« 殊の外悪敷物にて、何のあじはひも無御座候(?) | トップページ | オレンジっオレンジっ »

2007年6月25日 (月)

おいしいきょーと(笑)

京都のおいしい和菓子  コロナ・ブックス編集部編  平凡社

 何つーか日常に和菓子が息づいている場所なんだなぁ~というのが素直な感想。いえ、京都市民全員が和菓子を第一義に生きているとは言わないけれど、でも多分日本の中でここまで浸透しているのはないのではなかろーか?という幻想がぁ~まずは歳時記の項からみるとお正月の花びら餅に始まって、亥の子餅やお火焚饅頭に至るまでいやーなんつーか、行事と菓子のコラボレーション?つー気にさせてくれる(笑)

 また当然なんだけどお茶席での格調高いお菓子から、茶の間でパクンの団子まで一概に和菓子とはこれだと決め付けられない多様さ。歴史がもろに生きているというか、唐果物っぽいのから有平糖など西から来たのーのノリのお菓子もきちんと残っているところはオサスガの一言…

 こーゆーのはばーちゃんの守備範囲なのかなぁと思いつつ、作品ではひたすらバームクーヘンを食べている篠宮夫人ですけど(笑)京住いという事から、朝井さんなんかも結構詳しそーだけど、何か菓子より酒だぁーのノリが何故か感じられるからなぁ(笑)甘い物好きの助教授ですが、どこどこのなになにを並んでまで手にいれる根性はないよーな(笑)むしろアリスの方が今日は○○の日とか言って並んでそーだし(笑)あっ案外ウルフ先生と一緒に並んでたりしたら楽しいなぁ~移り行く京の和菓子友の会とか言って(大笑)

|

« 殊の外悪敷物にて、何のあじはひも無御座候(?) | トップページ | オレンジっオレンジっ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいしいきょーと(笑):

« 殊の外悪敷物にて、何のあじはひも無御座候(?) | トップページ | オレンジっオレンジっ »