2017年3月29日 (水)

いろいろ?

かさねの色目  長嶋盛暉  青幻舎

 サブタイトルは、平安の配彩美なんですが、よーするにカラーコーディネイトって奴じゃね?でして、まぁ単色の色もいろいろあってなですけど、それを更に二色、三色と合わせていくのにも、その組み合わせにお約束ありの世界だったらすぃ…十二単なめたらあかんぜよってか(笑)当時的には最先端ファッションの世界じゃね?トップコーディネイトはこれだもあると思いますで、宮中、公家、貴族のご一同様は競って装っていたんだろーと思いまする…でもって、セレブもそーだけど、女官達にしてみれば、おつきの女主人もあると思いますだけど、自分達の日々の装いもキタコレになるのか?もしや、これは当時のOLの服装手引きとか(笑)

 まぁそれはともかく、当時的貴族の嗜み、常識では、色は重ねてナンボの世界だったとゆー事じゃねで、その組み合わせについてが本書をメインでしょか?「「特に宮廷の女房(女官)社会ではこの素養のないものは仲間入りが出来ないほど重要だったのである」ですしおすし(笑)

 さて、実際にどんなもんよとゆーと、今は三月なので、桃とか、桜の重ねがあると思いますなのか?ちなみに桃の場合は、ピンクと緑の組み合わせ、桜は赤と白の組み合わせになるらすぃ…

 これが三色だと桃の場合は、赤と白と萌黄色みたいなノリになり、単から袿までの八枚重ねになると、桜重の場合、赤に白、白、白、白、白、ピンク、濃いピンクみたいなノリか?こゆ、二枚から、下着から上着までの重ねのグラデーションのパターンを常に頭に叩き込んでおかないといけない平安貴族パネェ…

 ついでに言うと、当時の衣は薄かったから重ねても今ほど重くないそーだが、ファッションの為なら重圧にも耐えますも凄いが、それよりも、このパターンの為に各色の衣を持っていないといけないんじゃね?で、それを仕舞うクローゼット、相当にかさばると思うのは、己が庶民だからだろか?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

面白の春雨や花の散らぬほどに降れ?

街道をゆく 四  司馬遼太郎  朝日新聞社

 旅行記、紀行記、エッセイ集なんでしょか?タイトル通り、道を語るなノリでシリーズ四巻目キタコレってか(笑)今回、洛北諸道、郡上街道、白川街道、五箇山街道、越中街道、丹波篠山街道、堺・紀州街道、北国街道とその脇街道という、比較的近畿というか、近畿近県でしょか?JR西日本の範囲内みたいな(笑)

 それにしても街道、道路、道…「明治以前の日本人の道路感覚は、路幅は馬一頭が通れる程度でいいというほどのものであった」んじゃまいかとな…ええ、古代ローマの道路感覚とはちゃいまんねんって事らすぃ(笑)

 現代、「日本中の道路が舗装されたが、その上に成立したものはもはや悪の華の形相を示しはじめた自動車文明である」ですしおすし(笑)

 歴史というのは、今も昔もなるほろの嵐で、今読んでもなるほろとしか言えないのですが、時間経過とゆーか、タイムラグというのが如実に出ているとこもある訳で、それは五箇山街道のとこで、「空を指さした。空が北京の空のように青く、晩秋から初冬にかけての越中ではとてもこういう空の日はないのだということ」の件でしょか(笑)あれから四十年(?)前は地球は青かったもとい、北京の空も青かったんですねぇ…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

これぞ女の生きる道?

40代大人女子のための"お年頃"読本  横森理香  アスペクト

 所謂一つの生き方指南書だろか?またの名を手抜きのすゝめかもしれない(笑)まぁどんな人も40代に入ると無理がきかない身体になるのは否めない訳で(笑)それを、いつまでも30代はともかく、20代の感覚でいると、どこかで歪みが出てくるとゆー事か?

 まぁ若い内は、今日できない事も明日には出来るかもしれないで上り坂を行くが如くですけど、40代に入ると、昨日できた事が今日は出来ないが続くという下り坂に突入か?とゆー事らすぃ…何となく、50代にもなればもー年齢じゃけんと自分で自分に言い訳しても何とか納得できるかもですけど、40代だとまだまだ年齢の若さと老化のはざまで、どよ?って事かなぁ?

 でも、現実は待ってくれないとゆーか、シビアだと(笑)特に女性の場合、更年期障害が如実に迫ってこないか?とゆー事らすぃが、何と男性も更年期障害キタコレらすぃ…これも自覚があるか?否か?でもって、それを己が認められるか?否か?それが問題だってか(笑)

 さて、一口に40代女性と言うけど、その人の生来の健康状態も生活習慣(スポーツ好きとか、野菜好きとか、お酒好きとか/笑)とかとかあると思いますだけど、やはり、一番のポイントは、既婚か、未婚かの違いと、既婚の場合、子供のあるなし、そして、その子供が中学生未満なのか、否か、で相当に違うと思うんだけど?どよ?

 ちなみに著者は、40代で、小学生のお子さんが一人いらっさる設定らすぃ…なので、多分、本書は、そゆ女性が一番納得する内容じゃなかろーかと思ふが、如何なものか?

 で、そゆ人の日常生活の指南、すゝめだと思われ…40代子持ち主婦はこー生きよとゆーか、この位でええんじゃないぃな、緩さのすゝめかなぁ(笑)家事労働も完璧を求めると、頭にも、肉体にも、心にくる今日この頃、誰もフォローしてくれないので自分で自分を許してあげよーみたいな(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

情緒という文化っ(キパッ)

お江戸東京下町粋な店・旨い店  小野員裕・監修  八重洲出版

 表紙コピーは、小野員裕&スタッフ座談会at堀切菖蒲園、下町の行って幸せな有名店、行って悲しき有名店、上野・御徒町・湯島・鶯谷エリア、日暮里・三河島・三ノ輪・北千住・町屋エリア、領国・錦糸町・新小岩エリア、京成立石・堀切菖蒲園エリア、門前仲町・木場・葛西エリア、秋葉原・浅草橋・東向島エリア、日本橋・八丁堀・茅場町・人形町エリア、下町の昭和な商店街へ、浅草地下商店街/立石仲見世、下町お土産・お取り寄せカタログなんですが、所謂一つのガイド本だろか?

 何か下町グルメガイドというと、牛鍋とか、料亭のイメージなんですが、こちらはどちらかとゆーと日常使い、ハレというよりケのお店かなぁ?毎日通ってますみたいなノリの(笑)ご近所さん大集合じゃね?とゆー(笑)

 でもそんな中で一際目を引いたのがステーキでござるっ(笑)何とゆーか、凄いとしかいいよーがないよーな気がするんだが?こー本当にお肉がバーンって感じとでもいおーか(笑)何せ、SWピフテキ(うち多/新小岩)なんてステーキ以前にビフテキなんたぜっ(キパッ)ステーキをビフテキというこの昭和な感じがたまらなくレトロじゃね?

 また、グラスステーキ(レストランカタヤマ/東向島)では、噂の駄敏丁カットのオリジナルステーキきたこれですよ、奥さん(誰?)特許取得のカット技術、よそさまとは一味違うってか?

 それにしても、下町のステーキは何かお肉が何気に大きい気がするのは気のせいか?ついでに言うと付け合わせがいかにも洋食って感じでこれがまたいい味だしているよーな?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

西遊記?

ガールズ・インディア!  若山ゆりこ  河出書房新社

 サブタイトルは、女子のための極楽インド案内なんですが、何とゆーか、所謂一つの旅行ガイド本だと思われなんですけど、絵と文入り乱れて、四コマ漫画とゆーか、絵日記というか、絵手紙みたいな紀行文なんだろか?うーん(笑)

 いやぁ、何より楽しいというか、著者がものすごーくインド大好きなのが前面に出ていて、インドの事、何も知らなくてもハッピーになれる本かなぁ?インドが好きで、旅に行きまーす、とっても楽しいとこいぱーいで楽しいぞぉーってのが、紙面からもよく伝わっているよな(笑)

 でもって、よくある観光ガイドみたいに、観光地、観光スポットのありがちなネタじゃなくて、ショッピング事情とか、食事事情とか、ホテル事情とかが、リアルに描かれていて分かり易いんですよ、奥さん(誰?)よーするに都内でいったら東京の歩き方ではなくて、原宿の歩き方、銀座の歩き方、巣鴨の歩き方みたいなディープなお話がいぱーいってか(笑)

 ましてや場所はインドですから、インドって大きいんですよ、当たり前ですけど、ですから街が変わったら、州が変わったら、ガラッと様相が一変するみたいです(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

真理は具体的である…

人に強くなる極意  佐藤優  青春出版社

 表紙コピーは「「どんな相手にぶれない。びびらない…」"図太い人"になる頭の使い方」なんですが、これはもー究極の今でしょ(死語?)で、生き方指南かなぁ(笑)

 目次を見ると、項目別対処法が書かれていると思われでして、それが「怒らない」「びびらない」「飾らない」「侮らない」「断らない」「お金に振り回されない」「あきらめない」「先送りしない」の八項目…これをクリアして、後楽園で僕と握手ってか(笑)

 よーは、己の気持ちをコントロールせよって事だと思われで、多分、それは世の中で一番難しい事じゃなかろーか?

 何とゆーか、読後の正直な感想を言うと、何かどこかで聞いたよな?な気がして、それが何かと思い返してみたら、これって孫子の兵法じゃね?もしくは似てね?な気分になったんだが?

 まぁ国単位で見るか?組織単位で見るか?それとも個人として見るか?それぞれ立ち位置は違うにしても、人生常に進むか?退くか?それが問題だ、なんだなぁ(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

果報は寝て待て?

すてきなおばあさんのスタイルブック  田村セツコ  WAVE出版

 所謂一つのエッセイ本だろか?いえ、タイトルからして、こーグッズ系の大正ロマンか、昭和レトロの世界を想像していたのですが、どちらかとゆーと著者の思い描くおばあさん像が展開されている模様…うーん、最早、これは個人の趣味の問題のよーな気がするが、気のせいか(笑)

 まぁ生き方指南というより、こーゆー人に私はなりたいじゃないけど、非常に軽いノリなので、深刻度は全くなし、楽しい老後生活というか、人生エンジョイしてナンボって感じで、くよくよせずに明るく生きよー、これに尽きるよな(笑)

 そんな訳で、気軽に読むが吉のよーな気がするが如何なものか?老人問題とか、高齢化社会とか、介護だの、病気だの、社会不安をあおるよーな謳い文句が謳歌している今日この頃ですが、それとは真逆に普通に淡々と小さな幸せを日常にしている生活もあるよと(笑)

 ある意味、日本の年寄は元氣だとゆーノリかなぁ?多分(笑)それにしても、おばあさんって幾つからなんだろぉ?と素朴な疑問が(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

だって、女の子だもん(笑)

女子会川柳2 片付かないデスクの上も人生も  シティリビング編集部+ポプラ社編集部・編  ポプラ社

 何とゆーか、女子会川柳第二弾出ていたんですねぇ(笑)いやもー、これは読まなきゃ、でしょ(笑)リアル過ぎて逆にドン引きもあると思いますですけど、どっちかとゆーと腹抱えて爆笑の方にビットじゃね?

 女子とか、女子会とゆー言葉も、市民権得たとゆーか、既に古っまで来ちゃった感ありますけど、まぁでも女子会の定義、本書によると「女性だけで集まって飲食したり、情報交換をしたりする会合のこと。「女子」に明確な年齢制限はなく、参加は本人の自由。ホテル滞在やエステ、遊び・趣味の会など目的も多様化し、最近ではドレスを着ての「撮影女子会」、「人間ドッグ受診女子会」など、変わり種も」の世界に突入している模様…ドレスを着てのの件はもしやそれはコスプレでは?文句があるならベルサイユへいらっさいってか?

 まぁ考えよーによっては、女子会川柳って、パンがないならお菓子を食べればいいじゃないかもしれないしなぁ(笑)もー何もかも笑い飛ばせばいいじゃないだろか(笑)ほほほほほ?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

春野菜?

コンパクト版 サラダバリエーションブック  誠文堂新光社

 表紙コピーが、シェフがすすめヨーロッパのアイデアサラダ177品、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ドイツ、北欧、トルコまで、ル・ヴェルデュリエ、メリメロ、イル・リフージョ・ハヤマ、ラ クチーナ イタリアーナ ダル マテリアーレ、バル レストランテ ミヤカワ、クリスチアノ、ビッテ、レストラン ストックホルム、トプカプ 丸の内店なんですが、世界各国のサラダが一覧できるレシピブックでしょか?

 何かサラダというと、トマトとキュウリとレタスとという昭和な定番料理じゃなくて、国によって全然違うし、素材も野菜だけじゃなくて、それこそ千差万別何でもあらーなの世界なんだなぁと、改めて納得しますた(笑)

 まぁサラダとは何か?はいずこの国も人も皆それぞれにだろけど、例えば「そもそもは肉料理の口直しという位置づけ、野菜と酸でさっぱりさせる役割に担っていた」とか、「イタリア語でサラダを意味するインサラータとは、もともとは塩を加えるということ」だとか…

 何はともあれ、本書を見よかなぁ…ホントいっぱいあるんですよ、奥さん(誰?)サラダって物凄いバリエーションの世界だったんだなぁと改めて思いますた(笑)

 とはいえ、本書の中で一つだけチョイスするなら、キノコサラダ(レストラン ストックホルム)でしょか(笑)本物はセップ茸を使うそーですが、ただのキノコがメインのサラダやん?ですけど、実はこのサラダにサブタイトルがありまして、「1901年のノーベルディナーより」なんですよ、奥さん(誰?)なるほろ、ノーベル賞の晩餐会にもサラダは出るのか(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

差し上げる心を包む?

あげる常識もらう常識  今井登茂子  河出書房新社

 表紙コピーが、この常識を知らないと、人間関係が壊れ始める。なんですが…何とゆーか、日本の場合、贈答のしきたり、マナー、常識、プロトコルは、物凄く緩くもあり、また物凄く厳しくもありの世界じゃね?

 でまぁ、今だと卒業祝いとか、入学祝いとか、就職祝いとかの季節になるんだろぉか?でもって、最低限のマナーとか、表向きの常識とか、ローカルルールとか、水面下の何ちゃらとか、どこまでも気を使わねばならない浮世の生き辛さってか(笑)

 てな訳で、本書は軽い友人関係のプレゼントから、冠婚葬祭までキタコレってか(笑)まっ、何にせよ、「同じプレゼントを渡すにも、相手の気持ちに負担のかからない渡し方を考える」これ大事って事だよなぁ…

 てな訳で、おべんきょになりました(笑)贈答って本当、好意と悪意の間で、なんだなぁ(笑)まさに究極の空気読めかも(笑)

 取り敢えず、「贈り物は3種類」に分けて使い分けろとゆー事らすぃ…「消え物」「記念物」「思い出」とな…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«これが日本の伝統芸能?