« フランス、イギリス、そしてイタリア? | トップページ | 日本の国の人だもの(笑) »

2007年10月21日 (日)

さくらぁ~さくらぁ~

京都桜百景  橋本健次・中田昭  光村推古書院

 判型がA5判位のサイズなのだが、迫力の写真群である(笑)この倍の大きさの写真集でも良かったんじゃないのと素人は思うが…とにかく奇麗、日本人なら嫌う人はいないんではないかとゆー桜をメインに持ってきて、その上京都ですから、一枚一枚がまさに絵葉書というか、宮廷絵巻とゆーか、まずは見ておくんなまし~

 場所柄、神社仏閣が主なんですが、その他にも大原野とか円山公園とか蹴上インクラインとかあって、山あり川あり池あり、これだけでちょっとした京都観光~更に桜も一つとして同じ色なしとゆーか、ピンクはピンクでも白っぽいのありーの、濃い桃色っぽいのありーの、緑っぽいのありーので、桜色ってと何色と?また枝の張り方がしだれ桜はともかく、天高く伸びているのから横か?下か?どこ行くんだその枝系まで、これまた枝ぶりだけでも一見の価値あり(笑)

 何か京都というと紅葉のイメージが勝手にしているんですけど、桜の頃もこれまた凄いと知りました…晴天の下の写真が多いのは当たり前なんですが、夕闇に浮かぶ桜もあってこれまた幻想的な一葉かと…写真的には月輪寺の最盛期を過ぎた桜とか仁和寺の色味とかが凄いと思うんですけど、どれか一つを選ぶとしたら大いに迷うなぁ~

 アリス的には京都御苑と銀閣寺道の桜かと(笑)多分、二人とも眺めたに違いない桜だと思いまする~

|

« フランス、イギリス、そしてイタリア? | トップページ | 日本の国の人だもの(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

庭園・建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくらぁ~さくらぁ~:

« フランス、イギリス、そしてイタリア? | トップページ | 日本の国の人だもの(笑) »