« 街の通りの~ | トップページ | 筆舌に尽くし… »

2008年3月13日 (木)

きっちゃてん(笑)

琥珀色の記憶  奥原哲志  河出書房新社

 サブタイトルに時代を彩った喫茶店とあるように主に戦後の昭和の喫茶店のガイドブックというかレポートというかノスタルジーつーか(笑)戦後に青春期(というと青い気にさせられるが/笑)を過ごした方々には物凄く懐かしい名店がズラリと並んでいるらしい…つーのも昭和三十年代の新宿の喫茶店事情となると、もしかして還暦過ぎていらっさる方々なのだろーか?と…

 なので青蛾、風月堂、らんぶる(クラシック)、スカラ座(クラシック)、DIG(ジャズ)、すヾや(民芸)、武蔵野茶廊(純喫茶)、早稲田文庫(学生街/早大前)などなど、ご存知の方には今更なラインナップらしいが、今でも営業している店は少ないのが何とも、時代かなぁ~とゆー訳でだから新宿歴史博物館でのイベントからこの本も派生しているみたい…

 これらの喫茶店はその当時の文化サロンみたいな趣もあって、ある種アカデミックというか前衛的というか…だったらしいのだ。常連の顔ぶれもこれまた凄いので、日本の芸術文化史の側面も~

 さてさすがにアリスからみるとその往時はともかく、でもカフェ派というより喫茶店派のよーな?どっかで自分家で作ったサンドウィッチを喫茶店風と称してた位だし(笑)名物喫茶店にも例の好奇心から行ってそーだが、どかどかどかなぁーと(笑)

|

« 街の通りの~ | トップページ | 筆舌に尽くし… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

珈琲・紅茶etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きっちゃてん(笑):

« 街の通りの~ | トップページ | 筆舌に尽くし… »