« これもあい?あれもたぶん…きっと??? | トップページ | 取り合えず行ってみよー(笑) »

2006年7月10日 (月)

このこだれのこ?

猫たちの世界旅行  ロジャー・テイバー著  NHK出版

 猫である。
 ウリ、コジ、モモの三匹はさほど露出度が高いとは思われないのに、何故か影の様になくてはならないものの一つのよーな…というより家族そのもの?作品中切っても切れない猫との関係ですが、果たして猫とは何ぞや?と小難しく構えなくでも、歴史から現状までさらりと書かれていて分かり易い一冊ではないかと。

 作者はイギリスの方なのでイギリスやアメリカを中心に語っているのは、やむ終えないとしても、イエネコの行動範囲の図とか随所に生物学者らしい説明もあってなるほどなぁと関心する事しきり…

 猫の家畜化は今から3500年前に始まったそーで、それがエジプトだとか、ベルギーの猫祭り(五月の第二日曜日/イーペル)とか、突っ込みどころ満載でこれもまたありか(笑)

 ところで日本の猫は尻尾が短く、しかも丸まっているそーで?本当なのか、今度猫を目撃したら確かめてみようと…

 あと、日本では白い猫が多いそーな?それと三毛?日常であれあれと記憶に残るのって黒猫位なもので、(黒猫が道を横切ると縁起が悪いのは本当だろーか?)取り立てて目をこらして眺めていない事を発見っ!

 うーん、でも、この中で一番笑えたのは豪徳寺の招き猫(笑)とある藩主を雷から救ったのが起源とは全然しらなかったよん(笑)

|

« これもあい?あれもたぶん…きっと??? | トップページ | 取り合えず行ってみよー(笑) »

ペット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このこだれのこ?:

« これもあい?あれもたぶん…きっと??? | トップページ | 取り合えず行ってみよー(笑) »