« おみやをひとつ… | トップページ | 地下でけむけむ(笑) »

2008年5月29日 (木)

しちゅーどてぃー?

紅茶の事典  成美堂出版

 基本の淹れ方からアレンジメントティーの楽しみまで、とあるのですが、何とゆーか初心者ならばこれ一冊で紅茶に関しては事足りる内容ではないかと…とゆーのも、紅茶の淹れ方に、茶葉や種類や生産地にブレンド、水にポットに保管の仕方、お店選びにティーフードのレシピまで、ついでに歴史に世界の紅茶、成分から効用、紅茶カタログにテーブルウェアのカタログまで最後まで走りきっている感じ(笑)

 全ページほぼカラーだし、コンパクトにまとまっているし、レイアウトもすっきりしていると思うのだがどーだろー?普通っぽいのか尖がっているのかちょっと考えちゃうけど、まぁそれも良しつー事で、個人的にはこの日本で手に入るティーカタログに感動しましたが(笑)だって、アーマッドティー、ウィタード、ウェッジウッド、えいこく屋、エディアール、カレルチャペック、神戸紅茶、シャンティ、ダルマイヤー、茶の愉、伊藤園ティガーデン、ティージュ、ティーブティック、テイラーズオブハロゲイト、テトレー、ディンブラ、トワイニング、日東紅茶、ハロッズ、東インド会社、フォション、フォートナムアンドメイソン、プリミアスティー、ブルックボンド、マユールティー、マリアージュフレール、ムジカティー、メルローズ、リーフル、リプトン、ル・パレデテ、ルピシア、ロイヤルコペンハーゲンティー、ロイヤルドルトン、ロウレイズティー、ロンネフェルトですよぉーっ!でもまだありそーな気がするのは気のせい?

 さてさてアリス的にはやっぱ鍵かマレーなんですけど、まずは茶葉のグレードのOP(オレンジペコー)でしょーか?一応説明では先端から二番目の葉だそーだが(笑)取り合えず高級茶と捉えておけばよろしの世界らしい(笑)後はロシアンティーの淹れ方でまずジャムをウォッカとシュガーシロップで溶いておいて、スタカン(耐熱グラスに金属ホルダーのついたカップ日本ではホットウィスキーグラスといわれてるそーな)にジャムを入れて、ホットティーを注ぐんだそーな…一応これホットティーの上級テクニックに出ているんだが、この解説の最後に本来のロシアンティーは別添えのジャムをなめながら飲むそうですとあったりして(笑)えー…

 他にもアリスがうけそーなナチュラルストロベリーティーとか、准教授が好きそーなアイスメロンミルクティーとかあるんですけど、今回の極めつけはジアンのティーカップ&ソーサー、その銘もアリス…青いお花に取っ手も青つーとてもシンプルなカップなんだが、うーん本店が青山だそーでこれは覗きに行くべきでしょーか(笑)

|

« おみやをひとつ… | トップページ | 地下でけむけむ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

珈琲・紅茶etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しちゅーどてぃー?:

« おみやをひとつ… | トップページ | 地下でけむけむ(笑) »