« てれびてれび(笑) | トップページ | 深読みはなしの方向で… »

2007年8月20日 (月)

つー訳で…

LED ZEPPELIN  デイヴ・ルイス  シンコー・ミュージック

 内容はというとツェッペリン全アルバム(全曲)を振り返るになるんだろーけど、データベースとしても凄いとしかいい様がないのではないか?一曲一曲に解説というか予備知識というか、歴史というか、ファントークというか、何が凄いってそのパワーだろーなー…もーもろにファンが書いた文章なんですけど、この突き抜け感は天晴れっつーか潔すぎて何もいえません(笑)いえ笑い事ではなく、素直に頭が下がりまする、まさにスゲェの世界っ!

 それもそのはずで、著者はツェッペリンのファン雑誌の編集者であり発行者。いわゆるツェッペリンについての第一人者らしいのだ。その筋では大変有名な方らしい…つー訳で今更ですがツェッペリンに興味を抱いた方は一読をおすすめ致しまする~いやもー凄いエネルギーなんだわ、これがっ!

 手に取った動機がアレですので個人的に注目した頁は言わずと知れた天国への階段のとこ(笑)全米のラジオで尤もリクエストの多かった曲らしいのだが、今も記録は破られていないのかしらん?豪ではこの曲だけのカヴァーアルバムが出ているらしいし、いわゆる不朽の名作らしいのだが、プラントとペイジでは評価は違うみたい…いろいろあるのね…てな訳で助教授とアリスではこの曲をどの様に解釈しているか気になるところ?一晩位軽く語れそーで…

 アルバム
『レッド・ツェッペリンⅠ』(1969)
『レッド・ツェッペリンⅡ』(1969)
『レッド・ツェッペリンⅢ』(1970)
『』(1971)(タイトルはメンバーが選択した四つのマーク)
『聖なる館』(1973)
『フィジカル・グラフィティ』(1975)
『プレゼンス』(1976)
『永遠の詩』(1976)
『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』(1979)
『最終楽章/コーダ』(1982)
リマスター・シリーズ
『レッド・ツェッペリン1968-1980』(1990)
『リマスターズ』(1990)
『レッド・ツェッペリン ボックス・セット2』(1993)
『コンプリート・スタジオ・レコーディング(限定版)』(1993)
『BBCライヴ』(1997)
『EARLY DAYS ベスト・オブ・レッド・ツェッペリンVol.1』(1999)
『LATTER DAYS ベスト・オブ・レッド・ツェッペリンVol.2』(2000)

|

« てれびてれび(笑) | トップページ | 深読みはなしの方向で… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つー訳で…:

« てれびてれび(笑) | トップページ | 深読みはなしの方向で… »