王道メニューのレシピを拝見して、個人的に一番目をひいたのが、天ぷらでござる…いえ、今まで色々レシピ本拝読して、揚げ物系ではフライ系は多いのに、天ぷら系は凄く少ない気がしてるんですが、どよ?更にフリッター系のレシピは載せても、天ぷらはないみたいな?天ぷらってやっぱ天ぷら屋さんで食べるもので、お家ご飯的には、マイナーなんですかねぇ?

 ちなみに本書の天ぷらの衣では卵は卵黄のみ使用してたり、具材の魚や野菜には先に小麦粉をはたいておいたり、油に入れたらさわるなとか、コツのポイントは色々ある模様…

 天ぷらはやっぱ揚げたてだよなぁと思うので、熱々サクサクをパクリとがジャスティスじゃね?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

赤い誘惑(笑)

いちごスウィーツ  いがらしろみ  祥伝社

 サブタイトルは、パティシエのとっておきレシピ55なんですが、季節は多分秋じゃねで、苺は秋のフルーツじゃないだろがぁーっとゆー声が聞こえてきそーな悪寒(笑)

 よーやく暑さが一段落してきたので、スイーツの美味しい秋キタコレって奴じゃね?さすがに真夏には、アイスやかき氷やゼリー系はあると思いますだけど、生クリームなケーキは食指が動かなかったよな?

 でも、秋ですからねぇ~食欲の秋ですからねぇ~スイーツだってどんと来いですよ、おそーさん(誰?)

 で、そんな頭でケーキと言って一番に思いつくのが苺ショートで、苺の本に飛びついてしまったとな…何か、今一番苺のない季節のよーな気がするが気にしなぁーい(笑)とはいえ、日本のケーキ屋さんの店頭から、苺のない日なんてあるんだろぉか?とふと思ふ?もしや一年中ハウス栽培でどこかで作っているのだろか?それとも今なら輸入ものなんでしょかねぇ?

 まっそれもともかく、本書は苺のスイーツのレシピ本です。主に仏菓子系のと言うべきか?仏でのスイーツにおける苺の立ち位置ってどの辺なのかも気になるところだよなぁ?いや、何か苺だけとゆーと、個人的にパッと浮かぶのがウィンブルドンなんだけど?あれ、未だにあるんだろぉか?うーん?こちらはさすが英なので苺そのまま丸ごとですが、何か(笑)

 とにかく、フルーツとスイーツ、このコラボは永遠に不滅ですっ(キパッ)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

丸ごといけっ(笑)

鉄は旨い  菊池仁志・著 ピエトロ・画 牧野真吾・料理  メディアパル

 所謂一つの料理エッセイ本かなぁ?でも、レシピもあるで、何よりも本書の特色は、挿絵じゃまいか?絵の回りに解説というか、感想というか、著者のお言葉がいぱーいで、見ていてとても楽しい(笑)こー言っては何だけど、子供の夏休みの絵日記帳みたいなノリなのだ(笑)

 エッセイの文は文で別にあるんだけど、まぁそれも緩い感じで、無理せず楽しもうよとゆーノリかなぁ?ちょっとおでかけして、もしくは別宅に行って、現地の食材をダッチオーブンやスキレットでご飯を作ってみるとゆー、ある意味実に素朴な本なのかもしれない…究極の男の手料理キタコレじゃね(笑)本書のタイトルの鉄とは、鉄鍋の事でして、本当に鉄を食べる訳ではありません(笑)

 で、そんな野趣あふれた本書を手に取ったのは、鶏料理に目をひかれたから、チキン丸ごとダッチオーブンで調理しますたって、凄くね?バックは山の中でも、大平原でも、川べりでも、裏庭でもいーけど(笑)

 本書によると「釣りが鮒で始まり、鮒で終わるならば、鉄鍋料理の鮒、それは"蒸し鶏"なのだ」とな(笑)そんな訳で「「ダッチ・オーヴンを買ったんですが、何を初めに作ったらいいですか?」と聞かれたら、迷わず"蒸し鶏"と答える」そで(笑)その位、ダッチオーブン即チキンとゆー事らすぃ…ちなみにレシピも素晴らしく簡単、「鶏の中抜き丸一羽をダッチ・オーヴンに投入、蓋をし、弱火で熱するだけ」そしてそのまま「1時間半待つだけ」で、できてしまいましたとなるらすぃ…ちなみに、塩コショウもいらないそな…これなら、私にも出来るかも?

 鶏が丸ごとというと何かクリスマス料理のよーな気がするというと昭和のかほりがになってしまうんだろか?で、ロースト・チキンもできますってか(笑)というのも「ロースト・チキンは鉄鍋料理の王道である。蓋を取ると、こんがり焼けた鶏が、無骨な鉄鍋から姿を現す。脂がプチプチと弾け、立ちこめる湯気と一緒に香ばしい匂いが漂ってくる。皮はパリッとゴールデン・ブラウンに焼け、肉はしっとりジューシーだ」と読むだけで、涎がよよよと(笑)

 蒸し鶏とローストチキンの作り方の詳細は本書をドゾですけど、最大の違いは、蒸し鶏は下火だけで出来るけど、ローストチキンは上火も必要ですよ、という事らすぃ…蓋の上に炭を置けってか?豪快さがぐっと広がる世界だなぁ(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

通常運転?

ホワイトハウスの職人たち  マイケル・ユー  新潮社

 何か、ホワイトハウスというと大統領一家しか住んでなーいで、それ以外の人々は、でもそんなの関係ねぇー(死語?)のイメージでいたら、そーでもないのか?むしろ、住人たる大統領一家は四年か八年でいなくなるけど、こちらを切り盛りしている裏方はずっといるんですよ、奥さん(誰?)って事らすぃ…中の人的には、歴代の大統領に仕えましたな方多しで、そりゃ生活の場でもあるんだから、裏方の人いぱーいって当たり前ってか?

 で、そんな本書の登場人物達は、ロラン・メスニエ(菓子職人)、レックス・スカウテン(学芸員)、ザヒラ・ザヒル(理髪師)、ウォルター・シャイブ(料理人)、ジョルジュ・ド・パリ(仕立屋)、ドッティ・テンプル(フローリスト)の六人…

 こゆ人達から見たホワイトハウスとは何か?は、非常に興味深いんじゃまいか?かなぁ?政治とか、政府とかには直接関係なくても、大統領個人を知る人達ですから(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

極東の東?

異邦人が覗いたニッポン  雑学総研・著  KADOKAWA

 サブタイトルは、再びの「ディスカバリージャパン」でして、表紙コピーには、ベリー、ハリス、モース、バード、フェノロサ、小泉八雲…不思議の国で、彼らは何を見たか?とあったりして(笑)

 どゆ本かとゆーと、幕末から明治維新後に来日した外国人の方々の日本体験記かなぁ?まぁ日本の日本にかかわりのあった外国人ご一同様で、本書に掲載されている人達は一応、親日派、知日派とゆーカテゴリーになるんだろぉか?

 てな訳で、マシュー・ペリー、タウンゼント・ハリス、ラザフォード・オールコック、ニコライ・カサートキン、アーネスト・サトウ、フェリーチェ・ベアト、ハインリッヒ・シュリーマン、ウィリアム・スミス・クラーク、ジョサイア・コンドル、エドワード・S・モース、イザベラ・バード、アーネスト・フェノロサ、エリザ・シドモア、ウォルター・ウェストン、ラフカディオ・ハーン・ウィリアム・メレル・ヴォーリス、ラビンドラナート・タゴール来たぁーってか(笑)

 でまぁ当時の感覚ですから、登場人物達は「いわば「文明国」からやってきた者ばかりであるが、極東の島国にいまだ残されていた未開の文明を目にして、その豊饒さに驚愕した」ですしおすし…何とゆーか、時代感覚あふるるじゃまいか(笑)まっ、ローマ帝国時代なら、グレートブリテン島も辺境の未開の島ですから(笑)時代感覚ってパネェと思わないか?カエサルってか?

 素朴な疑問としては、百年前の訪日外国人数ってどの位だったのだろー?だよなぁ…本書には17名の方々が掲載されている訳ですが、その比率ってどの位なんだろぉと?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«何が出るかな?何が出るかな?