« 神社につきものと言えば? | トップページ | 歌曲かぁ~ »

2007年7月 2日 (月)

春は筍(笑)

別冊メイプル 京都食楽手帖  集英社

 とゆー訳で(?)夏は鱧…何か京都というと着道楽のはずなのに最近は食道楽の大阪より食のシーンが前面に出ているよーな?気がするのは気のせいなんだろか?そんなこんなで手に取った本というより雑誌、の別冊。ちょっと古いのですが気にせずに眺めました(笑)いえ、何せ千年の都ですからお店も一年二年でどーなるものでもないと踏みまして(笑)ついでに言えばさすが雑誌なのか全頁カラーでしてこれまた奇麗なつくりなんですよん~もー京都とイメージする一皿が次々とぉーっ!

 だから秋は松茸(笑)何のかんのと言いつつ、京都の料理のメインは京野菜らしいので、ある意味カラフルの元のよーな?イタリアンみたいな原色っぽいカラフルさではなくて、しみじみとしたカラフル?器も含めて明るくて奇麗なんですけど落ち着いているとゆーか?

 そして冬はぐじ、とっ。まぁ京都の旦那衆が育んだ京料理の世界なんでしょーけど、今見ると女性受けしそーな美々しさですねん~何つーか、ここは朝井さんの独壇場という気が(笑)編集引き連れて豪遊していそーでこあい…アリスなんかも呼び出されて行ってるんでしょーか?まさにピンキリなので、どこに出没しているのかも気になるところ(ついでに言うと一見客お断りも何だが、それ以上に要予約が気になるぞぉ~)

 舞台が京都という事で助教授なんかも教授の付き合いで行っているかもですけど、それならウルフ先生の方がはまっているよーな気がしてしまう今日この頃(笑)きっと日本人以上に箸使い上手だとか?でもね、おばんさいならばーちゃんの一人勝ちのよなよなよな(笑)

|

« 神社につきものと言えば? | トップページ | 歌曲かぁ~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春は筍(笑):

« 神社につきものと言えば? | トップページ | 歌曲かぁ~ »