« でんしゃでごごごー? | トップページ | 世界のお庭から~ »

2007年11月 2日 (金)

コレギウム・ムジクム?

J.S.バッハ 三重、四重協奏曲集  ホグウッド  ポリドール

 何がどーしてこの選曲かというとバッハだからで、何故にといえば助教授が(多分アリスも)好きだから、なんでしょーか(笑)いえ、バッハなら他にも色々有名どころに事欠かないんですけど、まぁチェンバロつながりで(笑)ゴルちゃん友の会としては、チェンバロの響きはこれまた特別なものが(笑)

 で、ライナーノーツを拝読する分にはかなり意欲的な作品らしい。いえ、このホグウッドさんがですよん(笑)一曲目は完全にホグウッドによる復元らしいのだ。まぁバッハ位古くなるとスコアが散逸しているのは結構あるらしいので、こーして復元する事もままあるらしいのだ(笑)ちなみに四曲目に何故にいきなりヴィヴァルディかというとこの曲の編曲として次の四台のチェンバロのための協奏曲があるらしい。

 何とゆーかどの曲も軽いというより軽やかな感じが勝手にして助教授よりアリスに似合いそーな気がこれまた独断と偏見によって下してしまうのですけど…何つーか、助教授ってアリスと猫の前以外は眉間にこー縦皺寄せているイメージが(笑)でもまあヴァイオリンはともかくチェンバロの四重奏は珍しいというより楽器揃えて奏者を揃えるのが大変なんだとか、で必見というか必聴かも(笑)アリスの好奇心をかき立てそーな気がしないでもないんですけど~ 

 収録曲

1.三つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ長調
2.三台のチェンバロのための協奏曲 第二番 ハ長調 BWV.1064
3.三台のチェンバロのための協奏曲 第一番 ニ短調 BWV.1063
4.四つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調 Op3-10(RV.580) ヴィヴァルディ
5.四台のチェンバロのための協奏曲 イ短調 BWV.1065

 エンシェント室内管弦楽団
 指揮 クリストファー・ホグウッド

|

« でんしゃでごごごー? | トップページ | 世界のお庭から~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ELLさん今日は♪先日は書き込みありがとうございました。
今回はバッハですか。アリス好みの音聞いてみたいものです。
チェンバロの音は好きなのですが。CDを探すのをめんどくさがっていたので今回はラッキーでした。ゆっくり聞いてみたです。

投稿: | 2007年11月 3日 (土) 15時12分

> ? 様
多分、evrin 様だと思うのですが、違っていたら御免なさい。
コメント書き込み有難うございます。
個人的にはバッハよりイタリアンバロックの方が馴染み易いのですが、こちらの曲はバッハにしては軽いよーな(?)ノリのよな(笑)
助教授とアリスのおかげで知らない曲も聴くよーになりました。
が、ホントに俄かなので、底が浅いからご参考になるかどーか…ゴルトベルクの違いも分かっていないし…
という訳でこちらこそお薦めありましたら教えて下さいませませっ!

投稿: ELL | 2007年11月 3日 (土) 23時46分

ごめんなさい。記入したつもりでした。
いやいや、自宅にあるのをみたら。
シューベルトやショパンばかりで、バッハが見当たらないです。
面白いのが協会音楽で(ゴスペルでなし)
説明が英語でないらしいし、読めねぇ~!
ですが。音は素晴らしくいい。
パイプオルガンの音もアリスは好きそうだな。絵的には火村が教会に立つという。
だいぶ前の映画ですが、キアヌ=リーブスの「コンスタンティン」という映画のようで(長いよ^^;)カッコいいです。
あっ…バッハの話がそれました。

お詫びに上がったのに書き込み長くてすみません。

投稿: evrin | 2007年11月 5日 (月) 14時43分

>evrin 様
ご丁寧にどもっです!
シューベルトは歌曲が多いのでバリトン聴きたさに見ているのですが、ソプラノはあってもパリトンは少ないよーな気が?
パイプオルガンもいいんですが、教会ごとに音が違うみたいでこれまた奥が深い様な?
英都の教会堂にもあるのだろーか?と、これまた昔から疑問なんですが(笑)
何にしてもパイプオルガンでバッハ、荘厳そーですよね~

投稿: ELL | 2007年11月 6日 (火) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コレギウム・ムジクム?:

« でんしゃでごごごー? | トップページ | 世界のお庭から~ »