2016年8月29日 (月)

仏の精髄っ

お菓子でたどるフランス史  池上俊一  岩波書店

 所謂一つの歴史本だとは思うんですが、お菓子と仏、このコラボ、本当に必要なんですかぁ?というのが、読後の正直な感想かなぁ…と言うのも、仏史がメインなのか?スイーツがメインなのか?それが問題だってか?で、多分、仏史が縦軸で、横軸がスイーツだと思われなんですけど、このコラボ…うーん、無理矢理スイーツ出した感半端ない気がするのは気のせいか?

 むしろ、スイーツ史に仏を絡めた方が読み物としては面白かったんじゃないかと思ふ…でも、そしたら、仏史ぶつぎりになるかもだけど(笑)

 まぁ、細かい事はおいておいて、取り敢えず、仏ってこんな国(の成り立ち?経過?)で来ましたが、何か?の世界が展開していらっさる模様…よーするにローマ帝国崩壊後の西ヨーロッパとは何か?かもなぁ…

 で、今でしょ(死語?)的には、仏といえば仏料理もそーですが、仏菓子、スイーツの代表みたいなノリですからねぇ…「「お菓子はフランスが一番だ」という認識は、フランス人だけでなく、世界中で共有されています」だそーですから、お察し下さいってか(笑)まぁこれは「フランスの成り立ちと、文化的世界戦略にあります」とな…お菓子一つにしてもあだやおろそかにしてはいけませんとゆー事か(笑)

 とゆーのもスイーツって生活必需品じゃないよね?とゆーとこから来ているみたいです(笑)お菓子とは「その土地の文化の精華のひとつです」とな…「社会関係や文化の潤滑油・調整の道具として、余分なものとして付け加わったからです。だからお菓子は、地位や権力だけでなく、遊びやしゃれっ気とも結びつくんです」だそな…

 よーするに社会にゆとりがないとスイーツなんてどよ?って事になるらすぃ…「この「余分なもの」を、いかに丹精込めてつくりあげ大切にするかが、文化の質を測るひとつの基準となるのではないでしょうか」とな(笑)ある意味、スイーツって、お祭りと似たよーなもんだろか?本当に必要なんですかぁ?そのものですけど、無いと物凄く味気ない…成程、文化そのものじゃね?って事か(笑)

 だからこそのお菓子とはハレの食べ物であるキタコレになるか(笑)だからこそ、祭事とか、贈り物とか、装飾性とかあると思いますになるらすぃ…でもって、「都会性」キタコレで、「高貴さや贅沢、洗練」の極地じゃね?とゆー事らすぃ…おふらんすの香りってか(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

作りすぎてはいけない…

亀屋伊織の仕事  山田和市 写真・川勝幸  淡交社

 サブタイトルは、相変わりませずの菓子なんですが、タイトルからして一目瞭然、京都で四百年も続く和菓子屋を営んでいる店主のお話しでしょか?内容は、一年間毎月のこちらのお店のお菓子とは何か?みたいな(笑)

 でまぁ、これも今更なんですが、こちらで作られているのはお茶席、薄茶の時の干菓子じゃまいかで、それに合うお菓子というのがメインじゃね?とゆー事らすぃ…「あくまでも小道具であり、もとより演者ではございません。お茶席のなかでの位置をよくわきまえて、一席に自然と溶け込んで、説明をせず、抑制をいかすこと、そしてお薄の味を引き立てることが大切だと考えております」に全てが集約されているよな?

 まぁこれが日本のお菓子の基本って事だろなぁと思いますた(笑)主義主張が前に立つ、何事も主役じゃないと始まらない、とっこくの何ちゃらと違って、どこまでも日本って和をもってとうとしとなすなんだなぁと(笑)

 「父がよく「お菓子がお盆に勝ったらいかん」と言うてました。お菓子が主張すると、お盆がくすんでしまいます。お茶会の取り合わせによって、ご亭主がお菓子を選ばれるのですけれども、お菓子が主張することがあれば、せっかくの取り合わせのバランスを壊しかねません。さりげなく溶け込むことのできる干菓子が一番いいんです」の件は、まさに欧米か(死語?)じゃね(笑)

 逆にこれは主張しているとこなのか?の歌会始のお題菓子のとこで、「青」キタコレの時のエピが凄い…「そこで「おもと」の花をデザインして焼印をこしらえて、お煎餅に押しました。「おもと」を漢字で書けば「万年青」であるところからアイデアが浮かんだのです。会記の銘として「青」とあれば、このお菓子の意味合いが通じるだろうと思っていました。ところが反応が今ひとつやったんです」って…和菓子の世界も究極の知る人ぞ知るの世界か?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

黒い稲妻?

Ldhtbtezダージリン ブラックサンダーEX 春摘み タルボ農園 FTGFOP1  リーフルダージリンハウス

 何となく、ブラックサンダーづいているよーな気がしないでもない今日この頃…いやぁ、タルボさんとこのお茶では、個人的には一番好みかもと思うブラックサンダー(笑)うん、ネーミングも素晴らしスじゃね?

 とりあえず、忘れない内にいつもの解説にいくと「暗雲の中のたなびく稲妻のように、白く細長い芯芽が印象的です。柑橘系の甘く爽やかな香りが茶葉の深い味わいに溶け込み、もぎたての果実のようにイキイキとした魅力を口に含む毎に広げていきます。「雷の土地」ダージリンならではの独創的な香味を楽しむ事の出来る逸品です」とな…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

ベーシックで安心でおいしいもの(笑)

伝統こそ新しい  河田勝彦  朝日新聞出版

 サブタイトルは、オーボンヴュータンのパティシェ魂なんですが、著者のスイーツ半生記でしょか?うーん…これは著者のファンにしてみれば、なるほろな一冊だと思う。主に仏修行時代の思い出話と著者のお店創成期みたいな話だと思われなんですけど…

 そしてその思い出のレシピと共になんで、章ごとにそのレシピが掲載されています。トーシロでも簡単にできそーに書いてはあるんですが、これはちょっとどよ?かもなぁ?材料からして、粉とか砂糖とかならともかく、イタリアン・メレンゲならまだともかく、タンプータンとか、パーター・ボンブとかになると、それって何?の世界でして、一応それらの作り方も掲載されているんですが、多分トーシロ的には、その材料を作るだけで一仕事って感じじゃまいか?やっぱ、プロにはプロの下地ありのよーな気がする?これって、日本食でのプロの出しみたいなもんで、それをトーシロ的にどよ?に近いよーな気がするのは気のせいか?

 また、当時の仏菓子業界、日本菓子業界というのが見えてしまいますた(笑)なノリもあるでよでしょか?例えば「当時の菓子は、ジェノワーズ(スポンジ生地の一種)とクレーム・オ・ブール(バタークリーム)の組み合わせで作られたものがほとんど」とゆー世界だったらすぃ…「フランスでは七〇年代になってから、新しい材料や道具の開発により、ムースや生クリーム、スフレなど、口当たりの軽い菓子などが出てきました」とな…ヌーベル・キュイジーヌきたこれってか?

 ちなみに「今の菓子の主流はフランスも日本も、冷凍技術の進歩でムースを型に流して固め、それを積み重ねるような、いわば積み木的なお菓子になってしまっている」そな…となると次代は脱構築なんでしょかねぇ?モダン、ポストモダン、それが世の中の繰り返しってか(笑)

 まぁ歴史とは何か?じゃないけど、実に仏らしーエピとしては「渡仏した翌年五月、学生と労働者が、ド・ゴール政権に反旗を翻し、この暴動で店の窓という窓はすべてたたき割られ、建物も破壊されていきました」の件だろか?成程、仏、デモとサボは昔から伝統芸能なんだなぁ…職人事情も「彼らの姿が見えないと思うと、よく煙草を吸ってサボっていました。頭にきて、僕は怒鳴りまくったけど、サボるというのは、フランス語のサボタージュという語からきているくらいですから。彼らは非常に堂々とサボっていました。見上げたものだと内心その態度に感心しました」位らすぃ…職業倫理って、お国柄ですかねぇ?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

のすたるじあ(笑)

イギリスとフランスのヨーロッパアンティーク  成美堂出版

 真夏に、インテリアいと涼しかないよーな気もするが?まっもーすぐ九月だし、夏休み明けに心機一転、趣味に走るならアンティークもあるかもね?でしょか(笑)

 まぁヨーロッパの家具というと、どーもベルサイユへいらっさいなイメージとかあると思いますだけど、本書に掲載されているそれらはシンプルイズベストな感じかなぁ?椅子なんかだと素朴に木だけで出来ているの多しだし…何か一昔前の小学校の椅子みたいなのを思い出してしまったが(笑)木の椅子は古いと味が出るんですねぇ…アーコールチェアとか、チャーチチェア、それとキッチンチェア、スツールなんてのは本当に木しかありませんのノリで、素朴な雰囲気満載…個人的には五人かけのシネマベンチが気になってしまった。いえ、本当ベンチの名そのままに物凄くシンプルなつくりなんですけど、迫力があるんですよ(笑)

 机ときたら、テーブルじゃね?で、こちらも木のダイニングテーブルが、これまた素朴な味わい出してますかなぁ…基本、木ばかりなりなんですが、ホウロウトップキッチンテーブルなるものがあって、ホーローの一枚板ってあったんですねぇ…これはこれでおろろいた…ホーローというとケトルとかマグカップの世界かと思ってたんで…さすが英というべきか?

 でここまできたら、ついでにカップボードとキャビネットも揃えたいと思うやんかぁー(笑)ただ、これまた食器棚って、イメージするのと昔は違っていたのか?最初木製の冷蔵庫かと思ってしまった…もしくは洗濯機?そんな形のが、カップボード…中に何が入っているのかは開けてみないと分からないってか?アンティーク的には、ガラス張系より、全面木の扉の方がありえると思いますの世界だったのか?うーん…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

グテ?

芸術家が愛したスイーツ  山本ゆりこ  ブロンズ新社

 大好物っていうのは誰にでもあるけれど、それをお菓子に限定して、更に芸術家のそれはどよ?とゆー視点から選択した18人、18のエピ、そして18のレシピって事になるのか?まぁ出てくる人達は、世界中で知らない人はいない有名人ばかりなりですけど(笑)

 まず「ヨーロッパの人々は、蜂蜜や樹液の蜜、果実からそれを知った」そで、まず甘味ありき?だろか?「砂糖による甘味を知ったのは、11世紀の十字軍の遠征以降だといわれている」そな…

 まぁそれも長く王侯貴族の為のものじゃね?がパンピーに知れ渡る事になるのが19世紀というから、仏革命パネェって事になるのだろーか?そして芸術家も口にするってか(笑)

 の前にデザートの歴史的に、「14世紀末の宮廷料理には、最後のサーヴィスとして、果実を含め5種類のデザートが供されている。この頃にはすでに、甘いもので締めくくる食習慣があったということだ」そな…

 そして「16世紀から18世紀にかけて、宮廷で花開いたスイーツ文化の背景には、フランス王室への御輿入れの際に、先進国のイタリアやスペインから職人を連れてきた姫君たちの存在がある」そで…カトリーヌ・ド・メディシス(伊)の場合、「アイスクリームとアマレットと呼ばれるアーモンド菓子」、アンヌ・ドートリッシュ(西)とマリー=テレーズ・ドートリッシュ(西)の場合、「チョコレート」を、マリー・レグジンスカ(波)の場合も菓子職人ついてきたし、あのマリー・アントワネット(墺)もクロワッサンやデニッシュをもたらしたそな…それにしても王様の浮気防止の為にお菓子をって、そんなのありだったのか?仏宮廷?

 ちなみに「ルイ15世の妃、マリー・レグジンスカの菓子職人だったストーレーも、ヴェルサイユ宮殿に勤めて5年後の1730年に、パリ2区のモントルグイユ通りに自分の店、その名もストーレーをオープンさせている(パリ最古の菓子屋として、現在も営業している)」そな…

 ちなみにパリ初のサロン・ド・テはラデュレらすぃ…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

ほしはなんでもしっている?

3つ星スイーツ  日本経済新聞社 編  日本経済新聞出版社

 コピーが、日経スイーツ選定委員会が食べ比べて☆で評価とか、プロが選ぶ究極の逸品130とか、「日経電子版」の人気連載が1冊に!とか、ありまして、所謂一つのガイド本だろか?だいたい一つのタイトルに三つ四つのお薦め製品キタコレになるらすぃ…

 で、誰が選択しているのか?ゆーと、「日経スイーツ選定委員会専門委員」の三人とゆー事になるらすぃ…詳細は本書をドゾ。その三人による選ばれたスイーツに更に一ツ星から三ツ星つけて、提示しておられる模様…

 ちなみに、この星区分も「☆☆☆ =文句なしのおいしさ。スイーツファンならぜひ食べるべき」で、「☆☆ =抜きん出ている。電車賃を使ってでも買いに行きたい」で、「☆ )=水準を大きく上回る。遠回りしてでも買いに行きたい」になるそな(笑)

 まぁ騙されたと思って、本書の中で気になるお店に行ってみそ、の世界かもしれない…何事もレッツトライだしなぁ(笑)

 で、思ったのは、日本とはスイーツの国でもあったんだなぁと(笑)いずこのスイーツも皆それぞれに、美味しそーで美しかぁーっなのは当たり前、これが日常普通に売られていて、普通に買える、口にできるって…まず、そこからおろろいてある辺り、まだまだ甘いのか(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

もちつもたれつ?

究極の手みやげ  枻出版

 サブタイトルは、思わず自慢したくなる一品を揃えました、表紙コピーは、珠玉の117品、選んで正解!驚きの逸品を厳選。、あの人が愛用する逸品、手土産の作法って?、美味しくて、楽しいものが勢揃い、大正解の手みやげ BEST80、深夜・早朝でも買える、頼りになる手みやげ、東京鯛焼図鑑、横浜中華街・肉まんレポートなんですが、所謂一つの食のお土産ガイド本だろか?

 作法としての手土産…それにしても手渡す際の渡し方はまるでお茶みたいな世界だったんだなぁ…正面を相手に向けて、右手を台にして左手を添えて一例して云々の件は、いやぁ、これが自然に行える日本人は日本にどれたけいるのだろぉ?それとも、これが最低限のマナーって奴だとしたら…

 ちなみに手土産は風呂敷で包めで、その包み方も平包みでござるの巻らすぃ…そして受け取った方も手書きの御礼状って…21世紀でも日本は礼に始まり、礼で終わるってか…

 それと、「本来なら"おもたせ"は失礼に当たるので、気をつけること」なんだそな…最近はどこもそんなもんと思っていたが、マナー的にはNGなのか…

 まぁ堅苦しい事抜きで、手土産ガイドの方は、持っていって良かったもあるといいなですけど、どっちかとゆーと自分ご褒美にええじゃないかええじゃないかじゃまいか(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

赤いダイヤ?

あんこ読本  和菓子好き委員会あんこ部  PHP研究所

 サブタイトルは、あんこなしでは生きられない、なんですが、日本人なら和菓子だろで、和菓子なら餡子だろとゆー事で餡子菓子のガイド本かなぁ(笑)

 で、餡子菓子ってどの位あるんだろぉか?と思っていたら、本書の「魅惑のあんこワールドへ」のとこだけでも、羊羹、まんじゅう、もなか、どらやき、きんつば、たいやき、あんぱん、桜餅、おしるこ、大福、柏餅、あんころ餅、おはぎ、あんみつ、草餅、くずまんじゅう、あんまん、人形焼、水無月、あんだんご、宇治金時、月餅、ねりきり、今川焼とあったりして…いやぁこんなにあったか?餡子のお菓子…

 まぁ今時というか、今の時期でいくと、この中でもダントツなのは宇治金時だろなぁ(笑)夏はかき氷、これが日本のジャスティスじゃね(笑)で、本書で唯一かき氷で掲載されているのが、氷宇治金時(だるまや餅菓子店/北・十条)とな…ちなみに宇治金時の値段は「880~2500円と、抹茶のランクによって変わるって、ドンダケェ(死語?)抹茶にもピンキリがあるとゆー事らすぃ…それでもこれは下町価格で「本来ならこの価格で出せるものではない、と3代目店主は言う」だそーだから、宇治金時ってセレブなスイーツだったんだなぁ…それもともかく、夏ですから、涼しくなるスイーツあると思いますじゃね?先人の知恵ってパネェ(笑)

 それと氷菓って事で、小倉アイスSP(みつばち/文・湯島)もあると思いますだろか?所謂一つのもなかアイスのよーな気がするが?やはり老舗は一味違う(笑)

 さて、あんとは何ぞや?ですけど「もともと、米や麦などで作った食物に穴を開け、その中に詰めるものを指している」のだそな…だから、あんとは「本来さまざまな種類が」あるのが当然じゃね?と、よーするにフィリングの事でオケ?

 ちなみに「現在、あんこの原料となる小豆は、弥生時代の山口県天王遺跡、静岡県登呂遺跡などから遺物として出てきており」って、小豆そのものは数千年の歴史ありって事になるらすぃ…ちなみに小豆は日本原産ではないそで、外来種って事になるのか?まぁ米からして外来種ですからぁーの世界なので気にしなーい(笑)ちなみにちみなみ小豆ってば「約6000年前となる縄文時代前期の福井県鳥浜貝塚からの発見が報告」されているってこれ如何に?ちなみにちみなにちなみに小豆が掲載されたのは、古事記が最初で日本書紀にもあるそな…小豆とは古い付き合いだったんですねぇ?日本人(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

おフランスのかほり?

かわいいトーキョー・スイーツ  エディシオン・ドゥ・トーキョー 編  エディシオン・ドゥ・パリ

 所謂一つのスイーツガイド本ですが、今までと違うのは、在日仏人による、日本でのお菓子生活というか、お気に入り?みたいなノリらすぃ…洋菓子については仏と比較し、和菓子については日本で開眼したみたいな(笑)まっ甘いものは国も人種も性別も年齢も超えるって事らすぃ…美味しいは正義なんですよ、奥さん(誰?)

 それにしても日本にもこんなに仏人の人が滞在していたのかと思いますた…でもって、とほい日本からお国をはせるってあると思いますなんだなぁと…で、その中でもスイーツもあるよというのがいかにも仏らすぃ気がするのは気のせいか?

 ちなみに「フランスの学校では、こどもにおやつを"持たせないといけない"のだそう、毎朝学校に行く前に、背中のリュックにビスケットや、パゲットに板チョコを挟んだチョコサンドを入れてもらいます」って…よーするにフランスパンにチョコ挟んだだけでスイーツに変身ってか?それがママンの手作りおやつ…さすがパンがないならお菓子を食べればいいじゃないなお国柄だなぁ…

 まぁそれもともかく、日本のスイーツ専門店で、これってどよとゆーチョイスがされています。なるほろから、こんなんあったのかまで、まずは見て見てかなぁ?特に女子中学生、高校生的にどよ?じゃなかろーか?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ささっとな(笑)