« 京都ならではと言えば? | トップページ | やはりてまりはないのかぁ? »

2007年1月16日 (火)

沖縄のお味は~

Ekibenokinawa 海人がつくる壷川駅前弁当  那覇市沿岸漁業協同組合壷川直売店さかな  \1000

 全てはホテル・ラフレシアである(笑)謎が謎を呼ぶグルクンなる魚を求めて三千里…ついに駅弁でめぐり合えたのであーる(笑)そしたら、グルクンは白身のお魚でしたマル…

 中身はとゆーと、グルクンの天ぷら二切れ、もずくの天ぷら二切れ、ゴーヤの天ぷら一切れ、海老の白煮が一つ、白いご飯の上にはかじきまぐろの漬けが一面に乗っていると(他に付け合せにレタスが一枚、パセリとレモン、ガリとしょーゆ付)

Okinawaopen_1  まず、思ったのは沖縄の天ぷらってフリッターみたいな感じなんだなぁ~でした。グルクンの天ぷらも凄かったが、ゴーヤの天ぷらはゴーヤより衣の存在感が凄い(笑)でお味は、思った以上に淡白でした。何か沖縄料理って味が濃いイメージが勝手にあったのですけど、そんな事はかけらもなく、かじきまぐろの漬けも全然辛くないんですねぇ~

 ゴーヤのほろ苦さ以外だと後は本当に淡白な感じです。グルクンはくせのない白身魚そのものって感じだし、海老の白煮は薄味だし、もずくの天ぷらは歯ごたえはあるんですけど、まさに海草って感じだし、かじきまぐろの漬けは薄作りでふぐのさしみのよーな厚さ(笑)取り合えずご飯が透けて見える厚さですが(笑)でも存在感はあるんですよ、食感はトロっと口に残る感じかなぁ~

 うーん、後はこれに豚の角煮が入っていれば石垣島の夕食よこんにちはでしたんですけど(笑)来年は豚の角煮弁当沖縄からやって来ないかなぁ~

Goyatenpura_1Gurukuntenpura_1Mzukutenpura_1Ebishironi_1Kajikizuke_1Okinawasonota

|

« 京都ならではと言えば? | トップページ | やはりてまりはないのかぁ? »

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄のお味は~:

« 京都ならではと言えば? | トップページ | やはりてまりはないのかぁ? »