2017年1月15日 (日)

歴史的事実は共有できるが、歴史認識は共有できない(笑)

塩野七生「ローマ人の物語」スペシャル・ガイドブック  新潮社出版企画部編  新潮社

 所謂一つのファン・ブックだろか?でも、作者というよりは、作品に対するファン・ブックのよな?ローマ人の物語パネェって事でしょかねぇ?まずは作者が、日本人にローマ帝国ってものを伝えてくれた事が凄いよな?だいたい、世界史的にも古代ってそんなにマジにやらなくね?ローマというと、咄嗟にゲルマン民族大移動と年号位しか習った覚えがないよな?後、カエサルのとこで三頭政治とかあったよーな記憶が薄っすらと(笑)

 それがハードカバーで15巻の本になる千年帝国のお話ですから、ドンダケェーってもんですよねぇ?古代の話はどれも凄いよなぁと…まぁエジプト、メソポタミア、インド、中国と古代文明キタコレに、ギリシア・ローマといずこの世界もそれぞれに物凄いドラマがあるんだろぉなぁと思いますたが、やはり、その中のどれかを選べと言われたら、オードリー・ヘップバーンじゃないけど、ローマですになっちゃう気が(笑)

 それぞれ知っている知らないの圧倒的な情報量的に、今でしょ(死語?)ならローマって事になるんだろーけど、それ以前に、やっぱインフラだよなぁ…現代人的には、インフラの整備って最低限的に必須アイテムじゃなかろーか(笑)

 そんな訳で、まずは思い出のローマ巡りもいーよなぁと思ふ(笑)で、本書的にいくなら、ローマ属州遺跡の旅だろか?でレプティス・マーニャ(リビア)、スペイン属州、ハドリアヌスの防壁(英)、パルミラ(シリア)となるのだろぉか?それにしても、全然知らなかったんですが、英には「ハドリアヌスの防壁バス」なんてものがあったのか?所謂一つの観光バスだと思われですけど、これに乗ると「ハドリアヌスの防壁沿いのローマの遺跡をくまなく巡ることが可能だ」となるそな…グレートブリテンの東西一直線ってか(笑)ハドリアヌスの防壁とゆーと、写真で見る分には一部分というか、一区画みたいなノリだけど、よく考えなくても万里の長城のよーに長いねんでんの世界なんだよなぁ(笑)

 それと、ハドリアヌスの別邸ヴィラ・アドリアーナ(伊)、西ローマ帝国の最後の都ラヴェンナ(伊)、最早ここは歴史街道そのものじゃねのコンスタンティノープル(土)も忘れずに(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

盤石、堅固、永遠性?

日本のパワースポット案内 巨石巡礼50  岡田謙二 編著  秀和システム

 一年の計は元旦にありじゃねじゃないけれど、一月ですからおめでたいところに行きたいじゃまいか?で(笑)何となくご利益あるんじゃね?と、こんなでっかいものが日本にあったとはとゆーお目目が驚くびっくり体験キタコレで、この一冊どよ(笑)

 所謂、日本全国の大きい石(岩)があるとこガイドなんですが、これが凄いというか、日本国内だけでもこんなに巨石ってあったのか?と驚く事必至(笑)狭い日本に、何でこんなにでかいものがと思わざるを得ないというか、とにかくインパクト大、でもって、その土地のそゆのって、これまたしめ縄とか仏サマの世界とも直結しているというか、マジ聖地って感じなんですよ、奥さん(誰?)という事で、トーシロから見てもご利益ありそーなムードが漂っているよな(笑)

 とにかく、見て驚けの世界ですので、これはもー本書の写真を見るのが一番だと思ふ(笑)というか、これ大きな判型で写真集を出した方がいいレベルじゃないかなぁ?こちらの本のサイズが多分A5位なんで、画像いっぱいでも、やっぱ迫力と臨場感が惜しいとゆーか…ついでに言うと、本書も文字数減らしても画像を入れた方が良かったんじゃないか?とトーシロ的にはこれまた思ふ…これはまさに目玉が驚く本じゃね?ですから(笑)

 後は、磐座信仰でしょか?磐座とは「神の御座所、神が依り着く石、岩」の事らすぃ…でもって広義の磐座は分けると三つに区分されるそで、磐座(本義)と磐境と石神とな…これまた詳細は本書をドゾ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

ほんのり甘い?

いつものキッチン道具でつくるかわいい和菓子  金塚晴子  扶桑社

 所謂一つのレシピ本だと思われで、家庭で簡単に作れる和菓子かな?の世界だろか?何か和菓子というとものすごーく敷居が高いイメージでいたけど、そんなもんでもないよ、というか、和菓子の種類も色々ありますよってにでして、こちらは肩がこらない系かなぁ(笑)

 さて、今日は鏡開きの日でして、そーなれば、お汁粉でしょ?じゃね?まともにお汁粉作ろーとすると、それはとっても大変大変大変だだだでして(笑)小豆をコトコト三昼夜じゃないけど、結構時間がかかるんですよねぇ

 で、こちらの場合、お汁粉が食べたかったら、まずこしあん作りから始めなさいの世界だったよー小豆煮る、気力体力根性が試される時?とか思っていたら、さすが、今でしょ(死語?)なレシピ本、フードプロセッサーをお使いなさいだったんですねぇ(笑)レシピの詳細は本書をドゾですが、文明の利器あると思いますか?電化製品ぱんざーい(笑)

 寒い冬には、お汁粉であったまる、これ日本のジャスティスです(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

多分、凄いっ(笑)

Ldhsinfukuroダージリン シンブリ農園 Clonal Flowery LC-1 ファーストフラッシュ SFTGFOP1  リーフルダージリンハウス

 まずは、いつものよーにチラシの解説からいってみよーで「サングマタール農園のMr.ジャーのもと研鑽を重ねた、シンブリ農園のMr.マントリーが手掛けた少量生産の貴重な逸品です。特別に選定したクローナル種の茶木から、2月4日から2月13日にかけ、一芯二葉を丹念に手摘みしてつくられた早春の初摘み茶です」だそで、お茶の内容的には、「銀色に輝く芯芽が銀緑色の茶葉に重なり合う繊細な美しいファーストフラッシュは、淡い黄金色の水色をたたえ、夾竹桃のような甘い香りを漂わせます。上品でまろやかな香味は、口に含むごとに爽やかな茶の厚みをしっかりと拡げ深い余韻を残します。心身が洗われるような清々しい"幸茶"はヒマラヤの早春が届けてくれた尊い贈り物といえます」とな(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

昔々あるところに?

世界共和国へ  柄谷行人  岩波書店

 サブタイトルは、資本=ネーション=国家を超えてなんですが…うーん、歴史とは何か?未来とは何か?かなぁ?またはマルクスとカントの間で?だろか?独哲学の潮流って(笑)壮大なロマンなんですよ、奥さん(誰?)

 どゆ本かとゆーと、最終章の「世界共和国」のとこが総論かなぁ?詳細はそれまでの前章で各論を見よかもなぁ(笑)

 よーするに「「世界帝国」から「世界経済」への変容において、資本=ネーション=国家が形成されたということです」を踏まえて、20世紀21世紀キタコレになる模様…また、国家と資本主義の関係も、「国家なしには資本主義はないし、資本主義なしには国家はない」なんだそー…「そのような国家と資本との「結婚」が生じたのは、絶対主義国家(主権国家)においてです。帝国主義の問題は、そこに始まっています」とな…

 かくて、「ヨーロッパにおける絶対主義国家(主権者)は、王が都市(ブルジョア)と結託して、封建的諸侯を制圧し、集権的な体制を作ったときに成立しました」そな…でもって、「それを可能にしたのは、強力な火器と貨幣経済です」だそだし、更に「世界市場の形成」もね、とゆー事らすぃ…

 しかも「主権国家は他国との関係なしにはありえません」とな…「「主権」とは、一国だけで存在するものではなく、他の国家の承認によって存在するものだからです」となな…でもって更に凄いのは「主権国家は、他国が主権国家でないならば、支配してよいということを含意しています」ってホンマでっかぁーっ?

 そんな訳で、主権国家は本性的に膨張的なのにです。主権国家の膨張を止めるには、他の主権国家だけです」って、成程、南沙諸島ってか…

 大きくなる事が運命づけられているとはいえ、「ハンナ・アーレントは、ネーション=ステートの拡張として形成される帝国には、近代以前の世界帝国にあったような、他民族統治の原理がないといっています」となる訳で…どゆ事とゆーと「拡張の後にはきわめて異質な民族集団も実際に統合され得るからである。国民国家はこのような統合原理を持たない。そもそも初めから同質的住民と政府に対する住民の積極的同意(ルナンの言う毎日人民投票)とを前提としているからである」(@アーレント)とゆー事になるとな…よーするに「ネーションは領土、民族、国家を歴史的に共有することに基づく以上、帝国を建設することはできない」(@アーレント)って事になるらすぃ…

 とゆー事で、「国民国家の延長としての帝国は、旧来の「帝国」ではなく、「帝国主義」と呼ばれるべきものです」となる模様…この違いは果てしなく大きいって事か…「世界帝国はさまざまな部族国家や共同体の上に君臨したが、支配関係に抵触しないかぎり、そのなかの国家・部族の慣習に無関心でした」とな…

 そんな訳で、「国民国家は征服者として現れれば必ず被征服民族の中に民族意識と自治の要求を目覚めさせることになる」(@アーレント)って事にならね?とな、でこれが「帝国主義のディレンマ」キタコレになるらしー(笑)そんな素敵な例が「ナポレオンによるヨーロッパ征服」に見出せるとな(笑)

 「ナポレオンのヨーロッパ征服は、一方でイギリスの産業資本主義に対抗するための「ヨーロッパ連邦」の企てを、他方で「フランス革命の輸出」を意味した」そな…で、結果はとゆーと、「ドイツその他のおけるナショナリズムの喚起」来たぁーっ(エコー付)ってか(笑)よーするにこんな感じで「帝国主義はこのようにして世界各地に国民国家を作り出したのです」とな(笑)藪をつついて蛇が出たって奴だろか?

 さて、その前に「絶対主義王権国家は、その内部に、それを相対化するような権力や各種の共同体を認めない。それは、すべての者を「臣下」(subject)する。さまざまな身分や集団に属していた人たちが、絶対的主権者の臣下として、同一化(均質化)されるのです。主体(subject)としての国民(ネーション)が成立するのは、その過程を経たのちです」とゆー事らすぃ…そーだったのか?サブジェクト?

 よーするに「国民国家が「帝国」の原理たりえないのは、その前身である絶対主義国家が「帝国」の原理を否定するものだからです」とゆー事じゃね?ちなみに「絶対主義国家が「王政」としてあらわれる例は少ない。それはむしろ、前の述べたように、発展途上型独裁国家や社会主義的独裁国家のようなかたちであらわれます」と言えば分かり易いのか?なるほろ、21世紀の今でもアレって軽く百年はおっくれてるぅーって事なのか(笑)

 まっ中の人がどーなのかのはともかく、国民国家とは「「世界経済」の中で形成されるユニットです。それは歴史的な構築物であり、不安定なものです。とはいえ、それは容易に解体されるものではないこと、また、解体されるならば宗教的あるいは血縁的共同体が出てくるだけだ。ということを心得ておく必要があります」とは、非常に意味深だよなぁ(笑)

 とはいえ、「今日では、国民国家という枠組みが弱まっている傾向があります」じゃね?だがしかし「それは国家を解消するものではない」んですよ、奥さん(誰?)ちなみに「ヨーロッパ共同体の理論家たちは、それが近代の主権国家を超えるものだと主張しています。しかし、国民国家が世界経済によって強いられたものだとしたら、地域的共同体も同様です。ヨーロッパ諸国は、アメリカや日本に対抗するために、ヨーロッパ共同体を作り、経済的・軍事的な主権を上位組織に譲渡するにいたった。ただしこれを近代国家の掲棄であるということはできません。それは世界資本主義(世界市場)の圧力の下に、諸国家が結束して「広域国家」を形成するというこどしかないのです」って、そーだったのか?EU(笑)

 ナポレオンからの夢の産物ってか?で、「その理念的な根拠は、旧来の「帝国」の同一性に見いだされます。ただ、それを実現する企ては、結局、フランスあるいはドイツの「帝国主義」にしかならなかった」とな…そーだったのか?サ〇コジ、メ〇ケル(笑)

 まっ過去の教訓を踏まえての、EUとゆー事になるらすぃが?「彼らが帝国主義ではないような「帝国」を実現しようとしていることは明らかです」だそな(笑)まさに、のようなもので、今でしょ(死語?)ですもんねぇ(笑)

 世界中どこだって、色々あらーなの世界ですけど…そんな中、「ネーションが形成されるためには歴史の忘却が必要だ」(@ルナン)もありますよってにですけど、「広域国家の形成についても」そじゃね?って事らすぃ…「それらもまた「想像された共同体」あるいは「創造された共同体」にほかならないのです」とな…あれ?歴史を忘れた国家に未来はないと、どこぞの大統りyコホンゴホン…

 さて、本書によると「資本主義がどんなにグローバルに浸透しようと、国家は消滅しません」とな…一例を上げれば、英の「「自由主義的帝国主義」を支えたのは、強大な軍事力であり世界最大の課税」だったし、「今日のアメリカの「ネオリベラリズム」についても同じです」とな…国家があっての資本主義ってか?

 そして、本書の命題みたいなノリの「単独行動主義」か「多国間協調主義」か、それが問題だ?にキタコレってか(笑)この対立は、ヘーゲルとカントの構図と同じじゃけんって事らすぃ…「カントが永遠平和のために、国際連合を構想」しましたが、何か?で、「それを最初に嘲笑的に批判したのがヘーゲルです」とな…

 「ヘーゲルの考えでは、世界史は諸国家が相争う舞台です。世界史的理念はヘゲモニーをもった国家によって実現される。ただし、国家はそれ自身の利益を追求してもいいのです。たとえば、ナポレオンがそうであったように、一主権者あるいは一国家の権力意志が、結果的に、世界史的な理念を実現する。そこに「理性の狡知」があるというのです」とな…

 ここから見える事が一つ「単独行動主義をとるアメリカの論理が、ホップスではなく、ヘーゲルであるということは明らかです。つまり、アメリカはそれ自身の利益と覇権を追求することによって、世界史的理念を実現するのです」とな…

 かくて「ネオコン(新保守主義)のイデオローグは国連に依拠するヨーロッパを批判したととき、それを「古いカント的理想主義」としてやっつけたのですが、そのとき自分たちは「古いヘーゲル」にもとづいていることに気づかなかったのでしょう」って、はいここわらうとこ、なんだろか?本当に有難うございました(笑)元祖おまゆーは大国の嗜みだよなぁ(笑)

 さて、カントの「自然の狡知」についての詳細は本書をドゾ。まぁ「彼の理念は窮極的に、各国が主権を放棄することによって形成される世界共和国にあります」ですから、いやまぁー何ちゅーか男社会がある限り無理ゲーな気がしないでもないが、理想、理念、夢想、未来etc.には必要なお言葉かも?人はパンのみに生きるに非ずってか(笑)

 そして、今地球規模の問題が山積みで、喫緊の課題としては、「1戦争、2環境破壊、3:経済的格差」をどげんとせんといかんはずなんですけどねぇとゆー事か「グローバルな非国家組織やネットワークが数多く作り出されています。しかし、それが有効に機能しないのは、結局は、諸国家の妨害に出会うからです。資本に対抗する各国の運動は、つねに国家によって分断されます」とな…

 かくて今でしょ(死語?)って事らすぃ…グローバル・コミュニティの時代キタコレってか?まぁ個人的には、上記の123の問題は312だと思うけど、経済格差と失業問題が解消されれば、自ずと見えてくるというか、安定化すると思われじゃね?何せ世の中、衣食足りて礼節を知るですしおすし(笑)

 と、ここまでが軽い総論で、その詳細は各論を見て見てってか(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

風に従えっ(キパッ)

文系の壁  養老孟司  PHP研究所

 サブタイトルは、理系の対話で人間社会をとらえ直すなんですが、所謂一つの対談集でしょか?理系サイドから、社会というか、文系を眺めるとこんな感じとゆーソレがなぁ?同じ日本語を話しているのに、何か会話がかみ合わなくね?みたいな(笑)もしくは、理系の単純な不可解事項だろか?もしくは素朴な疑問?

 古くはC・P・スノーの頃からそじゃね?ですけど、最近はどんどん乖離の幅が半端なくね?になっているよな?ですけど…でまぁスノーによると「ヨーロッパのエリート教育は本来ギリシャ語とラテン語の古典教育を中心にしていた。ところが自然科学の発展で理科系の学生はそういうものを学ばなくなった。学ぶ必要もないし、学ぶ暇もない。だから理科と文科はいわば常識がずれて、違い世界になってきたという主張である」(@養老)とな…

 そして今「計算機の発達で、方法的には理科も文科もクソもなくなった。そういってもいいかもしれない。私はむしろ自然と直面するか、実験室にこもるか、その違いのほうが大きいと考えるようになっている」(@養老)とな…よーするに事件は現場で起きているんだぁーって事ですか?そーですか(笑)野外か実験室かそれが問題だってか?

 まぁその関連では「発生学者みたいに「生き物そのもの」を見ている人と、実験系に持ち込む人はまったく違うと思ったほうがいいですよ」(@養老)になるのか(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

列車の旅をお楽しみになったことでしょう(笑)

乗らずに死ねるか!  黒田一樹  創元社

 サブタイトルは、列車を味わいつくす裏マニュアルでして、表紙コピーが、鉄道会社の思惑と全く無関係に独断と偏見でよりすぐった列車を凄腕の経営コンサルタントが入魂のプロモーションだそな(笑)所謂一つの鉄道エッセイ集と思われなんですが、鉄オタの鉄オタによる鉄オタの為のな雰囲気満載かなぁ(笑)一つの項は、鉄道各社の列車の一つの形式を選択して語るのノリなんですが、ここからして、トーシロは〇〇系って何ですかぁーな世界が展開していると(笑)

 とはいえ、著者的には、「一見、何の変哲もない列車に乗りながら、五感のセンサーを研ぎ澄まし、そこに隠れる物語や、車両に隠れた深遠な設計思想を発見・体感する、いうなれば「パッセンジャー・エクスペリエンス」に知的体感を見いだすのです。乗る快感を静かに深く味わう行為には、極私的な趣味活動を秘めごとにしておく効果もあります」とな…趣味とは密かに楽しむものらすぃ(笑)

 まぁある意味、どんな電車、列車にも物語があるとゆー事か?それを共有できるか?否か?そして、それを己の特別にするか?否か?はそれこそ千差万別、個人の好みの問題のよーな気がしないでもないが?趣味とは、共通性の中の徹底した差異性にあるんじゃなかろーか?と本書を拝読してふと思った?

 傍から見る分には、その違いってそんなに問題視する程のものか?とトーシロは思うが、中の人達にとっては、それが問題だ、どころか大問題だですから(笑)結局、趣味って違いが分かる男の何ちゃらの域から出ないのか(笑)ちなみにその領域が、時にEEZだっだり、ADIZだったり<、TPPだったりするんですね、分かります(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

夜空の月を眺めてごらん?

月の地形ウオッチングガイド  白尾元理  誠文堂新光社

 星空を眺めて、それが何の星かすぐにピンとくるのはオリオン座の三ツ星位なんですが、それ以外で、分かるのってお月さまじゃね?という位、天文音痴なんですが、何か…

 そんな訳で本書はトーシロでも楽しめるお月さまの見方かなぁ?いやぁ色々とおべんきょになったし、何より面白いっ興味深い話がいぱーいってか?月なんていつみても同じじゃぁーとか、新月、三日月、半月、満月位じゃねとか、そんな甘い話ではなかったんですよ、奥さん(誰?)

 いずこの月も皆それぞれに、見方のコツというか、エピがちょっとあるんじゃね?と(笑)例えば、地球照、言葉だけは知っていたのですが、それは「地球の照り返しが月の夜の部分にあたってぼんやりと見える現象です」で、これは「月から見ると、地球が満月ならぬ「満地球」のとき、最も地球照が明るいはずです」という事になるらすぃ…とかく、地球視点で物事考えがちだけど、月視点でみれば地球が満ち欠けする訳か…言われてみればご尤もなんですけど、言われるまでピンときていない辺りが情けなや…

 ちなみに「将来、月に長期滞在する宇宙飛行士にとって満地球は2週間も続く長い夜の間に、ひとしごとできるよい機会になるでしょう」って…そーだったのか?満地球(笑)

 月の満ち欠けのとこで「地球から見る月の欠けがわ(ターミネーター)は、満月までは日の出の境界、満月からは日没の境界となります」とあるんですが、ターミネーターってそゆ意味だったのか?と逆におろろいた(笑)いえ、この単語聞くと無条件でシュワちゃん思い出して(笑)あいしゃるりたーん、アレあいるびーばっくだったっけ(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

人、学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり…

学問のすすめ  福沢諭吉  PHP研究所

 サブタイトルは、自分の道を自分で切りひらくために、なんですが、今で言うハウツー本というか、自己啓発本のハシリじゃね?かも?でも、そこは腐っても福沢諭吉…格が全然違うでござるっ。

 あけましておめでたいで、終わりなき世のめでたさよぉーもあると思いますが、年々激動の年キタコレで…かみさまおりゃーどーしたらいいだぁーっ?の問に、神ではなく、著者が答えたらこーなるの世界が展開しているよな?まずは何をおいても学問をおさめなさい。これ一択キタコレ(笑)それも、読み書き算盤を踏まえて、実学、専門と進めよだろか?

 学んでも実際に役に立たなけばあきまへーんとゆーのが、著者の主張のよーな気がする…何とゆーか、当時の明治の日本の情勢が如実に出ているよなぁ…著者程、今でしょ(死語?)と思っていた人はいなかったんじゃまいか?とにかく、日本の知を集結して、怒濤の世界情勢の荒波を乗り切らねば、日本はどーなるとゆー、危機感が如実に出ていて、実に半端ねぇー本でございます。青年の主張ならぬ、先生の主張。塾長は今日も燃えているみたいです、ええ、実にお熱いのがお好きなノリのよな(笑)

 てな訳で、本書はまずは読めの世界かなぁ?特に、小学校高学年や中学生のみなはまに、何で勉強しなきゃいけないんだぁーっと、日頃うんざりしている人達に、下手な説教とか、建前とかより、こちらを読めと(笑)

 まぁこれで勉強する気になるかどーかは本人次第ですけど、このように勉学というものを想定し、ぶちあげて、更に声を大にした人が明治の昔にマジで居たとゆー事実は、頭の片隅に入れておいた方がいいと思われ(笑)世の中には、まともな師とゆー人もいらっさるんですよ、おぞーさん(誰?)

 かくて、天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず、と言えりってか(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

明瞭な響き?

カラヤン ニューイヤー・コンサート87  バトル カラヤン ウィーン・フィル・ハーモニー  ポリドール

 今となってはとても古いソレになるんでしよーけど、今聴いてもカラヤンはカラヤンだなぁと納得のソレでしょか(笑)いやもー、ニューイヤーで、シュトラウスで、その上カラヤンときたら今更付け加える事は何一つないよーな気がするんだけど?祝祭がやってきたぁーっ感が半端ないとゆーか(笑)

 それでもって、どの曲も言われてみればどこかで聴いたよーな?懐かしさがあるのはシュトラウス的にあると思いますなんだけど、何とゆーか、カラヤンのソレはクッキリキッパリな感じかなぁ?トーシロの耳からすると?メリハリが非常にきいているとも言うべきか(笑)

 クリアというか、シャープというか、シュトラウスなんだけど、やはりカラヤン節というか、うーん(笑)何かこー見えてしまいましたな気がする曲の群れかなぁ(笑)

 その内、ニューイヤーコンサートの各指揮者での比較じゃないけど、美しき青きドナウだけ並べてみるCDとか出してくれないものかなぁ(笑)もしかしてもーある?かもしれないけど、同じ曲でも指揮者でこんなに違うのか?とゆーのが分かるだけでも楽しいというか、面白いと思うんだけど(笑)世の中、遊び心だよね(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«奪い合えば足りないが、分け合えば十分に足りる。