« ちゃっちゃっちゃっ(笑) | トップページ | お水下さい(笑) »

2006年12月29日 (金)

さるさるさる…

怪奇小説傑作集1 英米編  A・ブラックウッド他  東京創元社

 いつまで続く一人乱鴉祭りなんですが(笑)猿の手が収録されているので、手に取ったのですが、怪奇…いろいろあるのね(笑)まあ世の中そー上手くはいかないよとゆー戒めか、人生落とし穴だらけとゆーか、助教授ならこっちか(笑/BGMはウタダで)

 猿の手は短編の見本の様に上手く出来ている話だと思いまする…落としどころを心得ているとゆーか…ただ、乱鴉の読後に読むと微妙に感情が被るとゆーか、人間の業を見るとゆーか、たかが猿の手、されど猿の手なんですよねぇ…

 収録されているその他の作品についてはまずは読んでみて下さいとしか言い様がないよーな(笑)一編一編切り口が違うので、お好みのものをどーぞかも(笑)

収録作品

幽霊屋敷…ブルワー・リットン
エドマンド・オーム卿…ヘンリー・ジェイムズ
ポインター氏の日録…M・R・ジェイムズ
猿の手…W・W・ジェイコブズ
パンの大神…アーサー・マッケン
いも虫…E・F・ベンスン
秘書奇譚…アルジャーノン・ブラックウッド
炎天…W・F・ハーヴィー
緑茶…J・S・レ・ファニュ

|

« ちゃっちゃっちゃっ(笑) | トップページ | お水下さい(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

フィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さるさるさる…:

« ちゃっちゃっちゃっ(笑) | トップページ | お水下さい(笑) »