« せんろはつづく? | トップページ | ぷらいすれす(笑) »

2008年4月28日 (月)

片手に伝統、片手に発展

ベスト・オブ・パコ・デ・ルシア  パコ・デ・ルシア  フィリップス

 片桐さんの神様、パコ・デ・ルシアのベスト盤(らしい…)リアルに追っかけてないので、どれがどこからなのかさっぱりという情けなさなんですけど、内訳をみたらこの方が多彩なのが分かるというか、曲目のジャンルがこれ一枚にジャズとロックとクラシックが入っているんですよぉ~で、ランダムに並んでいるのですけど、全然違和感がないのはオサスガなのか?(一応、1,6,9,12,14曲目がロック、2,4,7,11,15,16曲目がジャズ、3,5,8,10,13曲目がクラシック)

 フラメンコ・ギターつーのもあって、何とゆーか期待通りと期待を裏切っているのが相半ばする感じといおーか?何つーか二十年の歩みだそーで、自然と重みを増す気が…やはりここは一家言あるであろー片桐さんに解説お願いしたいなぁ~

 収録曲

1.入江にて
2.祭りの日のショール
3.即興のルンバ
4.私の霊感
5.メンティデーロのティエントス
6.二筋の川
7.湧く泉、ゆたかな流れ
8.アルモライマ
9.エル・ガトの洞窟
10.小高い広場
12.火祭りの踊り
13.カストロ・マリン
14.塩の修道院
15.ラ・バローサ
16.さとうきびのルンバ

 パコ・テ゜・ルシア ギター

 (参照 くろいとり~ (シルヤブ))
 (参照 音楽はギター? (炎のギタリスト))
 (参照 パコと言ったら(笑) (スーパー・ギター・トリオ))

|

« せんろはつづく? | トップページ | ぷらいすれす(笑) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片手に伝統、片手に発展:

« せんろはつづく? | トップページ | ぷらいすれす(笑) »