« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

たこはいっこにひとつっ

Takoyakiaizuopen たこ焼き  会津屋  \500

 大阪ソウルフードと言えば、やはりコレではないのでしょーか?東の人間でも知っている、たこ焼きっ!てな訳で実演販売していたので、ついつられてご購入…そーゆー訳で価格は一箱(12個入り)のお値段です(笑)

 さて、本店は玉出(大阪市西成区)にあるそーで大阪でというより全国区で有名なたこ焼き屋さんらしい…済みません全然知りませんでした(泣)知らないといえば、お店のしおりを拝見するとたこ焼きのルーツってラヂオ焼きだとかで、ここの初代社長考案とか?しかも肉はともかくこんにゃく入り…うううーん、お好み焼きみたいなのだろーか?ちょっと実物が想像できないんですが、その後にもっとおいしいものをという理念から、たこところもでたこ焼きとなった、と~

続きを読む "たこはいっこにひとつっ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

やはり猫だからなんでしょか?

ドラえもん学  横山泰行  PHP研究所

 ドラえもんじゃねぇんだから、とゆー科白を助教授が吐いた覚えがあるのだが、果たしてそれは聖典のどこだったか?記憶が…ご存知の方がいらっさったらこっそり教えて下さい~(済みません、今までも自分の情けない記憶から引っ張ってきたので間違いがあるかもしれません/号泣)

 てな訳でドラえもんなんですが、うーん本書はドラえもんファンには分かる内容なんだと思うんですけど、知らない人間にはその様なシーンとか、科白とか、えええ?の世界でしてまずドラえもん全巻読破し、長編アニメも看破し、普通に毎週放送のアニメを見ていないと厳しいよーな…いえファンにしか分からないニュアンスとかあるじゃないですか…済みません国民的まんがなのにこんなに知らなくて申し訳ない気になってしまいました(泣)

続きを読む "やはり猫だからなんでしょか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

午後のトースト?

Atsyokupan ホップス種の山型食パン  Afternoon Tea  \262

 何がなんだかピーナッツトーストを求めて三千里企画なんですが(笑)今年も絶賛(?)開催中って…いえ、何つーかたまたま偶然に通りかかったらやってたとゆーか、ありましたのでつい購入(笑)個人的にはAfternoon Teaってスコーンのイメージがあったんですけど、もちろんその他いろいろあるのだった(当たり前~/泣)

 食感はしっとり系かなぁ~さくさくパリパリとゆーより、優しい感じ?それはトーストにしても変わらないので、口の中で喧嘩しないとゆーか、自己主張して相手を殺さない感じとゆーか、なのでピーナッツトーストにしても大丈夫とゆーか、ピーナッツペーストの風合いを無くす事はないと思うんですけど?

続きを読む "午後のトースト?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

らいんのゆくえ?

ナスカ地上絵の謎  アンソニー・F・アヴェニ  創元社

 何故にナスカといえば三つの日付のお店から(笑)とゆー単純な理由なんであるが、本書の著者は物理天文と社会人類の教授つー事もあって一般向けに書かれているのだろーけど、アプローチはあくまでも学術的であるよーな…

 ナスカというと、すぐに出てくるのはマリア・ライヘ女史の天体と結びつけたそれなんだけど、実はナスカの地上絵ってそれなりに多彩な説が出ていて、素人にはどれがホントやねんの世界…まあ南米大陸に限らず遺跡って皆謎を秘めているものだけど、それにしても空に結びつけるだけじゃなくて水やら古代の人々の生活や文化をも視野に入れようとゆーのは話としてはよく分かる(笑)

 でもでも分かるんだけど、はてどれが正しいとなると???になってしまう(笑)ままま、この本のサブタイトルが砂漠からの永遠のメッセージなので、この後もナスカの研究は続いていくんだろーなーと思うとある意味学者の皆様も根気深いと頭が下がるよーな…

続きを読む "らいんのゆくえ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

タイトルに負けたの…

Shiretokoyuhic 知床夕陽のカレー  知床グランドホテル北こぶし  \550

 何とゆーか名前で購入決めました(笑)カレーと夕陽、ときたら即決でしょ(大笑)えーと、タイトル通り夕陽なんで赤いカレーなんですよね。だから、これは物凄く辛いのかもとビビっていたのですが、どーもこの赤、唐辛子ではなくてトマトの赤らしく、私でも食べれる位ですから辛いカレーではありませんでしたぁ~道理でミートソース色だなぁと思った訳で(笑)

 また具材も鶏肉、じゃがいも、たけのことしめじは判別つきましたし、今までのカレーの中で一番入っていたよーな(?)具がゴロゴロしているカレーって何か安心するものがあるんですけど(笑)家庭的だなぁ~と思ったんですが、説明によるとオロンコ岩に沈む美しい夕陽を連想させるスパイシーな赤いカレーらしいんですが…

続きを読む "タイトルに負けたの…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

すぽーつって?

星野仙一の「GM型」常勝革命  豊田泰光  講談社

 確かダリ繭だったと思うのだが、移動中に火村がタイガースの話題をだしてアリスがご機嫌になった記憶があるのですけど(笑)アリスってば単純なと笑い飛ばせない位、大阪人にとっての阪神タイガースは凄いものらしい…済みませんっ付き合いで後楽園(東京ドーム)と神宮には行った事はあるんですけど、甲子園は外から蔦を拝んだ事はあっても中に入った事がない~上に野球殆ど見た事がなくて…だからタイガースについて語れる事はホントかけらもございません(泣)

 そゆ訳で手に取ったこの本は…タイガースとか、星野監督(?)とゆーよりむしろ野球、日本野球界の事が主題の様に見受けられました。で、読後の感想は、勉強しますしかないよーな(泣)まったきの素人が驚いたのは、最近までタイガースの公式ファンクラブがなかった事かなぁ~星野さんが監督になってから出来たとゆーから最近だよね?いやー何かアリスなんか生まれた時からタイガースファンクラブの会員やねんの世界かと思っていたのでちょっとびっくりしました!

続きを読む "すぽーつって?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

やはりてまりはないのかぁ?

Ekibentaizushi 鯛すし  水了軒  \820

 てまり弁当の道は遠いので、ここはやはりアリスにならって、鯛すしをば(笑)いわゆる大阪すしというか、押し寿司の一種だと思うのだけど?何とゆーか形態としてはバッテラにそっくり(鯖でなく鯛だが/笑)

 お弁当なのでお酢がきついかもと思っていたら、全然きつくなくむしろかなりマイルドな感じでお酢が苦手な人でも大丈夫~一切れの大きさもちょうど良い感じで食べ易いし、くせはないし、うん女の子でも全然平気だろーとゆー事で朱美ちゃんもオッケー(笑)

続きを読む "やはりてまりはないのかぁ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

沖縄のお味は~

Ekibenokinawa 海人がつくる壷川駅前弁当  那覇市沿岸漁業協同組合壷川直売店さかな  \1000

 全てはホテル・ラフレシアである(笑)謎が謎を呼ぶグルクンなる魚を求めて三千里…ついに駅弁でめぐり合えたのであーる(笑)そしたら、グルクンは白身のお魚でしたマル…

 中身はとゆーと、グルクンの天ぷら二切れ、もずくの天ぷら二切れ、ゴーヤの天ぷら一切れ、海老の白煮が一つ、白いご飯の上にはかじきまぐろの漬けが一面に乗っていると(他に付け合せにレタスが一枚、パセリとレモン、ガリとしょーゆ付)

続きを読む "沖縄のお味は~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

京都ならではと言えば?

祇園の教訓  岩崎峰子  幻冬舎

 ふと思ったのだが幾ら女嫌いの助教授であっても付き合いで出掛ける事もあるだろぉ?となると場所柄、祇園のお座敷に教授に引っ張られて出入りしていたりして?とかとか朝井さんなんかは取材で顔なじみかもしれないし、案外アリス辺りの方が先輩作家に連れられて(営業時代に連れられても有りなのだろーか?)とかとかとか…お座敷遊びをする火村…は想像できないんですけど、でもでもウルフ先生はスマートに遊びそーかなぁ?

 妄想に走っている場合ではなくて本書は元舞妓さん芸妓さんだった方が書いた祇園の日常話のよーなエッセーのよーな体験談のよーな…何か一日のスケジュールを読むだけでも凄いハードなんですけど?見た目優雅な舞妓姿も二時間がかりとなれば、しかも重さ二十㌔となれば、凄いの一言では済まないよなよな…

続きを読む "京都ならではと言えば?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

石垣島の夕食は?

笑う沖縄ごはん  沖縄ナンデモ調査隊  双葉社

 ホテル・ラフレシアでの夕食は確か沖縄料理とあって、アリスのアバウトな説明によるとゴーヤーとか豚の角煮とかグルクンとか出てたよーな気がするのだが、豚の角煮はまあ普通に見るし、ゴーヤーも昨今はスーパーでも普通に売ってるし、だがグルクンって何?と単純に疑問に思って、沖縄料理本を覗いたらグルクンとはタカサゴの事だそーで、ここでまたタカサゴって何と思うのだが、まず置いといてこのグルクン沖縄県の県魚らしい…そーか県花だってあるんだから県魚もあるよね…で、このグルクンから揚げにするとおいしいらしいのだが、済みません、沖縄行った事がないのでどんなもんだか、想像もつかないー…

 さて、そんなまさに沖縄素人が手に取った本は、レシピ本でもなく、お店紹介本でもなく、観光ガイドでもないとゆー…じゃあ何なんだぁ?とゆーとこの本の枕言葉にあるよーにオキナワ・スローフードの秘密かも(笑)えーと13人のライターによる私と沖縄料理(食品?)と言った方がいーのか?軽く書かれてますが濃~い内容ですっディープなのかぁ(笑)

続きを読む "石垣島の夕食は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

しゃきしゃき?

バッハ・ゴールドベルク変奏曲  グレン・グールド  ソニー

 さてさて何つーか助教授の好きなピアニスト、グールドによるゴールトベルク。まずは驚いたのが今までのゴールトベルクの中で一番演奏時間が短いんではないのか?と思ってしまう程、一言でいうとスピーディ…これは、眠れないのではないか(笑)しゃかしゃかとゆーか、さくさくと進んでいく感じと言おーか?いえ、世界的大ピアニストの演奏なのだから、これが本当なのかもしれないけど、己の中のゴールドベルク像とゆーのがあるとしたら、えっ?と、あっ?の世界に連れて行かれた感じ?

 明快な感覚というか、このさも何でもなさそーに弾いているけど、物凄いテクニックなんだろーなぁ~と素人は思うばかりです…

続きを読む "しゃきしゃき?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

まずはスタンダードから(笑)

Pockyred POCKY  グリコ  \156

 海奈良で朝井さんが食したその日から、ポッキー…ただのお菓子じゃなくなりました(笑)かくしてポッキーおっかけ記が続く訳です(大笑)とゆー事でまずは基本からと、一番普通とゆーかこれが基本形のポッキーです…またまた、買いに行ったら近所のスーパーでセールが(笑)なので、お値段違うかもしれません…定価は幾らなんだろ?

続きを読む "まずはスタンダードから(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

ててて天才とはっ(笑)

天才の読み方  斎藤孝  大和書房

 完璧な遺書で何故か登場していないはずのアリスの存在が一番インパクトあって笑ったとゆーか…あのオチは素晴らしかー(笑)だけどこの話で一番気の毒なのは、助教授の立て板に水の喋りを聞かされた方のよーな(笑)その後の感想、変な学者に変な作家だは正しいと思います(号泣)でも、それがいつもの二人なので(笑)

 と、ゆー訳で天才です(笑)副題が究極の元気術なので、それに反せずパワフルな四人の天才が登場します。ピカソ、宮沢賢治、シャネル、そしてイチロー…ここでの著者の天才のポイントは寡作タイプではなく、多作タイプなんですね。とにかく仕事をした人、で本自身にはありませんが宮沢賢治を除いては生きているうちに成功したタイプのよーな?

 だから破滅型天才とか、死後何年もしてから世に認められたとかは入っていないのである~いや一口に天才といっても色々タイプはあると思うし、人によっては天才の定義違うしで、この四人だけで天才はこーなんだーと叫ばれても、確かにサブタイトルにある通り元気な人たちだとは思うけど(病弱と言われる宮沢賢治も活動的な一面をお持ちだし~)

続きを読む "ててて天才とはっ(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

缶詰の駅は?

Ochahashi2 御茶ノ水駅界隈

 絶叫城~でどーもアリスが御茶ノ水近辺のホテルで缶詰になっているみたいなんですが(笑)つー訳で行ってきました御茶ノ水駅、画像は御茶ノ水駅橋口の方です。

 御茶ノ水駅は中央線(オレンジの電車)と総武線(黄色い電車)の停まる駅なんですが、東西に長い駅でして、その西側が橋口、東側が聖橋口になります。神保町に近いのは橋口の方なので、利用しているのはこちらの改札だと思うのですが、果て?

Ochahashikaisatsu 橋口改札です(笑)自動改札のそっけなさですが(笑)片桐さんも利用しているだろうそれですけど、JRなら水道橋の方が神保町には近いので、はてさて? ただここを抜けて駅前の坂を下ると三省堂の交差点に出ますので、その辺りから古書店を見ていこうとするなら、こちらを使用している可能性は高いとゆー事でアリスはお世話になっているとみたが(笑)どだろ?

続きを読む "缶詰の駅は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

ふっふっふっ(笑)

Fumanjyosasa_1 笹巻麩(生麩まんじゅう)  半兵衛麩  \189

 何故か京都(半兵衛麩さんは東山区五条大橋東詰にあるそーな)と聞くと耳が目が反応するよーになってたりして(笑)そんなこんなで手にとってしまいました麩饅頭~、いやー京都だぁーっだけでなく饅頭だぁーとゆーのもありまして、何故かといえばアリスが異形の客で饅頭食べていたから(笑)あの旅館で出たのが麩饅頭だとは思えないんですけど…

 とゆーのは建前で本当は大好物なんですっ!特に夏に冷やしてつるんと食べるっ!のどごしの良い饅頭No.1に上げるねっ絶対っ!とゆー本音が(号泣)これを機会に饅頭を求めて三千里企画も発動しよー(笑)

 さて、購入したのはこし餡と抹茶とごま(白ごま)でして、こし餡はさっぱりしてあまり甘くはなく、抹茶はこの中で一番味が濃厚、抹茶おしげなく投入しましたの勢い、そしてごまもあまり甘くないのですが麩のお味は一番強調される様な?

 

続きを読む "ふっふっふっ(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

お隣は御所ぉ~

京の離宮と御所  JTB日本交通公社出版事業局

 英都大モデル校のお向かいが御所~とゆー事で、御所とは一体どーゆーとこやねんとゆー単純な疑問から一読したんですが、これ京の離宮と入っているよーに、御所だけでなく、桂離宮、修学院離宮、仙洞御所と御所以外もありまして、よくよく見るとメインのページ数は桂離宮だったーっ!なのでした(笑)

 まぁでも京都だし、何より桂離宮ネーミングからも分かるよーに月が織り込み済みのノリだし、と楽しく拝読致しました。桂離宮の月の字崩しの取っ手もとい引き手ですか、ふすまの金具部分(?)なんてうっとりぃ~とゆーか、こだわりの美学なんだろなぁと…

 で、御所、公園部分は普通に入れるけど御所内となると宮内庁に申込書送らないと参観できないらしい(他の離宮も/笑)となると、あのいかにも面倒臭がりそーな助教授が行うとは思えず、参観したとしたらアリスに付き合ってなんだろーなぁ~ウルフ先生も好きそーだが、ウルフ先生に付き合って見に行く火村は有り得そーにないんですが、どーでしょ?

続きを読む "お隣は御所ぉ~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

更新履歴2007

 十二月

本年も大変お世話になりました! (ご挨拶)
ひとりでいるものとだけ一緒にいる必要がある…  (『グレン・グールド 孤独のアリア』 ミシェル・シュネデール)
ゆゆゆゆゆ~  (『物見遊湯』 太田垣晴子)
めりくり~  (クリスマス・アダージョ・カラヤン)
旅ゆけば~  (『平成食の風土記 日本の旅ごはん』 向笠千恵子)
ラスト・ピアニスト?  (バッハ・ゴールドベルク変奏曲  グレン・グールド)
さいほーじょーどっ  (『別冊太陽 日本の郷愁 夕焼けこやけ』)
旅のお供~  (『旬の駅弁名鑑800』 塩入志津子)
普段の日常?  (『きらめくジャンクフード』 野中柊)
居酒屋の後に(笑)  (高田馬場駅 喫煙所)
食卓にひとつ~  (『チーズの選び方楽しみ方』 監修・本間るみ子)
きらきらひかる~  (『天然石と宝石の図鑑』 松原聰・監修 塚田眞弘・著)
乳と蜜のあるところ…  (『チーズのきた道』 鴇田文三郎)
あしもとは…  (『紳士靴図鑑ベスト50ブランド』 文 竹川圭 写真 林雅之)
ぼっしししー(笑)  (『やさしい天文学の話』 ニコロフ&カンチェフ)
おかしのはなし  (『図説和菓子今昔』 青木直己)
見かけは見かけ?  (『成功する男の服装戦略』 スーザン・ビクスラー&ナンシー・ニクス・ライス)
紅茶を飲むのは?  (『英国紅茶論争』 滝口明子)

続きを読む "更新履歴2007"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!

 本年も宜しくお願い申し上げます!

続きを読む "あけましておめでとうございます!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »