« パンにはやっぱり(笑) | トップページ | おすすめはどこ(笑) »

2006年11月29日 (水)

じんせー色色?

色の心理学をかしこく活かす方法  重田紬美子  河出書房新社

 色とゆーかカラーとゆーかでまず上げないといけないのは、朱色~とか助教授の白ジャケなんでしょーけど、個人的に頭の残っているのは野上さんの渋紙色だか柿渋色だかのところ…なんとなく地味なイメージのガミさんでして灰色でもグレーでもなくてねずみ色みたいな…何とゆーかはりきりボーイの森下さんとは対極にいる感じとゆーか…間違っても野上さんのファッションがアルマーニな事だけはないだろぉ(笑)

 えーと本書はカラーセラピーとゆーかカラー戦略というか、日常で上手に色を使っていこーとゆー主旨の本だと思いまする。人は意外ととゆーかかなり色の影響を受けていて人体にも効果があるとか…前述のグレーはイエスでもノーでもない意志のない状態を指しているんだそーだが、野上さん日本一ノーと言えるオヤジの様な気がするが、樺田さんの手前イエスに従っているけれど私は関係ないんだーってのを表しているんでしょーか?まさか個人的に好きな色もねずみ色とゆー事はないと思うんだが?でもでも好きな色はパステルカラーだったら…だったら…

 さて、朱色のオレンジですがアリスは夕陽を見て片桐さんに世界の終わりを語ってますけど、実際のオレンジはとてもポジティブで現実的なものを指すとか、仕事とか、家庭とかね。尤も表向きはとっても明るいけど内心は不安の多い臆病な子供だとか、朱色と重ねると意味深だなぁ~男性的な野心の意味もあるとなると尚更と思うのは穿ち過ぎか?

 つー訳で真打碁石ファッションなんですけど、火村のファッションセンスには色々言われていると思うんですが、カラーセンスもアリスでなくても突っ込みたいところ(笑)ただこのモノトーンの組み合わせは、無感情な色、正常者の興味を引くことはなく、不安、恐れからの逃避といきなりトーンダウンしてしまうんですが…うーん、この白黒と悪夢は火村の闇に抵触しそーでうかつに近づけない感じかなぁ~これをおかしなファッションで笑い飛ばすまではいかなくても日常にしてしまえるなんて、ある意味アリスって大物?それともそれを承知で着続けている助教授も策士なのか?でも助教授ん家のワードロープってジーンズ以外は皆モノトーンの様な気が(笑)あっでもからし色のネクタイとかブルーのシャツってあったよーな???でもでも白って日本人が尤も好む色だそーで、美とか清潔、潔さを喚起させるのだとか?白ジャケも好きな色だからーとゆー単純な理由だったら、だったら…(笑)

|

« パンにはやっぱり(笑) | トップページ | おすすめはどこ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

理系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じんせー色色?:

« パンにはやっぱり(笑) | トップページ | おすすめはどこ(笑) »