« まんじゅうならば~ | トップページ | 雪か?沼か? »

2007年8月10日 (金)

朝ご飯~朝ご飯~

旅行者の朝食  米原万里  文藝春秋

 事の起こりは異形の客ではないかと思う(笑)あの旅館で確かアリスはお櫃が空になる程たいらげた訳で…お櫃…空…どんな食欲なのかと感心したが、翌朝も元気にモーリモリには呆れを通り越してカ・ン・ド・ウ…とスタッカートになってしまう程である(笑)そんなこんなで今回はタイトルに一目ぼれで一読しましたらば、これは?上には上がいるという事なんでしょーか(笑)

 どーゆー本かとゆーと食に対するエッセーなんだと思いまする…ただ著者の方が帰国子女だったり、通訳だったりする関係からグローバルナイズされているんですけど、根本は健啖家と日本人の様な(笑)

 で、タイトルにもなっている旅行者の朝食なのだが、これ何と缶詰の名前(ソビエト製…)ロシア人にも非常に不味くて有名な(何せ、ことわざというか笑い話になる程…)缶詰…ネーミングのセンスも凄い…しかも五種類もあるそーな(牛肉、鶏肉、豚肉、羊肉、魚)で中身はそれらの肉と豆と野菜を一緒に煮込んだ物だそーな…ま栄養バランスは良さそうだけど、朝からこれが出たらアリスならどんな反応を示したのだろーか?とちょっと考えてしまった…いえ、あの好奇心の塊だからどんだけ不味いを強調しても一口は食べそーな気が(笑)

 他にも面白いエピソード満載なのだが、この本が気にいるかどーかは食べるために生きるか?生きるために食べるか?の問いの答えが示しそーな(笑)ちなみに先の戦時に食道楽で知られる大阪師団が最も弱かったとか?えっえっえっえぇー…

|

« まんじゅうならば~ | トップページ | 雪か?沼か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝ご飯~朝ご飯~:

« まんじゅうならば~ | トップページ | 雪か?沼か? »