« うーむ…これは(笑) | トップページ | まつりだまつりだーっ »

2008年2月 9日 (土)

赤いの青いの黄色いの~

カクテル・レシピ500  若松誠志・監修  成美堂出版

 本というより雑誌なのだが、ついでに言うとちょっくら古いのだけど、ド素人には流行に入る前にスタンダードが分かっていませんから…取り合えず奇麗だなーの勢いでめくったりして(笑)数あるお酒の中でもカクテルってやっぱり違うとゆーか、本当にカラフルなんですよね、こーゆーところは素人にも分かりやすくて有り難いつーか(笑)見ていて楽しいというか~

 雑誌の構成としては有名バーテンダーの方が作るスタンダードカクテルとか、ジンとは何ぞやとか、カクテルコンペとか、パリのカクテル事情とか、色々出ているんですけど、やはり表題に偽りなしのカクテルレシピというよりカクテルの写真がズラリと並ぶと圧巻でございすまる~勿論カラーでございますよん(笑)

 何でカクテルかというとわりにアリスってカクテル飲んでいるよーなイメージがあって、46番目ではカカオフィズ(カカオリキュール+レモンジュース+砂糖+ソーダ)を飲んでいるし、ホテル・ラフレシアではフローズン・ブルー・マルガリータ(テキーラ+ブルー・キュラソー+レモンジュース+砂糖+クラッシュドアイス)とストロベリー・ダイキリとテキーラ・サンライズ(テキーラ+オレンジジュース+グレナデンシロップ)を飲んでいたよーな?(済みません、五百もあってもストロベリー・ダイキリのレシピはなかったのでございます…ちなみにただのダイキリはホワイトラムとライムジュースと砂糖から作られる白っぽいカクテルです。えーと分量については本見て、ご自身の舌でドゾ/笑)

 で、気付いたのはカクテルって甘い?アルコールが主流としても砂糖とかシロップとか入っている訳で…うーん、日頃アリスは准教授の事を甘党だと言っているみたいだけど、ドリンク系に関してはアリスの方が甘党のよーな?ソフトドリンクもジュース系オッケーだし(笑)

 そして今回も萌えポイントなんですが、キャロルとかワード・エイトとか楽しいネーミングのカクテルあるんですけど、一押しはミステリー・サークル(タンカレードライジン+グランマニエコルドンルージュ+フレッシュレモンジュース+フレッシュパイナップルジュース+蜂蜜)とゆーカクテルコンペで京都は都ホテルのバーテンダーの方が発表したカクテルだそーっ。色味は奇麗な黄色でしかも上に金箔浮かべるそーなんですが?やっぱ京都にはミステリーが似合うのか(笑)

|

« うーむ…これは(笑) | トップページ | まつりだまつりだーっ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

飲物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤いの青いの黄色いの~:

« うーむ…これは(笑) | トップページ | まつりだまつりだーっ »