« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

ちぇんばろろろろ~

J.S.バッハ チェンバロ協奏曲集  ショルンスハイム グレーツナー 新バッハ・コレギウム・ムジクム  徳間ジャパン

 准教授のバッハ好きとアリスのチェンバロ好きに影響されてのCD鑑賞なんですが、こーズラズラっとチェンバロ協奏曲が並ぶとある意味圧巻です(笑)で、バロックにありがちなんですけど(バッハにありがちなのか/?)どっかで聴いた覚えがあるよーな?ないよーな?あるよーな(笑)

 個人的には最初の曲が一番聴きやすいというか、耳に馴染みやすいんですけど、この辺りの好みは准教授とアリスでどう別れるかも見もの(笑)むしろ、一致するかどーかの方がありえるのか(笑)車の中のBGMはどのバッハなんだろ?ホント?

続きを読む "ちぇんばろろろろ~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

住む家とは?

京の町家 次の千年続けます  上田賢一  廣済堂出版

 京都の町家にかかわる人(住む人?)九人の半インタビュー記事がメインなのかなぁ~と…何つーか京都の町家の実情が浮かび上がって、ある意味凄いです…木造住いなので法的な問題があるし(地震とか、火事には木造はあかんという方向性らしいのだ…)、京都的には町家の保存には今一リキ入っていないらしいとか(神社仏閣があるもんねとゆースタンス?)更に住民が減少傾向とゆーネタから、修理するにも大工さんはどこ?の世界だったり、ブームって何だったり、民意とか民度とか、問題が一筋縄ではいかない雰囲気…

 ただ後書きにあるよーに、全員が揃って言うには、素敵ですよ、なのだったりする~ボロくても不便でも暑くても寒くても、それでも凌駕する、いい、があるんだなぁ~と部外者も納得するというか、肌で分かるというか、やっぱ木の家はいいんですよ(笑)はい、日本の国の人だもの、ですので(笑)

続きを読む "住む家とは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

まずはごはん?

箸の上げ下ろし  酒井順子  HHK出版

 いわゆる一つの食のエッセーだと思うのだが、実はこちらあの今日の料理に掲載されていたそーで、そー言われてみればなーるほどというエッセーが50近く並んでおりまする~いわゆる日常の食シーンについてのアレコレ(笑)料理教室とかイボイボしゃもじとかもんじゃ焼きとか~

 何というか着眼点がやはり女性だなぁと納得してそして思わず頷いてしまう内容といおーか(笑)著者の方いわく食べるのは好きでもあまり調理には向かわない辺り(でも月一で料理教室には通ってる/笑)が朝井さんタイプかもと(笑)でも、仕事持っている女性でばりばりスローフード毎日三食作って食べては難しいと思うんだが?マジ実行している人がいたら拝んでしまう~

続きを読む "まずはごはん?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

にくにくにく…

焼肉横丁を行く  辛路地裏探検隊(中山茂大・文 チュ・チュンヨン・写真 水野あきら・イラストレーション)  彩流社

 サブタイトルがコリアン・タウンのディープな歩き方とある様に単なる焼肉の本かと思ったら物凄くディープつーかストロングというかヘヴィというか…多分メインは焼肉というか韓国料理なんですけど、背景にコリアンタウンが浮かび上がってきてなかなかどーして生半可な内容ではございませんっ…ですが文体はとても軽妙、ついでに会話文が主体なのでこー気がつけば読破していたみたいなノリで読めます。うーん、これはこれで凄い本なのではないか?

続きを読む "にくにくにく…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

たいがーたいがー

偉大なる密林の王者 トラ  飯島正広・写真  竹内均・編集  教育社

 一見、写真集のよーであり、でもって図鑑なのかなぁ?という気にさせられる取り合えず最初から最後までとらとらとらです。主にアジア(南)のトラがメインだが、トラってばカスピ海にもいればシベリアにもいるという結構広範囲に分布してるんですよぉ~

 眺めているとお腹の部分にも縞があるのに驚きとゆーか、尻尾にもあるし、全体的に縞々なのねと納得していたら、耳だけが違うと内側は白く外側は黒いんですよん~でその黒の中にポツンと白い点があると(笑)認識班というそーな。だから真後ろから見るとちょっとかわいい?そしてネコ科なのに水好きというか水辺好き、泳ぎも結構得意らしい。うーんトラは奥が深いなぁ~

続きを読む "たいがーたいがー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

らくだのたびおまけ…

Ginzahako 銀座通りの喫煙所

 何とゆーか、銀座です(笑)煙草を吸う人間ではないので、日常でスルーしている事が多いんですが、喫煙所、煙草吸う人にとっては死活問題に等しいかと?で、そんなこんなで世間を見渡したところ、私の知る限りでは一番喫煙スペースがあるのって銀座通りではなかろーかと?

 画像にある吸殻入れがワンブロックごとにあるんですよ、銀座は一丁目から八丁目まである訳で数えた事はないんですけど結構な数あると思うんですけど、それに銀座のお店によっては店頭に喫煙所おいているとこもあったし…わりに銀座は喫煙者に優しい街かもと思いましてのエントリー(笑)

続きを読む "らくだのたびおまけ…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

らくだのたびぱーとせぶん

Akibayamahako 秋葉原 喫煙所
 山手線京浜東北線ホーム

 さて、今は噂の秋葉原~なんですが、秋葉原駅って立体交差の駅なんですよ(笑)つー訳でこちらは山手線、京浜東北線ホームにある喫煙所。どこにあるというとホームの南端…さて秋葉原ってどこというと、山手線でいうと神田と御徒町の間となりまする~

Akibayamaita 秋葉原駅 表示板

 とにかく階段の多い駅ですので、迷い易いんですが?うちの身内は皆迷子になっているが単に方向音痴なだけ?准教授は大丈夫そーだけど、アリスってどーなのかなぁ~

続きを読む "らくだのたびぱーとせぶん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

らくだのたびぱーとしっくすぅ

Shinbashihako 新橋駅 喫煙所

 新橋というとおじさんの駅つー感じがしないでもないんですが(笑)新橋駅の喫煙所はちょっと普通の駅と違ってます(笑)何がというと、位置が。3-4番線が南、5-6番線が北でございます~普通、たいていの駅はホームの片側に揃ってある場合が多いんですけど、新橋は上下線で位置が真反対なんですねぇ~

続きを読む "らくだのたびぱーとしっくすぅ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

らくだのたびぱーとふぁぃぶぅー

Urakuchohako 有楽町駅 喫煙所

 会うなら有楽町でしょーとか(笑)何故の前に有楽町の喫煙所はホームの北の端にあります~で、有楽町…どこかというと東京駅の隣、というか下、山手線京浜東北線で一駅目にあります~どちらかというと銀座のまん前と行った方が分かり易いんでしょーか?

続きを読む "らくだのたびぱーとふぁぃぶぅー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

らくだのたびぱーとふぉー

Tokyo78hakoTokyo910hako 東京駅 東海道線 喫煙所
 ←7-8番線ホーム、→9-10番線ホーム

 中央線つながりで、始発駅の東京駅…山手線、京浜東北線の喫煙所は前に出した事があるので、今回は東海道線ホームの喫煙所でございます~一応ホームの北の端にありまする。

 中央線のホームには喫煙所はないので、あとあるのは新幹線ホームかなぁ~地下にあるホームはどーなんだろーと思いつつ…また次回に(あるのか?/笑)

続きを読む "らくだのたびぱーとふぉー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

らくだのたびぱーとすりー

Kandahako 神田駅 喫煙所

 さてさて中央線つながりで神田駅となった訳であるが、その前に四谷の次なら御茶ノ水だろーとゆー声が聞こえてきそーだが(神田駅は中央線でいうと御茶ノ水と東京の間)何と、御茶ノ水駅のホームには喫煙所がないんでございますよ、奥さんっ(誰?)

 准教授とアリスの使用頻度から言ったら、御茶ノ水駅都内の駅でベストワンではないかと思うんだが、待ち合わせをするには厳しい環境だったのね…つー事でお隣の神田駅に赴いた訳だ(?)ったりする?

続きを読む "らくだのたびぱーとすりー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

らくだのたびぱーとつー

Yothuyahako 四ッ谷駅 喫煙所

中央線つながりで四ッ谷駅でございます。一応中央線で東京駅から三個目の駅ですね(御茶ノ水と新宿の間)ホームの東の端にあります。寂しい佇まいですが、何故か四ッ谷駅カラスがフレンドリーです(笑)それも何故かレールにすずなり…電車がきたら轢かれるのではないかと思ったら、列車が近付くとちゃんと避難するんですよ、近くの標識に(笑)電車が行くとまたレールに降りてくる…そんなにレールが好きなんだろーか?

続きを読む "らくだのたびぱーとつー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

らくだのたびぱーとわん

Kitijojihako 吉祥寺駅 喫煙所

 今週はというかこれからしばらく喫煙所友の会とゆー事で、新年初っ端は、片桐さんがお住いなので有名な(?)吉祥寺駅でございます~

 で、その前に吉祥寺駅とはどこやねんの方の為に(?)というと大げさですが、えーと東京駅からだと中央線で二十分位のところ(多分三十分はかからないと思うんだが?)ぎりぎり23区外という武蔵野にございます(笑)

続きを読む "らくだのたびぱーとわん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

なーるほろ~

京都のナゾ?意外な真実!  八幡和郎&CDI  日本実業出版社

 えーと一応枕詞に京都人も本当は知らないとあるんですが(笑)京都からみのネタが107個ずらずらずらと並びまする~一項目に見開き二ページという構成で分かり易さを前面に出しているんだと思う、シンプルだし、おべんきょにもなるし、例えば北白川も含まれる左京区は八割方が実は森林地区とか、京都の難解地名とか、京都弁とは言ってはいけないとか(じゃ何ていうかというと京言葉というそーな…)人口の一割は学生とか、京都のデートコースは北山通りらしいとか(笑)北白川、下鴨、衣笠、深草辺りが京都の高級住宅街らしいとかとか…

 つー訳でトータルして京都人とパリジャン(パリジェンヌ?)におすすめします(笑)ニューヨーカーにおすすめしません(笑)東京人は多分大丈夫じゃないかと(笑)著者の方も九割方京都人らしいし、すこーんとクリアに京都してます(笑)

続きを読む "なーるほろ~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

一本なのか?一柱なのか?

木霊狩り  荒俣宏  安井仁・写真  文芸春秋

 何の本かというと、木の本なんです。で、これがただの木ではなく大木というか、老木というか、ご神木を探して日本全国行きますーっのノリか?ご神木というと神社の境内にあって、何とゆーかトトロに出てきた木みたいなイメージが勝手にあったんですけど、どっちかつーともののけ姫の世界?古い木というのはいわく因縁が並じゃなかったんですよ…

 なんたって百年二百年昔、縄文杉に至っては千年以上の昔、時間の流れが違うんですねぇ~ついでに言うと歴史を知らないとこれまたの世界で、たかが木一本なんですけどこれが深い…一人で行ったら帰ってこれない雰囲気満載…

続きを読む "一本なのか?一柱なのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

みくろこすもす~

本棚が見たい!  文・川本武 写真・津藤文生/大橋弘  ダイヤモンド社

 自分家の本棚の貧弱さを眺めてはいつか王子様が、もといいつか物凄くなくてもいいから人並みのラインナップをと願っている小市民にとって、他人様の本棚というか書架というか蔵書というか書斎というかはとーっても気になる存在なのだ(笑)つー訳で、そんなミーハー好奇心をくすぐる本が、あったりして(笑)

 書棚を眺めているだけで、うーんと唸るというか?ぷぷっと笑うか?こりゃ凄ぇと膝を叩くか?でもどの方の書斎も(自称少ないとゆー方も/笑)一番の心配は地震だと思う(笑)でもって共通しているとこはちゃんと使っているところ(笑)奇麗とか重厚とか荘厳つー絵に描いたよーな書斎って実際他にあるんだろーけど、そりはたいていどっかの重役宅でまず使用形跡なしなんですね、実用ではないと(これは奥様向けで言うところの台所…実用・使用しているキッチンとただ美しーキッチンの違いは一目で分かるんですよん…)つー訳で、読んでない本も死蔵されている訳ではないんですねぇ~

続きを読む "みくろこすもす~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

音と音と音~

グレン・グールドをめぐる32章  グールド  ソニー

 えーとこれはフランソワ・ジラール監督によるグレン・グールドをめぐる32章(1993年/カナダ)のオリジナル・サウンド・トラック盤だそーですが、映画の方は見てないので何とも…CDの方は全てグールド演奏ですから、ですから、ええ凄いとしかいいよーがないんですけど、でもこれだけの曲数なんで、長さにしたら30秒位の短いのもありまして、でもそこはグールドなんで聴けば、ああのノリなんでございますよん(笑)

 で、やはりというかしょっぱながあのゴルトベルクなんでして、途中でも一曲入っていますが、何つーかこれが通奏低音の如くというか、耳を離れないんですねぇ~32章のこの分類もゴルトベルクのアリア+変奏曲(30)+アリアからきているそーなので、この流れでいってみよーのノリか(笑)

 うーん、ミーハー的には准教授とアリスは映画みたのかなぁ~と思いを馳せつつ、惑星探査機ヴォィジャーにもグールドの演奏が録音・搭載されているそーな~うーん、ゴルトベルクなのかしらかしらかしら…

続きを読む "音と音と音~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

ほしにねがいを~

宇宙美術館  中富信夫編著  朝日出版社

 これは一つの写真集だと思うのですけど、スケールが大っきーわーのノリか(笑)でカメラが宇宙望遠鏡…したがって対象は宇宙つー事に(笑)一応、六つの章に分かれていて、宇宙遊泳(と地球?)、地球、太陽系の星々、銀河、スペースシャトルのよーな?まずは見て奇麗というか、地球は青かったんですよっ!何か船外活動中ってCGみたいなんですけど、これが本当なんですよねぇ~青い海と白い雲の地球をバックに漂っている宇宙服というか宇宙飛行士…いや、凄いっ!

 太陽系の星も何つーかリアルなんですけど小惑星のクレーターまでボコボコ見えるし、スペースシャトルの宇宙での活動も凄ぇの一言なんですけど、一番の圧巻は銀河の部だと思うんですよ…これが宇宙?なのか?という何じゃそりゃな映像がズラっと!ホタルかと思ったらそれが銀河って…それはどの位のスケールなのか(笑)

続きを読む "ほしにねがいを~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

更新履歴2008

 十二月

本年も大変お世話になりました!  (ご挨拶)
今宵、H3号室で(笑)  (『ポパーとウィトゲンシュタインとのあいだで交わされた世上名高い10分間の大激論の謎』 デヴィッド・エドモンズ&ジョン・エーディナウ)
西の果て?  (『モロッコへ行こう』 池田あきこ)
まごころ?  (灰皿 明治神宮北門)
おうちわいん~  (『名ソムリエの、ふだんワイン』 柳忠之)
すぱげってぃー?  (『大人のパスタ』 萩原雅彦)
砂も夜も超えてってぇー(笑)  (ベスト・オブ・シネマ&ドラマ・クラシック)
あーくとふぁいるず~  (『リンダ・マリンズのアンティークテディベア』 リンダ・マリンズ)
ブドウ糖はエタノールと二酸化炭素の夢を見るか(笑)  (『シャンパン 泡の科学』 ジェラール・リジェ=ベレール)
むかしむかしあるところに(笑)  (クロワッサン ルヴァン)
はぴくり~  (ウィンダム・ヒル・クリスマス・キャロル・コレクション)
紐育へ行きたいかぁー(笑)  (『ゆき姐のニューヨーク裏うら散歩』 文・写真 兵藤ゆき)
きいろとしろと~  (『たまご博物館』 高木伸一)
えきはどこ?  (代々木上原駅)
こころがまえ?  (『英国流素敵なネコの飼いかた』 アンジェラ・ゲア)
むばんそー  (バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ キュッヒル)
ぴかぴか?  (『天然石・ジュエリー事典』 中央宝石研究所監修)
住宅街の中の中?  (パン・オ・ノア カタネ・ベーカリー)
あるこーあるこー  (『和菓子で楽しむ東京散歩』 安井健治)
手にとってみて?  (『ライカのしくみ』 中山蛙 佐藤隆俊)
ぼおいずびいあんびしゃす?  (『料理革命』 エルヴェ・ティス ピエール・ガニュール)
うさぎがおいしい?  (『日本全国ふるさとアンテナショップめぐり』 ふるさとグルメ食い倒れ編)
どよーでもないのに?  (『東京五つ星の鰻と天麩羅』 見田盛夫)
りべるたすでけむべるす?  (『サンタクロースの秘密』 クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一)

続きを読む "更新履歴2008"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!

 昨年は大変お世話になりました!

続きを読む "あけましておめでとうございます!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »