« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

ふがふがふうが~

J.S.バッハ オルガン作品全集1(BWV.531-536,538)  ヴァルヒャ  アルヒィーフ

 バッハ、オルガン曲とゆー事なんですが、本当にバッハが書いたんかいなとゆーのと、オルガン曲なのかとか、さすが古典、どーなんだろーの余地はたくさんあるみたい…ついでに言うとオルガン曲も二つに分けられるそーで、一つはコラール旋律が入っているオルガン・コラール、も一つがコラール旋律を使わない自由曲となるらしい。うんでもって、ここに収められている曲はどれも自由曲なんだそな…

 技術的にはBWV532は相当難曲らしいのだが、トーシローが聴く分には何だかなぁでどちらかというと勢いつーかでBWV534に圧倒されるんだけど、これはオルガンの違いかしら…何となくオルガン曲にしては軽い感じでアリス的かなぁ~全体的に…いえ、どーも准教授つーとグールド的な音のイメージが勝手にあって(笑)

続きを読む "ふがふがふうが~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

地下でけむけむ(笑)

Marunouchikitasa 丸の内地下道内の喫煙所  東京駅

 正式な名称が分からないのですが、丸の内地下道の北側にガラス箱ならぬ温室もとい喫煙所がございます~喫煙スペースとしては広いんじゃないんでしょーか?教室サイズ?隣にちょっとした広場とゆーか待ち合わせスペース(止まり木もどきがある/笑)があって、その隣とゆーか前に丸の内線の改札があるよーな?(誤解がないよーに付け加えますとこちらの喫煙所はホームではなくて改札の外(一般地下道)にあるんです…)

続きを読む "地下でけむけむ(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

しちゅーどてぃー?

紅茶の事典  成美堂出版

 基本の淹れ方からアレンジメントティーの楽しみまで、とあるのですが、何とゆーか初心者ならばこれ一冊で紅茶に関しては事足りる内容ではないかと…とゆーのも、紅茶の淹れ方に、茶葉や種類や生産地にブレンド、水にポットに保管の仕方、お店選びにティーフードのレシピまで、ついでに歴史に世界の紅茶、成分から効用、紅茶カタログにテーブルウェアのカタログまで最後まで走りきっている感じ(笑)

 全ページほぼカラーだし、コンパクトにまとまっているし、レイアウトもすっきりしていると思うのだがどーだろー?普通っぽいのか尖がっているのかちょっと考えちゃうけど、まぁそれも良しつー事で、個人的にはこの日本で手に入るティーカタログに感動しましたが(笑)だって、アーマッドティー、ウィタード、ウェッジウッド、えいこく屋、エディアール、カレルチャペック、神戸紅茶、シャンティ、ダルマイヤー、茶の愉、伊藤園ティガーデン、ティージュ、ティーブティック、テイラーズオブハロゲイト、テトレー、ディンブラ、トワイニング、日東紅茶、ハロッズ、東インド会社、フォション、フォートナムアンドメイソン、プリミアスティー、ブルックボンド、マユールティー、マリアージュフレール、ムジカティー、メルローズ、リーフル、リプトン、ル・パレデテ、ルピシア、ロイヤルコペンハーゲンティー、ロイヤルドルトン、ロウレイズティー、ロンネフェルトですよぉーっ!でもまだありそーな気がするのは気のせい?

続きを読む "しちゅーどてぃー?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

おみやをひとつ…

京都おみやげ手帖  光村推古書院編集部  光村推古書院

 単純に京都のおみやげ一覧でーすっ(笑)食べ物も多いんですが、小物もあるし、カテゴリーが限りなく増えそうなので、京都で一括してしまいました(笑)全ページカラーなのでとても奇麗というか、かわいい本です。一つのアイテムを見開きでドバンとゆーノリではなくて、あれもこれもと細々と載せてくれているので、ある種カスミソウの花束(?)のよーな構成(笑)京のちりめんから菓子から石鹸から調味料からお香やら、目移りするラインナップです(笑)

続きを読む "おみやをひとつ…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

お庭でお茶を~

庭園式紅茶の楽しみかた  石井理恵子 イラスト・二木志乃  アリアドネ企画

 庭園とあるのだけど総じて紅茶の一通りの本のよな?まずは淹れ方から始まってスリランカ大使館の紅茶セミナーを受けるとか、茶葉からグッズから気軽に楽しもうがコンセプトなのかなぁ~全体的に肩の凝らないつくりなので、そーゆー印象になってしまうのか?

 で、タイトル通り庭園でお茶をなんですが、こちらは英国庭園での喫茶室が紹介されています。リージェントパークのローズガーデンとか、ケンジントンパークのオランジェリーとか、キューガーデンのNEWENSとか、さすがイギリス庭園にティールーム有りなんですねぇ~年の一時期だけ開放されるプライベートガーデンなんかでもお茶がいただけるみたいだし(笑)何といってもガーデンツアーつーのが全国区で組まれているらしい。はとバスのよーに行ける訳ですよ、マナーガーデンなんかに~

続きを読む "お庭でお茶を~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

ぐるぐるぐる~

焼酎ぐるぐる  太田垣晴子  ワニブックス

 何の本かというと、タイトル通り焼酎の本、それも焼酎を求めて九州へ旅立つというか九州周遊コース?著者は焼酎の専門家ではないと断りながらも、酒に対してはなみなみならぬ情熱をもっていらっしゃる模様(笑)友人と女二人旅(取材?)を満喫しているのが良く分かる感じかなぁ?

 まずは焼酎の軽い説明があるのだが、毎度言ってますけど下戸なんで日本酒と焼酎の違いが分からない…てっきり日本酒は米だけで造る~焼酎は米もあるけどそれ以外の雑穀やら芋で造る~酒とか勘違いしていたし(泣)焼酎って蒸留酒だったんですね…つー訳でシロートにも分かり易い説明で有り難いです絵入りというか図入りというか視覚で分かり易いし、まぁ全体がコミックというか絵と文のコラボっぽい創りだし(笑)

続きを読む "ぐるぐるぐる~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

三角、俵、それとも…

おむすびころりん  雅姫  集英社

 いわゆる一つのおにぎりについてのレシピ本なのだろーか?一応、メインはおむすびカタログベスト40なんだろーけど(笑)後はおむすびホームパーティのレシピとおむすびエッセイが少しある構成…おむすびカタログはいわゆる普通のおむすびもあるにはあるんですが、ミートボールのおにぎりとか、ゆでウィンナーのおにぎりとか、昔ながらというより現代的アレンジをきかせた感じかなぁ?後、から揚げのおにぎりなんてのもあるし(笑)

 おむすびのある食卓とゆーかのホームパーティも肩肘張った感じではなくて、どちらかというと家庭的なニュアンスに近いよーな?特に目をひいたのはオクラと山芋のめんつゆサラダとざるそばとおむすびと薬味という組み合わせ…おむすびとざるそばって一緒に食べるものだったのだと今更におろろいたとゆーか?これはいわゆる一つの半チャンラーメンのノリなのか?

続きを読む "三角、俵、それとも…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

駅前駅前?

Yaesubookc 八重洲ブックセンター  東京八重洲口前

 海奈良でアリスが立ち読みしていた本屋さん~(笑)つー事で東京駅は八重洲口前つーか、斜め前にある八重洲ブックセンターなんですが(笑)なんつーか大きい書店さんなんでしょーけど、あんまりでかいつー気にさせられないつーか、こー普通に本屋さんだなぁの雰囲気つーか(笑)一応、地下一階から八階まで本がズラーっと並んでいるんですけど、ねねね(笑)

Yaesubookc2  で、ペンギンの写真集は八階にあるんですがこちらの本屋さん、四階までしかエスカレーターがついてないんですよん…つー訳で最初から奥にあるエレベーターで一気に八階まで行った方が楽です(笑)一応、一階には茶店もあるので待ち合わせにどーだろーってか(笑)ついでと言っては何だがミステリのハードカバーも一階だったりして(文庫は五階/笑)営業時間は夜は九時(日曜日は八時)までだとか?新大阪行きの最終って何時なんだろ?その前に間に合う?

続きを読む "駅前駅前?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

台を桜で(笑)

休日の蕎麦と温泉めぐり  そば道楽の会  幹書房

 手に取るまでは温泉本なのかなぁ?と思っていましたら、実は蕎麦の方がメインだったりして(笑)いわゆる一つの蕎麦屋さんガイド本のよーです(笑)それも表題にある通り埼玉、茨城、栃木、群馬の蕎麦屋さんの本。地元の温泉も出てきますが、相当ページ数比は約7:1で蕎麦に軍配があがるよな?まぁ著者名からして蕎麦ですよねぇ~だから、この本は温泉行って蕎麦食べよーではなくて、蕎麦食いに行って温泉にもどぞみたいなノリ?のよーな(笑)

 蕎麦屋さんガイドが充実してますので、そちらの地域にお行きの方にはとても参考になるのではないかと思いまする~まーこれらの県が蕎麦どころという事もあるんでしょーが、蕎麦屋さんてあるところにはあるんだなぁ~と感心するというか、感動するというか、蕎麦ってこんなに種類あったんだと(笑)

続きを読む "台を桜で(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

必ずどこかで?

どこかで聴いたクラシック-安らぎのメロディ-  

 ゴルトベルクを求めてどこまでも(笑)で、安らぎのメロディである~そー言えば不眠症の為の曲なんだから、安らぎだよねぇ~なんつーか私的にゴルトベルクの基準があのグールドなんで、シャカシャカなイメージで勝手に思っていて、安らぎといってピンと来なかったなんてとても言えない(笑)

 さて、本CDには一度は聴いた事がある有名曲が一同に並んでおりまする~どれ聴いてもああコレと膝を打つ名曲がズラリ…ゴルちゃんも有名だったのだなぁ~と(笑)さて、こちらのアリアは一音一音切ってあるみたいな感じかなぁ?しかも裏打ちの一拍ためて行くみたいな?まぁド素人の耳なのでアテになりませんが(笑)そして繊細とゆーか、華奢な感じで流れてゆくんですよぉ~

続きを読む "必ずどこかで?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

うつるんです(笑)

カメラの雑学図鑑  豊田堅二  日本実業出版社

 何の本かというとカメラの本です。それもカメラ単体の。サブタイトルがパトローネのへそはなぜあるの?という様にカメラの細部にまで突っ込んだ内容(笑)ちなみにパトローネのへそとはフィルムを巻いているスプールの事なんだそー、で片方が出っ張っているそーでそれがへそなのだとか…

 つー訳でカメラの戦後史のよな?カメラ自身も並ぶのですが、それに伴うアクセサリーとか、上記の様に構造というか名称というかも出ていてこれ一冊で戦後のカメラの移り変わりはクリアできそー?見開き二頁で一つのトピックスを扱うみたいな構成で、写真も多いし初心者にも分かり易い内容だと思いまする~

続きを読む "うつるんです(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

回る回る回るるるるぅ~

回転スシ世界一周  玉村豊男  世界文化社

 まずは寿司の本である。それも回転寿司の本である。更に国内の話ではなくて海外の回転寿司についての本である…でもって日本食ブームって本当というかある程度浸透しているのは確かなんだろーなーつーか(笑)寿司はもー国際食なんだろーか?とか(笑)

 つー訳で、著者はパリに飛び、ロンドンに行き、アムステルダムに走り、ニューヨークに向かい、ロスにたどり着く…見てる(読んでる)分には都市に回転寿司ありなんだろーか?と素朴な疑問が(笑)素朴な疑問といえば、何でわざわざ外国まで行って回転寿司食わなきゃならんのじゃーと外国の寿司っておいしいの?というのが普通の日本人の反応らしい。そこで著者いわく『うまいまずいの問題ではない。日本文化の受容の問題なのである』なるほろー食は文化、回転寿司も文化、れっつごーなんである(笑)

続きを読む "回る回る回るるるるぅ~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

てづくりでいこー(笑)

カレーをつくろう!  栗山真由美  池田書店

 何の本かというとレシピ本なんだと思う…それも本格カレーとカレー味の(笑)どの位本格的かというと、まず米の炊き方が見開き二ページに渡って解説されています…でもってここではダシにあたるチキンスープの作り方にいきます…でここまでが前振り(笑)この後、カレーの作り方に行くんですが手順の初っ端がカレー粉をつくるでしてまずはコリアンダーと黒こしょうとクミンシードとマスタードシードとローリエとドライジンジャーとターメリックとチリパウダーetc.を炒める事から始まります(笑)さすが本格派(笑)

 で、まずは基本のチキンカレーをつくろうなんですが、写真も豊富なので非常に分かり易いです。これは多分初心者の方も考慮してのつくりだろーと(笑)ででで、カレーのレシピだけでなく、カレー風味のお料理についても、ついでといっては何ですがカレーのサイドメニューとゆーか付け合せのレシピも載っております。例えばれんこんのカレーきんぴらとか、カレー肉じゃがとか、トートマンプラー(タイ風さつまあげ)とか、カレーパンとか、サモサとか、タンドリーチキンとか、カレービーフンとか、きのこのカレーチーズリゾットとか、ラッシーとか、ターメリックライスとか、チャパティとか、トマトチャツネとかとか(笑)

続きを読む "てづくりでいこー(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

くるくるくるみ?

Suminoekurumi くるみパン  墨繪  \250

 さて、マレーのくるみパンを求めて三千里企画なんですが(笑)何とゆーか今回のパンはくせがないくるみパン(笑)外カリ中フワつーかどっちかとゆーと中身は柔らかいんですけどしっかりめでございます。だからちゃんと食感がある~うんでもって、個人的にはこのパンはこの外側が美味いのだー(笑)あくまで好みの問題ですが(笑)

続きを読む "くるくるくるみ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

みっくすさんど?

Minsand ハムと玉子サンド  みんなのぱんや  \300

 何とゆーかダリ繭のハムと卵のサンドウィッチの攻防を思うと…笑うしかありませんが~大の殿方二人してサンドウィッチの取り合い…いやーもーその場で見学したかったです(笑)そーゆー訳でハムサンドばかり食う男認定の准教授ですが(その後ラフレシアでアリスのハム好きが判明する訳で/笑)二人の間での玉子サンドの行方が気になる今日この頃…そんな中(?)コレですよ…分けて食べるなら合わせてみればいいじゃない?なのか(笑)ハムと玉子と胡瓜のサンドウィッチ…時代はこれか(笑)

続きを読む "みっくすさんど?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

二日遅れの…

Rafulekali きのこのキーマカレーパン  Boulangerie Le Frais  \210

 そー言えばおとといは五月七日…カレー記念日でございました…このブログ的には絶対に忘れてはいけない日が幾つかございますが、その筆頭がこの日かと…忘れないよーにすると忘れるとゆーていたらくで、思うにカレーカレーカレーで一番お手軽なのがカレーパンだったのでございますぅぅぅぅ(号泣)逃げに走った自覚はあります(泣)そんなこんなで咄嗟に手にとったのは銀座の路地裏つかルフレさんでの事でしたぁ(笑)

Rafulekalihalf  はて、きのこのとネーミングにありますがきのこ…入っているには入っているんでしょーけど個体を認識できませんでした…なにぶん味音痴なものでキーマカレーと言われても多分、これが、きっと…とゆー情けなさ…カレー的辛さはそんなに辛くなくて個人的には有り難かったのですが(笑)上にちょびっとチーズがのってます(溶けてるというか、焼けてるけど/笑)大きさもちょびっと小ぶりでこの価格は、多分銀座でイートイン込みの設定だからだと思われまする~パンの生地はしっかりめなので具との違和感なく、しかも揚げてないのでサッパリといけます(笑)

続きを読む "二日遅れの…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

けけけぇてん~

バッハ 管弦楽組曲(全曲)  ポリドール

 バッハというと宗教曲つーイメージがあるらしいのだが、それだけじゃないんだよーというのがケーテン時代の特色なんだそーな…いわゆるこの時の上司というか雇い主のケーテン候が自ら音楽を解する(ついでに言うとバリトンの持ち主だとか/?)とゆー、音楽家にとっては理想的職場環境だったらしいのだ。まぁそんな中で生み出されたせいなのか、こーバッハにしては明るいというか、肩がこらない感じといおーか、トーシロにはとても馴染み易い曲だなぁ~と(笑)どの曲もどこかで聴いた事あるよーな、なんですが、特に組曲第三番の第二曲はあのG線上のアリアでして、こーヴァイオリン独奏でないとまた違った趣が~

 うーん、これらは何なくアリス向きか?と。例の車の中のBGM用には最適ではなかろーか?明るい時間にさわやかーに流れていきそー(笑)

続きを読む "けけけぇてん~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

朝の紅茶~

Amchokan アッサム メレン FOP  マリアージュ・フレール

 アッサムなのでミルクティー向きなのかなぁ?と思いつつ普段は面倒くさがってストレートで飲んでいるんですが(笑)さすがにアッサムなので水色も良く出ている感じ、しかも目覚めにどーぞというノリらしいのでこうガツンとくるお味です。うん、紅茶飲んだという気にさせられるというか(笑)ただヘヴィというかストロングな感じではなくて香りも味も水色もバランスのとれた紅茶といおーか(笑)

続きを読む "朝の紅茶~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

たべるあるくたべる?

おいしいふたつ  大澤祐寿子 大澤邦彦  六耀社

 何の本かというと食べ歩きの本のよな?一応副題がとうきょう道草さんぽなので、都内を中心にした自ら食べるの、お土産に買うの、一休みするののノリかなぁ?著者二人、親子で一つの題材をあげてそれぞれにどこどこのと推挙しております。例えばクッキーならお父さんは自由学園明日館JMショップとすれば、娘さんはLe Printemps(女子栄養学大内)とか(笑)それが50項目位ズラズラと並んでおります。親子の視点の違いが秀逸ですが、ここでは選択されたおいしいものが被って嬉しいとか(笑)

 一例を上げると先ほどのクッキーから、たまご焼き、シチュー、焼肉、パフェ、ケーキ、コーヒー、紅茶、煎茶、蕎麦、パスタ、ラーメン、サンドイッチ、おにぎり、たこ焼きなどなど、気になる食べ物が一同にかいしているのだ(笑)

続きを読む "たべるあるくたべる?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

らてらて?

スターバックス大解剖  枻出版社

 本というよりは形態は雑誌に近いと思うんだが、どーもスタバの日本進出10周年記念で発行した記念本らしいのだ…で、サブタイトル(?)がスターバックスのすっごい真実、教えます。なんだけど…まぁ主旨はスタバってこんなとこ(人?)みたいな(笑)詳細は読んでくらはい、もしくはお近くのスタバ愛好者の皆様に~

 えーと記念すべき日本一号店が銀座松屋通り店なんだとか?そー言えばマックの日本での一号店って銀座だったよーな記憶が?銀座って日本での第一歩向きなのかなぁ?と?

続きを読む "らてらて?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

ぷらいすれす(笑)

京都の値段  文・柏井尋 写真・ハリー中西  プレジデント社

 何の本かというと京都の本なんですが(笑)こちらの特色は京都らしいというか京都にちなんだ物を一つ取り上げて見開き二ページで片方が写真、もう一方がその説明というかエッセイというか…著者の方が生粋の京都人らしいのでその選択もなる程なぁと~どちらかというと食べ物も多いのですが、グッズもあるし、旅館の宿泊も一つと取り上げているとこが凄いつーか(笑)同じ比重で小さいひろうす(近喜/\50)もある訳ですから、バラエティが素晴らしかー(笑)

 初っ端から染井の名水から始まっているところがまたニクイ(笑)都はまず水ありきなんですよね、ホント。

続きを読む "ぷらいすれす(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »