« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

そしてバッハ?

J.S.バッハ ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ  K.カシュカシャン&K.ジャレット  ECM

 何つーかバッハ祭りまだまだ開催中(笑)さて、全然知らなかったのですが、バッハの作品って1000曲以上ありながら室内楽は一番少なくて27曲しかないらしい(今のところ/笑)うーん、で、その中の一曲らしいのだ、本作品は…ついでに言うとヴィオラ・ダ・ガンバも今のヴァイオリンやチェロの直接祖先ではなくて六弦とフレットのついた指板を持つ小型のコントラバスみたいなの、らしいのだ(笑)古楽は古楽で難し…

 で、肝心の曲の方は何つーか軽やかな感じなんですけど?ド素人が聴く分には?肩が凝らない感じがまた(笑)そしてこのチェンバロを弾いているのが、あのキース・ジャレットです…まさにクロスオーバーな感じなんでしょーか?

続きを読む "そしてバッハ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

ぱんんんん~

Bigokuro 発酵バタークロワッサン  ビゴの店  \189

 つー訳でクロワッサンを探して三千里企画、この度はビゴさんのとこに~パンの伝道師たるビゴさんとこのクロワッサンは、何とゆーか側はパリポロ、中はしっとり~のノリでございました(笑)まぁでも発酵バターを謳ってるわりにはバター臭くないので、バター嫌いな方でも安心していただける出来ではないか?と…

Bigokurofukuro  サイズも程よい小ぶり感で胃に優しい感じかなぁ~うーん軽井沢での朝食のクロワッサンはどこー?から始まりましたが、このクロワッサンはバター好きの助教授向きか(笑)

続きを読む "ぱんんんん~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

びたみん?

フルーツジュース  荒牧麻子監修  梧桐出版

 何つーかフルーツジュースのレシピ本…のよな?232種も載っているのだ(笑)フルーツジュースというとオレンジ位しか思い浮かばないので、まずはその数に圧倒されたりして…で、そのオレンジジュースも単純にオレンジオンリーを考えていたら、カンパリ、人参、クリームチーズ、牛乳、パイナップル、バナナ、ローズマリー、リンゴ、グレープフルーツ、レモン、ラム酒、トマト、マンゴー、しょうが、ブランデー、ゆで小豆、豆乳などなど多種多彩だったのねー?

 まっ単純にオレンジの種類だけでもバレンシアオレンジ、ブラッドオレンジ、デコポン、ネーブルオレンジなどなどある訳で…オレンジジュース奥が深いかも(笑)

続きを読む "びたみん?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

三匹の子豚のおうちは?

京都の赤レンガ  前久夫・日向進  京都新聞社

 何とゆーか京都というと古い木造建築がいっぱいのイメージなんだけど、これがそーでもないんだよーというのが本書の狙いか(笑)冗談はさておき、京都府内の赤レンガ建築が一同に並んでおりまする~まぁ主だったのはやはり市内なんですけど、明治・大正期の建築物がこんなにあったというか、残っているのも京都だなぁ~つー事でしょーか?マジで60以上の建造物が上げられていて、その一つ一つに写真と解説が載っています。おしむらくは写真が白黒なんでせっかくの赤レンガの色が今ひとつ分からないとこでしょーか?カラーで見たら迫力が違うと思うのよん…どっかで写真集出ているのかなぁ~

 当然ビルだけではなく線路の橋げたとかある訳で、これが景観とあいまって美しいそーな~山の緑の中に赤い橋~

続きを読む "三匹の子豚のおうちは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

もっと光をっ(笑)

巨大望遠鏡時代  野本陽代  岩波書店

 サブタイトルがすばるとそのライバルたちとあるよーに、後半はすばるがメインなんですが前半は望遠鏡史つーか、といってもガリレオからではなくて20世紀からのなんですけど(笑)それでもここ百年の特に戦後の望遠鏡史はそーとー変遷している感じかなぁ~と…より速くではないけど、より遠くへの情熱がどんどんどんどん大きな天文台が欲しいの世界になっていって、資金もなんですけど技術的にどーかという壁にぶち当たって波乱万丈の天文台ってどーよ(笑)

 それにしても世界の主要な天文台が主にチリとハワイとアメリカ西海岸に集中しているとは知らなかった…天体観測するなら空気が澄んでいてしかも周りが暗くて天気が快晴の所がよろしって当たり前だけど、それを組み込める場所というか地域って世界中探してもそれ程多くはないのね…だからすばるもマウナケア山な訳だし(笑)

続きを読む "もっと光をっ(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

そこに山が…

山男にみる生き方の研究  A・アルヴァレズ  新潮社

 何とゆーか、ある登山家の話である。プロではないので史上最高のアマチュア登山家とゆー事になるのかもしれない…何つーかプロの場合成功するか死かみたいなノリらしいので、失敗したら簡単に引き返せる素人を主人公は楽しんでいるよーにも見える。とゆーか、純粋に山登りが好きなんだろなぁ~と…

 いやこの方アルプス、ヒマラヤ、カラコルム、アラスカ、アンデス、パタゴニアと世界中の山登ってるんじゃないの?の世界…趣味でここまでやれば本望つー気が(笑)いっそ天晴れ?本職は登山関係製品の経営者なのだが、どーみてもまず山登りありきの人生(笑)本書の文体も軽いのではないがテンポ良く読めて気がつけは読破していたみたいな?全然登山の事知らない人間でもこーなのだから、その手の趣味のある方ならもっと興味深いと思われまする…相当凄いらしいのだが、比較対象自体がわかってないド素人なもので…

続きを読む "そこに山が…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

それもありか?と…?

Okanokaifukufukuro 大福  岡埜栄泉(虎ノ門)  \242

 うーん何でこれかというと、豆大福って白黒なとこがパンダに似ているよねとゆー母親のありがたい言葉からです(笑)いえ、白黒というとパンダかオセロかサッカーボールかという貧弱なイメージしかなかった人間にとって青天の霹靂…そっかー碁石ファッション奥が深かった…(笑)包装には大福としかありませんが赤えんどう豆入りなので豆大福になるんだと思われます(笑)

Okanodaifuku  でもこちらの豆大福は豆がこれでもかと主張してる風ではなく、あっ豆があったのね、と食べてから気付く感じかなぁ~だから口に入っても違和感がないよーな(笑)

続きを読む "それもありか?と…?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

みずといきもの~

不思議の国の水族館  チェリーハウス

 いわゆる水族館のガイドブックなのだが、サブタイトルに首都圏版とあるよーに関東圏の水族館しか載ってないのだ…とはいえ、水族館…てな訳で八景島とサンシャイン、しながわに葛西、江ノ島に鴨川、油壺に大洗に東京タワーとああなる程のラインナップ(笑)

 でもって、水族館には何がいるのー?のノリに魚がメインとおもいきや、そーだ海獣だったのだな…と今頃気付く今日この頃(泣)イルカやシャチはともかく、ペンギンって動物園にもいるよーな?はて、元は鳥だし(笑)

続きを読む "みずといきもの~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

えび…なのかぁ?

Iseebira 伊勢えび塩ラーメン  ㈱久保田麺業

 とりあえずラーメンなんだと思う?思うは思うが、どこが伊勢えびなのかとゆーと?伊勢海老を常食なんてしてないから、これが伊勢海老といわれたらそっかーと思うのだー位の味覚なので(泣)ただ、甲殻類の味はしました…そーゆー意味では分かるんだけど(笑)

 ついでに言うと塩ラーメンと表記されていますが、これがそんなに塩辛く強調されていないので、塩ラーメンかと言われれば塩かも?位のこれまた味覚でして(泣)薄口醤油味なんですと言われたらそっかもと思うよーな、色加減なんですよ(泣)とにかくキツイお味ではないのでどなたでもおいしくいただけると思うんだが~

続きを読む "えび…なのかぁ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

すわろーっ!

椅子と日本人のからだ  矢田部英正  晶文社

 夕陽丘のソファってどんなかなぁ~なんて軽い気持ちで手に取ったら何か物凄くディープな世界に引き込まれてしまったーってか(笑)えーと、本書は椅子の本です。なんですけど、一筋縄でいくお話ではございません(笑)いえ根本は単純なんですけど、何つーたって座り続けて腰(身体)が痛くならない椅子とは何か?なのだから(笑)

 で、著者の実体験である車の椅子の違い、メーカーによって長時間運転出来るか否かが語られ、ついでよくある人間工学に基づいた椅子で椎間板ヘルニアになったとか、逆に欧州車に買い換えたら腰痛が治ってしまった話などなど、現場って…かくして腰(身体)に負担をかけない椅子って何?

続きを読む "すわろーっ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

飲み物なのか?食べ物なのか(笑)

チョコレートの本  ティータイム・ブックス編集部編  晶文社

 タイトルに偽りなしのチョコの本なんですが、どーゆー本かというと、範囲広すぎて…どこをどー切り取ってもチョコに関係した項目なので、ある意味どっから読んでもオッケーなのか?小説やエッセイからの引用が多用されているので(ブリア・サヴァランからブラットベリやら永井荷風とか他多数…)出典を知っている人も知らない人もそれなりにスゲェと膝をうつ内容構成(笑)チョコに関する歴史とか社会史はもちろんなんですが、それ以上にポスターがまた、チョコのポスター…あるとこにはあるんですねぇ~秀逸なのは森永の戦後のポスターで何と描いている人はあのマチスだったりするんですよぉ~

 つー訳でヨーロッパの中心都市には必ずオペラハウスがあり、その楽屋口には必ず菓子店があったそーな…そんな訳でウィーンの都はオペラ座とデメルで持つという逸話まである始末(笑)

続きを読む "飲み物なのか?食べ物なのか(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

さかななななぁ~

東京・築地五つ星の味、極上の一品  小関敦之(築地王)  東京書籍

 見かけは地味なのに開けてみれば全頁カラーとゆー、何か本の装丁そのものが築地を表しているよーな(笑)世界最大の魚市場とかよく言われているんですけど、何かアレが普通の気がしてピンと来ないよーな(笑)うーん、いつまでも築地であって欲しいけど、世の中そーはいかないんだろーなーなので、市場が移転する前に拝みに行きたいんですが…そんなこんなで手に取った本は、築地市場だけでなく場外、更にその外回り一帯を探索区域にあげております(笑)場内も一つの夢ですが、場外も凄いし、そのまた向こうに綺羅星のごとくあるのじゃーなぁと納得の一冊…

続きを読む "さかななななぁ~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

穏やかでいくらか快活な性質をもち、眠れぬ夜に気分が晴れるような…

ゴルトベルク変奏曲  クリスティアーヌ・ジャコッテ  アルファ・クラシックス

 ゴルちゃん友の会は続くよどこまでも(?)何か月一でゴルトベルク聴いていると、眠気からどんどん離れて行くよーな(笑)楽器の違いか奏者の違いか、いずこの街ももといいずれのCDも皆それぞれに違うんですよん。はて、今回のチェンバロは何か音がとってもはっきりしているよーな気が(?)でテンポがスローに感じるのは、なにつーかタメがあるんですね、気持ち(笑)音が一音一音はっきりしているので聞き取り易いです、あくまで個人的感想ですが…

 うーんそれにしてもこの曲を弾いていたゴルトベルク君は当時14才だったとか、それで弾きこなしていたとは凄いよなぁ~と思いつつ、不眠症の伯爵の為に弾いていた訳で未成年だし夜間だろーし、今だったら労働法にひっかかるのでないかと余計な雑念が(笑)

続きを読む "穏やかでいくらか快活な性質をもち、眠れぬ夜に気分が晴れるような…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

波牟~?

パンと麺と日本人  大塚滋  集英社

 とりあえずトータルして小麦の本という事だろーと思う(笑)奇しくも最後にエピローグとある様に(笑)ええ、エピ=麦、ローグ=言葉なんですよん(笑)で、表題にはパンと麺とありますけど本書の三分の二はパンでして麺については駆け足に近い様な?何せ麺のカテゴリーに素麺、うどん、蕎麦、ラーメン、パスタとあり、おまけにインスタントヌードルまで入れればそりゃ駆け足にならざるを得ないでしょー…

 何とゆーか構えた雰囲気はなく、パンのあり方が平易に並べられていて初心者の人でも分かり易い内容だと思うんですが?文体も重くないし(笑)

続きを読む "波牟~?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

どこかのどこか~

ホテル楽園 世界旅行  三好和義  小学館

 えーと何というかホテル楽園シリーズの第四弾になるみたい?いやーなんつーか本当に奇麗な写真集です~こー見た瞬間に異国情緒というか、旅心をくすぐられる感じで(笑)しょっぱなはイギリスのホテルから始まるんですけど、これがもーまさに不思議の国のアリスの情景の様な(笑)いえ、何つーかイギリスだなぁ~と(笑)庭といいアフタヌーンティーのテーブルといい(笑)オランダでは猫の博物館にも行っているしっ!実は南極のペンギンまでカメラに収めているのだ。スウェーデンの氷のホテルは青の世界だし、柊屋旅館は襖絵までが時代絵巻~なんですけど、個人的に凄い迫力の写真だなぁ~と思ったのはモーリシャスのジ・オベロイ・モーリシャスのプール…自然と人工物の一体感がまるでCGの様だわわわわーっ…

 さてさてフェチとかグルメとか嫌いな助教授らしいので泊まる所もあまり気にしないと思われるんですが、でもその割にホテル・ラフレシアのリゾートとか北陸の蟹旅行とかある訳ですけど(笑)アリスはアリスでこのホテルは○○なんやでーという知識は山の様にありそーな?取材で行ったら楽しいそーだけど、この二人だからなぁ~まぁアリスの場合はただのホテルより、孤島にあるホテルとか文人の定宿だったりするとこに行きそーだけど(笑)

続きを読む "どこかのどこか~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

さけんでみた(笑)

ムンクの時代  三木宮彦  東海大学出版会

 アリスの趣味って(笑)と思ったのは子供の頃から(確か十歳の頃から?)自称ムンクファン…そんな小学生…アーリースーってばてばてば(笑)と読んで思ったのですが、はて今それがどの本だったか思い出せない?長編だったと思うんだけど?済みません、今まで聖典のあちらからこちらからと出していますが記憶に頼って書いていたので、間違っていたら御免なさい!

 初手から情けないのですが、そんなこんなでムンク…ずっと気にはなっていたんですけど、ほらイメージがあの叫びなもので、どーしてもトーシロには近付き難いイメージが先行して(泣)で、手にとったのがこの本なんですけど、何つーかムンクの伝記に近いのかなぁ~でもムンクを全然知らない人でも読みやすいです。

続きを読む "さけんでみた(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

けむけむ?

Harajukukitsuensyo 喫煙所  原宿駅山手線ホーム

 さてさて、喫煙スペースを探し隊絶賛(?)活動中でございます(笑)今回は原宿駅…基本的に原宿駅って一つのホームしかないので探しやすいといえば探しやすいよな?こちらもホームの北側(新宿寄り)にございます。もーホントに端っこなので、そしてご存知の方はお分かりでしょーが、原宿駅の改札って中央(竹下通り)と南側(表参道)にあるので、北側ってほんとに閑散としているの…

Harajukukitsuensyo2_1 吸殻入れ  原宿駅山手線ホーム

 喫煙所なのに禁煙マーク付き…確か禁煙タイムのだと思うんだけど?ここなら助教授も余裕で吸えそうだけど、よく考えたら原宿に助教授?何かとても違和感が(笑)東側は原宿・表参道つーノリだし、西側は明治神宮と体育館だし(笑)

続きを読む "けむけむ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

平和あれ…

J.S.バッハ 13のコラール・プレリュード シュヴァイツアーの芸術第一集  シュヴァイツアー  東芝EMI

 ゴルトベルクで随分とスローテンポに慣らされた気がしていたけれど、何つーかオルガン曲とゆーのか収録されている曲は物凄くゆったりとした流れ…そしてまー荘厳なイメージ…こー自然に有り難やーと頭をたれたくなるよーな~

 さて、今回のオルガニストはあのシュヴァイツァー博士でございまする~ええ、あのノーベル平和賞受賞者のっ。いやもーそれだけで有り難み倍増!何かこー背筋を伸ばして拝聴しないといけない気が…

 さてさてバッハ好きの助教授ですが、こー宗教系のカラーのものも聴かれるのでしょーか?はぁ無心論者の心はどこに?アリスなんかはピアノ曲よりオルガン曲の方が好きそーなイメージが勝手にしてるんですけど?英都って音楽堂あるんでしょーか?うーん学内にパイプオルガンがあったらば、それはそれで凄いんですけど(笑)

続きを読む "平和あれ…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

とりとりどりどり?

カラスの早起き、スズメの寝坊  柴田敏隆  新潮社

 何というか鳥の本です(笑)何せサブタイトルが文化鳥類学のおもしろさですから(笑)なのでタイトル以外の鳥もたくさんでます、モズとか、ツバメや、メジロにジュウシマツ…知ってる鳥もたくさん出てきますけど知らない鳥の方が多いと思うのは読み手に知識が足りないからか(泣)

 一つ一つの鳥たちのエピソードも素直に感心というか楽しいのですが、ここで必読(?)なのはまえがきでしょー(笑)著者は野鳥の会にも携わっていたらしいのだが、なかなか増加しない会員数が探鳥会をバード・ウォッチングと名前を変えた途端に十倍増えたらしいのだ(笑)これはやはり園芸よりガーディニングのノリと似たよーなものなんだろか?つー事でアリスも推理というよりミステリ、作家ではなくライターと紹介した方がうけるかも(笑)

続きを読む "とりとりどりどり?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »