2016年9月30日 (金)

むっさーは(笑)

ふしぎの祭り  にじゅうに編集部 編  ㈱にじゅうに

 日本不思議旅行ガイドのシリーズの一冊なんでしょか?桜一つとっても日本は祭りにことかかない国で、それこそ日本国中、毎日どこかで祭りじゃね?かも?それでも祭りというと、普通にお神輿とか、屋台とか、神楽とか、花火とか、所謂想定内な祭りも多々あると思うんですが、そゆ範疇に入らないお祀りもいぱーいあるって事よってか(笑)

 そんな何じゃそらなお祭りが30余掲載されています。日本全国本当、色々あってなの世界だなぁ(笑)写真も多用されているので、美しい本でして、それに短い解説がついて、ガイド本というには、ちょっとおっされーかなぁ(笑)

 まっ日本のお祭りの多種多様さにびっくりぃーっの世界が展開していますので、詳細は本書をドゾでなんですが、いかにも日本じゃね?なエピでは、新居の手筒花火のとこで、「由緒ある吉田(豊橋市)の祭礼花火を江戸中期、受け継いだものといわれる。徳川幕府直轄地であったためだろうか、かくも盛大な火薬の使用が許されたことは、武具などの規制の大変厳しかった江戸時代では異例のことだった」そな…「しかも、三河地方にいくつかあるほかの手筒花火があくまて神事の色合いが強いのに比べ、新居の手筒花火は、古来のしきたりを保ちながらも、町方庶民の気晴らしの手段として発展した」って…ホンマでっかぁーっ?

 パンピーの為の祭り、それが江戸時代に成立していたとこが凄い…それも地味にじゃなくて、派手にというより、ド派手に(笑)

 そんなこんなでいわくのある全国のお祭りがこれでもかこれでもかと出てくるんでございますよ、奥さん(誰?)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

ものほんのディープ?

別冊太陽 祭礼 神と人との饗宴  山本ひろ子・編 酒寄進一・写真  平凡社

 お祭りという時、何かもー観光系にいったんじゃね?な祭りがメインになりつつある今日この頃…神事としての祭り忘れてまいか?の世界だろか?うーん…秘儀とか、密儀もあると思いますだろーけど、地元で大々的に開催していても、じもっちーしか知らない世界とか?地味というより、独自色が濃厚とゆーか、歴史キタコレだろなぁ…

 で、本書のタイトル通り、祭礼となるのか?軽く祭りでもなんて世界ではなく、あだやおろそかにはできないかみごとの世界来たぁーっでしょかねぇ?

 そゆ訳で、本書に掲載されている祭事、殆どあなたの知らない世界そのものですた…世界って、この場合、日本国内なんですけど、広いやっと思わされる事しきり…何とゆーか、本当に厳粛な世界が展開していらっさる模様…

 巻頭が、出雲の青柴垣の祭りなんですが、これを現地では約十日間開催し続けるらすぃ…でもって、毎日毎日行事進行が違うみたいなのだ…祭りが始まる一日から四日までが仕事日、である種祭りの準備次第?何事も段取りが大切って事だろか?とにかく、毎日儀式がズラーと並んでいるみたいで、これを延々十日近くやってくって、凄い根気と努力の賜物のよーな気がするが、地元的にはこれが普通なんだろか?詳細は本書をドゾ。正直な読後の感想としては、こゆとこには絶対嫁には行けないなぁと思いますた…

 まぁ出雲だけでなく、その他日本全国の神事キタコレじゃね?でして、写真を見ているだけでもティスカパージャパンなんじゃねでございます…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

キッチンの主?

トクする冷蔵庫スッキリ活用術252  監修 島本美由紀  双葉社

 サブタイトルは、時間とお金と食材のムダを一気に解決!でして、コピーは、一家に一冊保存版とか、93種の食材の保存テクが満載!、下準備の方法も写真付きで紹介、冷蔵庫内をスッキリ収納するポイントは?、お掃除法までしっかりサポートトとな…所謂一つの冷蔵庫仕様書だろか?

 冷蔵庫、毎日使っているもののわりには、使い方…あまり気にしていないよな?これも一つの収納術なんだろか?うーん…例えば、冷蔵の上段、取り出しにくいからどよ?ですけど、あそこは「背の高いドリンクのストックエリア」って事で、瓶とか横にしてしまっておけばいいんだわだったのか?

 他にも冷蔵庫の奥の方にしまうと普通に取り出しにくいのなんかで、回転トレイにのせてしまうとかもあって、なるほろと思ってしまった…食材だけじゃなくていいんですの世界か(笑)

 その点で凄いと思ったのが、冷凍庫に「冷凍保存する食材に使う保存用袋の置き場所を確保」のとこでしょか?使っていない袋を既に冷凍庫に常備しておく、これがジャスティスっか?

 それと食材は一か月で使い切るが基本らすぃ…ひと月に一回スッキリーで、お掃除楽々という事か?成程、冷蔵庫なんですねぇ…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月27日 (火)

やわっこい?

Kikuwarahako2わらびもち  菊乃井  \540

 わらびもち、何か最近はコンビニでも見かけるよーになったけど、一昔前は、和菓子屋さんでも季節菓子で、それ程メジャーではなかったよーな気がするが?気のせいか?

 まぁそんな訳で(?)わらびもちでございます(笑)やっぱ、これもこのつるつる感というか、ひんやり感というかで夏のスイーツになるのかなぁ…それを今頃うっとりしている己の感性がアレなのか?前にも書いたけど、夏バテすると、つるんとした、喉越しのいーものをつい選んでしまうんですよぉーっ、奥さん(誰?)

Kikywara← 食べる時はこんな感じ?

 まぁきな粉がついてますので、それを振りかけていただきますですけど、このきな粉は甘くないんですね…だから、わらびもち本体の甘さでいただくお菓子だと思われですけど、わらびもちそのものもそんなに甘くないので、全体に淡い感じのスイーツかなと…

 ついでに言うと非常に柔らかい…箸でもって持ち上げる事はかろうじてできる位ですけど、半分に切るには柔らかくて難しい位の硬さとでもいおーか?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

まるくてちっちゃい(笑)

Giohakoぎおん坂  和晃

 いわゆる一つのお饅頭だと思われですが、何が違うかとゆーと、その大きさかなぁ?パッケージにも、「京都の舞妓さんのおちょぼ口にあわせてかわいらしい黄味餡のおまんじゅうをおつくりいたしました」ですから(笑)ええ、一つ一つが非常に小さい、コンパクトサイズ…一口サイズのお饅頭なんですよ、奥さん(誰?)

 そゆ訳で、大きさ以外は、形もお味も普通に思い浮かべるソレとゆーか、王道いってる感じなかぁ?温泉饅頭のフカフカ系でないお饅頭とでもいおーか?

Giomand_3
← お饅頭

 一つだいたい2cm位かなぁ?これが15個入っております(笑)パッケージもかわいい感じなので、女性向けのお土産としてあると思いますなのかなぁ?社内で配るにも向いているとか?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

櫻と柿と?

Yoshikuzuhako吉野の葛餅  坂利製麺所

 そろそろ秋だなぁな気候ですが、何かもー夏バテでつるっとした、さっぱりしたものを口にしたいじゃまいか?で、葛餅キタコレってか(笑)とはいえ、関東で言うとこの、あの白い三角の葛餅じゃなくて、こちらは関西で言うとこの葛餅じゃまいか?ですけど…だから、白くはなくて、透明系?

 葛で作る葛系のスイーツというと、一番に浮かぶのが葛切なんだが、あれは、やはり夏の京都辺りに行かないと口にできない気がするんですけど、どーなのかなぁ?葛餅、地域限定商品なんだろか?うーん、教えてエロい人ってか(笑)

Yoshikuzukan← 食べる時はこんな感じ?

 一応、箱の上書きには、「桜で有名な吉野山、鎌倉時代から続く旧家で、綿々と受け継がれてきた、本葛を入れて作る餅の味を、餠職人が、日もちする商品としての葛餅に見事に練り上げています」と書いてあるんですが、なるほど、奈良の葛餅は1000年位の歴史と伝統があるとゆー事か?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

その土地に根ざすものっ

ダヤンのお祭りの本  池田あきこ  中央公論新社

 所謂一つのお祭り参加しますたエッセイだろか?著者、体当たり企画ってとこかもしれんが、日本には祭りがあると(笑)で、こちらで取り上げているのが、ねぷた、竿灯、三社、御柱の四つでして、その中でも紙幅が多いのが、ねぷたと御柱だろか?

 ねぷた、ねぶたとも言われるが、どっちが正しいんだろ?とゆーか、場所によってプとブの違いがあるみたいなんだが?どよ?で、それも気になるとこなんですが、ねぷたって、青森と弘前の二つかと思っていたら、その実青森県内にいっぱいあってなの世界だったのか?それは全然知りませんでした…

 よーするに観光祭り化して、拡大路線じゃねが、この二つって事で、その他市町村で、長年のおらが町のねぷたが続いているみたいなのだ…ただ、観光に結びついていないとこでは、その経費について相当に厳しい模様…まっ祭りってのは、お金と人がいないと成り立たないものだからなぁ…かくて、ねぷたの場合「一台約二千万円ということだ。ほとんど企業の名が台に入ってるのはそういうわけなのだ。「企業ねぷた」と貶められるように呼ばれているけれど」で、企業ねぷたの場合は「青森はスポンサーが絵師に描かせている。生活は出来るけどその代わりひも付きだ」になるそーで…まっお金を出せば口を出す、これはどの世界でも共通か(笑)

 まぁ東京下町、蔵前神社のお神輿の場合は、お神輿を修理するのに1200万円掛かったらすぃーから…お察し下さいかなぁ…新しく造ったじゃなくて、直すだけでそれって…

 まぁそんな世知辛い話はともかく、祭りの熱気というか、情熱というのは、もー日本人のDNA、マインドにセットされているんじゃまいかで、そのパワーみたいなのが全編にドドンとなの世界が展開しておりまする。四の五を言わず、参加してちょって事じゃね(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

栗、松茸、南京豆?

和のごはんもん  飯田知史  里文出版

 サブタイトルは、京の老舗の家の味なんですが、秋になりまして、新米の季節になりましたじゃね?で、ここまできたら日本人ならご飯だろぉと(笑)まっ、新米ならば何もせずにそのまま白米、白飯キタコレで美味しいのは当たり前なんですけど、やっぱ色々あった方がよくね?とゆー、日本人なら魔改造、アレンジはお家芸でしょ(笑)

 てな訳で本書はお米の、ご飯のレシピ本でございます。日本料理なら王道いけやの世界でして、実に清々しい出来じゃなかろーか?多分、日本人なら何もかも懐かしいの世界だと思われ(笑)あっ分かるの世界が展開していると(笑)

 それにしても「お茶事の懐石では、初めの御敷きにお向こうと汁と炊きたての蒸らしきれてへんベチャ飯をのせて運び出します。あとの飯器で蒸されていくご飯の食感や旨味を楽しみながら、最後に釜の底のおこげ(または煎り米)を茹でて湯桶に入れ、香の物とともに浅漬けをいただいて終了です。いかにタイミングよおおいしいご飯を炊くかが、一番重要なんです」という事らすぃ…なるほろ、ご飯の変化と共に食事が進むって事か?

 とはいえ、本書を手に取ったのは単純に、炊き込みご飯に目がいってしまったから(笑)これまたちなみに炊き込みご飯の炊き方の基本…「道楽に伝わる炊き方の基本は、お米と水が同量で水の二割量程のお酒を加え、あらかじめお昆布を漬けときます。うすくち醤油と藻塩と少量のみりんでお加減し、具材はやや多めに合わせます」とな…これが新米やら季節やらで調節するとゆー事らすぃ…匠ですってか(笑)

 春なら炊き込みご飯って筍で決まりって気がしないでもないんですけど、秋だと栗か、松茸か?それとも季節関係なしに炊き込みご飯の王道といえば五目御飯か?で、でも個人的に一番好みなのは鯛ご飯なんですよねぇ…土鍋で鯛一匹丸ごとで炊く至福、パンピーなんでめったにそんな贅沢できないとこがいとかなし(笑)じっと手を見るってか(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

江戸東京の食の粋?

松平定知の江戸・東京老舗グルメ探訪  松平定知・監修 「江戸楽」編集部・編  メイツ出版

 サブタイトルは、"食の歴史"をひも解く名店の味めぐりなんですが、ついでにコピーが、のれんの先に広がる「美食」×「歴史」の再発見!世界が注目する日本の食。その源流である江戸の味を受けづく老舗の名店をご案内します。ときて、所謂一つのガイド本でしょか?ズラリと並んだ名店は、日本人ならどこかで聞いた事があるよーな気がする(?)

 東京の老舗は、何とゆーか、やっぱ東京の雰囲気がするとゆーか?京都とは違う趣があるよーな?下町のそれ、山の手のそれ、いずこの街も皆それぞれに?ってか?

 江戸時代からのお店も風流なんですが、個人的に目をひいたのは明治以降のすき焼き、牛鍋かなぁ?何とゆーか、写真の迫力が、肉野菜ドーンという豪快さとでもいおーか(笑)インパクトが違うんです(笑)まぁ、そろそろ秋に入るやんけで、鍋料理いっとく?もあるんじゃなかろーか?と(笑)

 秋という事で思い出したけど、一昔前はすき焼きに豪快に松茸入っていたよーな記憶がうっすらと…もっと昔はかさあげのために入れていたと、どこぞの爺様が言ってたよーな?昔は松茸豊富だったんだろぉか?そーいや、牡蠣飯もご飯のカサを増やすために入れていたと、これまたどっかにあったよな?すき焼きにカキ入れるとこもあったよな?うーん…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

こけこっこぉーっ(笑)

使える鶏肉レシピ  丹下輝之 濱崎龍一 五十嵐美幸  柴田書店

 サブタイトルが、部位別で使いやすい和・洋・中100品なんですが、チキンというとどーも最初に思い浮かぶのがローストチキン辺り、前世紀のかほりがなんでしょか?

 鶏肉もその部位によって調理法も色々あってなの世界らすぃ…もも肉と胸肉位しか咄嗟に思い浮かばないトーシロは…そーいや、ササミとか、手羽先、手羽元、ひき肉、レバーその他の内臓肉もあったよなと…

 後、本書で一番インパクトあったのは、ネーミング的なとこでいくと、鶏の悪魔焼き…ひな鳥のピリ辛香草焼きみたいなノリなんですが、解説にも「なぜ「悪魔」なのか?見た目から、辛みから、など諸説あり」ってあって、どーしてなんだぁーっ(エコー付/笑)それにしても料理名で時々この悪魔焼きとか悪魔風みたいなのは見るんだけど、天使焼きなんてのは聞いた事がないんだが?うーん…まぁでもスイーツ系なら天使風とかありそーか?

 何はともあれ100皿の料理が並んでおりまするの世界でして、それが全部鶏肉とゆー…まぁ鶏肉のレパートリーは確実に広がるんじゃね?の世界が展開しておりますので、鶏好きもそーでない人もどよって事で(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«のんのやのんのや?