« とりあえず?まず?とにかく? | トップページ | 野菜、野菜、野菜~ »

2008年6月23日 (月)

しまのそのさき?

植民地のアリス  島田雅彦  朝日新聞社

 何の本かというと紀行文の本なんだろーなぁ?と思う…個人的感想は男の人の書いた文だなぁ?だろーか(笑)えーと、こちらの本は前半は国内(?)の島巡り、中書きを挟んで後半は海外に行っとります。まぁ、どの旅も一筋縄ではいかない感じかなぁ?つーのも前半の島なんですけど、加計品麻島(鹿児島)、馬島(愛媛)、薩摩硫黄島(鹿児島)、神島(三重)、父島(東京)、高島・端島(長崎)、南大東島(沖縄)、択捉島とゆーこー言っては何だが、それはどこにあるの以前に読み方が分からなかったりして(泣)何とゆーか、濃ゆい匂いが漂っているつーか…独自って言葉が肌感覚で納得できる環境つーか…時間の流れが違うよな?

 で、後半の舞台は海外…トルコ、イタリア、ロシア、チベット、ジャマイカ、ケニアのラインナップ…初っ端のトルコからして行ってるとこがアララト山とカッパドキアですから、後はおして知るべしでしょお(笑)

 アリス的にどーよ?と言うのは、うーん実はタイトルで飛びついてしまったので予備知識何もなく読んでしまったんですねぇ(笑)で、こー旅ものつーか紀行文って旅好きらしいアリスが書いていそーだけど、特に島巡りはアリス向きのよな気がしないでもないけど、アリスの場合はクローズドサークルものかの視点のよなよな(笑)

 さて、本文でいくと島のユタ(呪術師)に本土からきた民俗学者がウルトラタカビーに接したせいで内地の人とは面会謝絶のユタが多いとか…また火事が起きたら島が全滅してしまうので島中に歩行中禁煙、歩き煙草厳禁、くわえ煙草やめろなどの看板が掲げられているとか…うーん准教授は島向きではなかったのか(笑)まぁでもオペラにてのコメントが声そのものがハンサムなバリトンとあったりして(笑)そっかー准教授は声もオステキなんだなぁ~と(笑)

|

« とりあえず?まず?とにかく? | トップページ | 野菜、野菜、野菜~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

アリス」カテゴリの記事

国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しまのそのさき?:

« とりあえず?まず?とにかく? | トップページ | 野菜、野菜、野菜~ »