« どの水にしますか(笑) | トップページ | 名所うまいものあり(笑) »

2007年4月19日 (木)

チョコレートの世界は?

世界のショコラ・スペシャリテ  斉藤美穂  文化出版局

 何とゆーか、ショコラである。そしてこの本のコンセプトはそれだけの様な気がする。いえ、悪い意味ではなくて良い意味で(笑)とにかく、チョコレートを中心にしたレシピ本の様でもあり、対談本の様でもあり、思い出巡りであり、さりげなく歴史というかチョコの扱い方まで出ているとゆーか…人それぞれにチョコに対しては語るべき事があるんだよーなのかも(笑)

 さて、マレー以来手土産に持っていったチョコは何(どれ)?で突っ走っておりますが、パリのというかフランスのパティシエ(ショコラティエ)は凄かった…いや、フランス人全部か?パンピーというと語弊があるが駐日大使夫人も、我が家のチョコレートレシピがあるんだもんなぁーつー訳で大使夫人いわく、フランス人の九割りはチョコ好き、残り一割は嘘つきと言うらしい、その心は本当はみんな大好きだからだそーなっ!

 そーゆー理由で二人が手土産にしたのかは分からないが、何となく本書で引っかかったレシピはとゆーと、コーヒー風味のアイスクリームホットチョコレートとサブレ添え(オテル・ル・ブリストル/ジル・マーシャル)とかカプチーノ(プティ・フール・カフェ)(オ・パラン・ジェネルー/ファブリス・ギヨット)とかフランス大使夫人のガトー・ショコラ(コーヒー風味のソース・アングレース添え)(ソリーヌ・グルドーモンターニュ)とゆー助教授が好きなコーヒーフレーバーなものに目がいったんですけど、でもアリスが選択しそーなのはコーヒー風味の温かいショコラ(オ・パラン・ジェネルー/ファブリス・ギヨット)ではないかと。いえ、これ簡単なんですよミルクにコーヒー豆入れて温めてそこにチョコ溶かして、生クリームをいれる。いわゆるココアとゆーかホットチョコ?何つーかアリスのポリシーって簡単でおいしいだと勝手に想像しているんですが(笑)あっでもシャンパン・カクテル(西山恵)かもしれないなぁ~やっぱ酒やぁ~って(大笑)

|

« どの水にしますか(笑) | トップページ | 名所うまいものあり(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートの世界は?:

« どの水にしますか(笑) | トップページ | 名所うまいものあり(笑) »