« 舞台は京? | トップページ | ねこや、ねこ(笑) »

2007年7月19日 (木)

前門の寿司?後門の寿司(笑)

女ひとり寿司  湯山玲子  洋泉社

 何つーかタイトルで特攻隊を思い浮かべてしまった(笑)その位、普通にお寿司屋さんって敷居が高い…それがまして、女、一人、でである。無謀ではと頭の片隅にふと過ぎるが、著者の行動力に凄いというより素直に脱帽、頭下がりまする~だからなのか女ひとり寿司難易度が星で評価されていて、これがまた星五つはベッカム級、星四つがイルハン級とちょっと時代が分かる感じ?(ちなみに星三つは高橋克典級だとか?)出てくるお店も誰でも一度は聞いた事はあるだろー一流店の名前がズラリっ、これだけでも壮観な眺めっ一人寿司だろーと百人寿司だろーと一度は暖簾をくぐりたいっ!根性と財布があれば(笑)

 で、内容はと言えば、前半は男と女と寿司屋とお寿司のノリなのだが、あら輝(上野毛)に行ってから変容する、何つーか寿司屋と寿司と男と女に(笑)しょっぱなは寿司屋に集う人々人間ウォッチング的だったんですけど、ラストに向かうにつれて寿司屋、寿司職人、寿司自体にシフトしていくサマはある意味見物…で、これについてはあとがきを読んで納得しました。当初は『世の中には多々の寿司グルメ本やテキストが出回っているが、職人の腕前や味について書かれたものは多くとも、寿司屋という場の特殊な引力について言及したものは数少ない』としたからなのだ…

 読み手としての私的言い分としてはいっそ寿司と寿司屋と男と女にまで突き抜けて欲しかったが(笑)むしろ作者は寿司職人の方をメインに持っていきたかった様に見受けられるよーな?まず人間ありきというスタンスにはこれまた頭下がりまする~

 てな訳で寿司…というとダリの寿司折りか?あの堂条社長の最後の晩餐ですか?大阪や京都では寿司、江戸前握り寿司ってポピュラーなんだろか?とふと疑問が?かくして未だにあの寿司折りの中身は何なのか不明…何せ助教授の手土産ですからねぇ~(笑)それにしてもあの二人がカウンターに並ぶのもある意味驚異かも(笑)男二人寿司は珍しくないとしても、同伴出社の男女よりも、営業怒涛の交渉中の接待軍団よりも、グルメおたくの男連れよりも、熟年夫婦のハレの日よりも、そしてこの女ひとり寿司よりも、異彩を放っていそーな気が(笑)

 最後に殆どが江戸前って事で東京中心なんですけど、京都(もり川/上賀茂)と大阪(中央市場ゑんどう/大阪中央卸売市場)のお寿司屋さんもでてきます。助教授とアリスも行った事あるんでしょーか?

|

« 舞台は京? | トップページ | ねこや、ねこ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前門の寿司?後門の寿司(笑):

« 舞台は京? | トップページ | ねこや、ねこ(笑) »