« 甘美なる死? | トップページ | へんしゅーって? »

2008年8月 6日 (水)

記念日に夕食を?

シェフと美食の王様  来栖けい  メディアファクトリー

 メインは11軒のシェフとの対談なのかなぁ?勿論お店の料理も載ってますよん~で、巻末には恒例(?)の料理別ランキング…うーん、毎回思うが著者と似た味覚というか嗜好の人には大変タメになる本だと思う~でもってこちらの対談もシェフより著者が前に出ている感じかなぁ、個人的な感想としては(笑)まぁたいていの料理本だとシェフがメインに出張っている感じなのでこれはこれで新鮮つーか、新しい切り口?取り合えずとてもおいしそーなのは確かってそれは当たり前か、一流店しか載ってないもんなぁ(笑)

 アリス的には割烹千ひろ(祇園)でしょか?お吸い物がおいしそーです。こちらのご主人あの千花の息子さんが開いたお店だとかで、思わず納得っと思ってしまいました…准教授は付き合いで行った事があるんでしょーか?アリス連れて?うーん(笑)でもでもこの本の中で一番にあげるしたらスペイン料理のFujiya1935ではないかとっ何とこのお店谷町四丁目にあるんですよっアリスは行っているっ絶対行ってる(笑)

 でもでもでもっこの本の中で一番ツボをついてきたのは、かのサン・パウの三ツ星シェフカルメ女史の『私はお皿をイリュージョンと考えています。興味や好奇心を持って、謎を解いてくれる人に食べていただきたいのです』とゆー言葉…お皿を本に食べるを読むに変えたららら(笑)アーリースーと思わず叫んでしまいました(大笑)

|

« 甘美なる死? | トップページ | へんしゅーって? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記念日に夕食を?:

« 甘美なる死? | トップページ | へんしゅーって? »