« 永田町は… | トップページ | 街のパン屋さん~ »

2007年3月28日 (水)

書を捨てて旅に出よう~

旅はゲストルーム  浦一也  東京書籍

 サブタイトルに測って描いたホテルの部屋たちとある様に、ホテルの部屋についての平面図(or断面図etc.)などを手書きで描いた図(絵?)とともにホテルを語るという趣向の本。まずチェックインしたら、部屋の写真とって、メジャーもって部屋の隅々まで実測して、それからそのホテルの便箋(!)に図(絵?)を描き彩色もする。時には部屋のカーペット(絨毯?)の毛先を鋏で刈り取るまでの執念…幾ら、本職(著者は建築家、インテリアデザイナー)とはいえ念の入った仕事である(笑)

 なので50以上のホテルの部屋の図がずらずらずらと並んでいるのは、壮観の一言。それも杓子定規な図でなくて、ハンドフリーな線もあるし、図の端に部屋の中の気になる小物がチラッと描かれていたり、薄く彩色してあったり、と図というより絵的な感じで、また作り手の手のぬくもりとゆーか、遊び心がにじんできてこちらまで楽しくなる様な感じなのだっ(笑)最初は確かに仕事絡みだったんだろーけど、ここまでくると仕事を超越しているよーな…

 何かこの本を見て思った事はアリスを彷彿させるんですよ(笑)アリスもホテルに着いたら、部屋の中を実測まではいかなくても歩き回って、人が格闘しても充分の広さかとか、倒れる余地はあるのかとか、部屋のグッズ類で使える物はあるのかとか、窓の大きさとか、鍵の形状とか絶対チェックしてそー(笑)で、助教授はその間煙草を吹かしていると(笑)

 そんなアリスに泊まって頂きたいというよりアリスのミーハー心を揺さぶってくれそーなシスコのノブにあるザ・ハンティントン・ホテル=ノブ・ヒル…バブリーな事には本人は興味も関心もなさそーだけどミステリー的にはやはりスノッブの語源にもなったノブにあるホテルは外せないとゆー事で(笑)

 で、助教授の方はイタリアはメラーにあるヴィラ・モーツァルト。一つ一つがオーナー夫妻のオリジナルデザインだそーなんだが、ここでの個人的ポイントは、どーもモノクロがメインのモチーフらしいのだ。そー助教授と一緒の碁石友の会かも(笑)尤もこちらはデザインのプロが安眠できないほど素晴らしいらしいのだが(笑)

 更にも一つあげるとしたら日本は京都にある都ホテル・佳水園。村野藤吾作の傑作だそーで、京都巡りの一つに上げたい物件…しかも部屋の名前が月の六番というんだから、これはこれで妄想かきたててくれるネーミング(笑)是非ともアリスの説明を拝聴してみたいそれなんである~

 収録ホテル

ホテル・フォルメントール(スペイン・マジョルカ島)
ザ・ハンティントン・ホテル=ノブ・ヒル(サンフランシスコ)
ホテル・コンチネンタル(ホーチミン)
ホテル・バッハマイヤー・アム・ゼー(独・ロッタハ エーゲルン)
オスタル・コベール・デ・ピチェルコス(スペイン・ボレッタ)
ケルワン・ホテル(プータン・ティンプー)
ヴィラ・モーツァルト(伊・メラーノ)
パーク・ハイアット・ロサンジェルス・アット・センチュリー・シティ(LA)
メルキュール・マルセイユ・ボーヴォ・ヴューポート(マルセイユ)
ヴィラ・デステ(伊・コモ湖)
都ホテル・佳水園(京都)
UNプラザ・パーク・ハイアット(NY)
ゲインズバラ・ホテル(ロンドン)
シャングリラ・シンガポール(シンガポール)
モーガンズ(NY)
ポウサーダ・ド・カステロ(ポルトガル・オビドス)
カオルーン・シャングリラ・ホンコン(香港)
オテル・デ・ベルグ(ジュネーブ)
ル・シュバル・ブラン(仏・ニーム)
マール・ブラーヴォ(ポルドカル・ナザレ)
ドーラル・オーシャン・ビーチ・リゾート(マイアミビーチ)
和平飯店(上海)
リッツ・カールトン・シュロスホテル(ベルリン)
リッツ・カールトン・ラグナ・ニグエル(アメリカ・ラグナ ビーチ)
ザ・メトロポリタン(ロンドン)
グランド・ハイアット上海(上海)
ホテル・インペリアル(ウィーン)
オリエンタル・バンコク(バンコク)
フォー・シーズンズ・ホテル・ワシントン(ワシントンDC)
ロイヤル・ガーデン(香港)
ホテル・ダ・ラパ(ポルトガル・リスボン)
オテル・デュ・ローヌ(ジュネーブ)
ル・ショワズール(仏・アンボワーズ)
ホテル・アドロン・ベルリン(ベルリン)
グランド・ハイアット・ソウル(ソウル)
オラタン・ホテル(ブータン・パロ谷)
ザ・ヘイ・アダムス・ホテル(ワシントンDC)
ホテル・エレファント・ワイマール(独・ワイマール)
レジダンス・マキシム・ド・パリ(パリ)
リージェント沖縄(現ザ・ナハ・テラス)(那覇)
マーク・ホプキンス(サンフランシスコ)
ザ・オベロイ(バリ島)
ホテル・ネグレスコ(ニース)
ザ・リッツ・ロンドン(ロンドン)
オーベルジュ・ド・ノーヴ(仏・ノーヴ)
ホテル・ベル-エア(LA)
フォンダ・セルソ(スペイン・アリンニャ)
ザ・プラザ(NY)
ホテル・リッツ・マドリード(マドリード)
ザ・リージェント・ホンコン(香港)
ホテル・イム・ヴァッサートゥルム(ケルン)
スペース・オディッセイのホテル

|

« 永田町は… | トップページ | 街のパン屋さん~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

宿泊・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書を捨てて旅に出よう~:

« 永田町は… | トップページ | 街のパン屋さん~ »