« いまなんじ? | トップページ | パパパパーンっ »

2006年12月21日 (木)

石のお告げは…

ルーン文字  レイ・ページ  學藝書林

 純粋にルーン文字を追った文字としてのルーンについて書かれているのですが、一読してみるとルーンってやっぱり良く分からないに尽きるよーな(笑)既に文字通り死語なので判読もままならない点もあるし、資料が散逸しているし、更に言語としては当然なのかもしれないけど派生語というか、その時代と場所で言葉が違うし、なかなかどーして一筋縄ではいかないよーな?

 後書きにもあるけど、著者がイギリス人なのでややイギリスよりだそーで、やはりここは一つドイツ語圏とスウェーデン語圏の資料というか本の訳出も欲しい今日この頃?

 手っ取り早くルーン遺跡を見たいのなら、大英博物館においきなさい。とあるので、ルーンつながり(?)でウルフ先生案内で行きたいもんだなぁ~(笑)

 ルーンの導きで二人が占い嫌いなのが分かるのだが、それでもダリ繭だったりモロッコだったり占いはよく出てくるよーな(笑)言葉遊びというか関係もその後にジャバウォッキーや妄想日記があるし…ただ、このルーンの石碑を見ているとホームズの踊る人形を思い出してしまった(笑)線画みたいな字がそんな気にさせてくれるんだけど(笑)

|

« いまなんじ? | トップページ | パパパパーンっ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石のお告げは…:

« いまなんじ? | トップページ | パパパパーンっ »