« 常備食~? | トップページ | 取り合えずいで湯? »

2007年5月 4日 (金)

みどりかしろかそれともきいろか?

蕎麦屋のしきたり  藤村和夫  日本放送出版協会

 蕎麦というと、何か最近は物凄く敷居が高い気がするのは気のせいなんでしょか?ラーメン屋さんも一時期店主に怒られるみたいな感じがして二の足を踏んでいたのですが、蕎麦屋さんは怒られはしないもののにらまれているみたいな気がしていっときお寿司屋さんより足がすくんでいたんですけど?気のせい?気のせい?

 本書を拝読するとまずは蕎麦屋っていうのはお店として格が低かったとゆーとこから始まって蕎麦屋の日常がつづられております…とゆーのも著者は有楽町更科の四代目のご主人、それも55歳で引退なさったとかで今ではご隠居という事なんでしょか?読んで肩のこらない本ですが、へーとほーの繰り返しの波が襲いまする~

 例えば水、関西の淀川の流れ水や灘の水が良いとされているとか(淀川の水って良かったのかぁ?と驚き)お水は弱酸性がよろしという事らしい。地酒は江戸では本場ものとして灘となり、古い蕎麦屋さんは灘の酒しか置いてないとか。関西人はうどんを食べる時、うどんと汁を同時に吸い込むけど、こちらは蕎麦だけをつまみ上げて食べるので汁が飲むと辛いけど食えば旨いになるそーとか。卵焼きもこちらのは甘いが京都のは塩辛く感じるとか。いわゆる東京の(江戸の?関東の?)蕎麦屋事情がよく出ているよーな(笑)

 そーなると関西を代表してアリスの想定する蕎麦とは何ぞや?とつい考えちゃうんですけど(笑)確かABCキラーでお昼ご飯に自ら蕎麦をゆでていた位だから蕎麦好きだと思うんだけど、アリスの蕎麦の汁というか出汁はどーなんだろー?タネ以上に気になるなぁ(笑)

|

« 常備食~? | トップページ | 取り合えずいで湯? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みどりかしろかそれともきいろか?:

« 常備食~? | トップページ | 取り合えずいで湯? »