« 地下でけむけむ(笑) | トップページ | 地球のどこかで~ »

2008年5月31日 (土)

ふがふがふうが~

J.S.バッハ オルガン作品全集1(BWV.531-536,538)  ヴァルヒャ  アルヒィーフ

 バッハ、オルガン曲とゆー事なんですが、本当にバッハが書いたんかいなとゆーのと、オルガン曲なのかとか、さすが古典、どーなんだろーの余地はたくさんあるみたい…ついでに言うとオルガン曲も二つに分けられるそーで、一つはコラール旋律が入っているオルガン・コラール、も一つがコラール旋律を使わない自由曲となるらしい。うんでもって、ここに収められている曲はどれも自由曲なんだそな…

 技術的にはBWV532は相当難曲らしいのだが、トーシローが聴く分には何だかなぁでどちらかというと勢いつーかでBWV534に圧倒されるんだけど、これはオルガンの違いかしら…何となくオルガン曲にしては軽い感じでアリス的かなぁ~全体的に…いえ、どーも准教授つーとグールド的な音のイメージが勝手にあって(笑)

 収録曲

1.プレリュードとフーガ ハ長調 BWV531
2.プレリュードとフーガ ニ長調 BWV532
3.プレリュードとフーガ ホ短調 BWV533
4.プレリュードとフーガ ヘ短調 BWV534
5.プレリュードとフーガ ト短調 BWV535
6.プレリュードとフーガ イ長調 BWV536
7.トッカータとフーガ(ドーリア調) BWV538

 ヘムルート・ヴァルヒャ オルガン
 アルクマール聖ローレンス教会シュニットガー・オルガン BWV534,538
 ストラスブール聖ピエール・ル・ジェヌ教会シルバーマン・オルガン BWV531-3,535-6

|

« 地下でけむけむ(笑) | トップページ | 地球のどこかで~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふがふがふうが~:

« 地下でけむけむ(笑) | トップページ | 地球のどこかで~ »