« 普段の日常? | トップページ | さいほーじょーどっ »

2007年12月21日 (金)

旅のお供~

旬の駅弁名鑑800  塩入志津子  講談社

 何とゆーかカラフルな本です。駅弁がカラーで並んでいるとこんなにもインパクトがあるのかと感心する事しきり(笑)いやー目がまず驚くとゆーか、とにかく読んで以前に見てと叫びたい位(笑)それにしても日本全国で一体どの位の駅弁があるんでしょーねぇー?この一冊でも凄い数に思えるのに、多分掲載されていない駅弁の方が遥かに多いとなれば、駅弁業界って…

 で、名物駅弁がズラリと並んでいるんですけど、ここではやはり蟹好きに反応して蟹関係をピックアップしてみると、但馬名物かに釜めし(城崎温泉駅)、越前かにめし(福井駅)、かなやのかにめし(長万部駅)、花咲港のかに便り(根室駅)、かに三種味くらべ弁当(札幌駅)、たらば寿司(釧路駅)、城崎のかにずし(城崎温泉駅)、元祖かに寿し(鳥取駅)とあるんですねぇ~是非二人にはカニを求めて駅から駅へと行ってほしい今日この頃(笑)

 後、上げるとすると海奈良で片桐さんが食べていた柿の葉寿司、これも駅弁があって、柿の葉寿司(新大阪駅)と柿の葉寿し(吉野口駅)…柿の葉寿司って大阪でも食べれたんだと(笑)その大阪なんですが結構名物駅弁あるみたいで、浪速の魚菜弁当(新大阪駅)とか大阪寿司(新大阪駅)とか大阪すし(新大阪駅)とか(笑)で、ふと気になったのが京都の駅弁なんですが、残念な事にこの本には載ってないみたい…これは自分で行けという事か(笑)

 とにかく見るとどれもおいしそーでお腹がすいてる時には目に毒かも(笑)それにしてもこの手の本、アリスなら何を選択するんだろーかと、ちょっと思ってみたり(笑)

|

« 普段の日常? | トップページ | さいほーじょーどっ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅のお供~:

« 普段の日常? | トップページ | さいほーじょーどっ »