« そこはてんのじ? | トップページ | まずはメガホン? »

2008年3月 6日 (木)

色々?いろいろ~

自然の中の光と色  桜井邦明  中央公論社

 サブタイトルに昼の月はなぜ白いとありますよーに自然の光として太陽と月の光を中心にして視覚で捉えるアレやコレみたいなノリのよな?えーと、真面目な光学(物理学)の本ですが、決して硬い本ではなくむしろ一般の初心者対象といった感じ、文章も平易で光に対する種明かしがこれでもかこれでもかと並んでおりまする~

 光というと何だかなぁ~ですけど、空は何故青いのーとか、水の中の光は屈折してるとか、太陽は赤いのーとか何気に小学生レベルの話のよーで、じゃどーなんだというと、えええええの世界だったりして(笑)ちなみに太陽が赤いとイメージしているのは日本人(だけ?)らしくて、欧米では黄色なんですね。太陽がいっぱいってか(笑)

 自然の見え方としては四角い太陽とか、緑の太陽とかもある訳でそれは説明されてもホーの世界…月の光も大きさもなる程だし、ついでは宇宙の星星もにいってしまったりして…だからアインシュタインは正しかったとか(笑)

 まあ、萌えポイントとしては何故に夕陽は赤いのかぁ~の解が得られただけでも良しとゆー事で(笑)

|

« そこはてんのじ? | トップページ | まずはメガホン? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

理系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色々?いろいろ~:

« そこはてんのじ? | トップページ | まずはメガホン? »