« 行ってみよー? | トップページ | ざ・さかな? »

2008年8月20日 (水)

みの~り~のはなばなぁ~

J.S.バッハ ブランデンブルク協奏曲第二番&第五番、結婚カンタータ  レヴァイン  RCA

 この夏もバッハで乗りきろーではないが、またまたバッハである。うーん、バッハいろいろあって…同じ曲でも演奏者が違うとまた赴きが異なるし…それにしてもバッハのCDってどの位出ているのだろーと(笑)で、ブランデンブルクである。この曲ってバッハの中では有名な曲になると思うのですが、こちらのブランデンブルクは明るいつーか、スカッと爽やか系?のよーな?気がするとド素人は思う…

 カンタータの方もソプラノボイスなので、奇麗奇麗なのか、キレキレなのか、澄んだ音が続いていくというか、何かこーバッハに有り勝ちな重厚感とは違う様な気がするとトーシローは思う…

 つー訳でこちらもバッハ好きな准教授よりはアリス向きではないかと思うには思うんだが、夕陽丘で聴くイメージではないんですよん…じゃあどこでというと、うーん学校の音楽室でとか?何か授業で聴くイメージなんですよねぇ…バッハなのにサクサク進む感じが…とゆー訳で真田山高校の音楽室で、でどーでしょ???

 収録曲

1.ブランデンブルク協奏曲 第二番 ヘ長調 BWV1047
2.ブランデンブルク協奏曲 第五番 ニ長調 BWV1050
3.カンタータ第202番「しりぞけ、もの悲しき影」 BWV202(結婚カンタータ)

 キャスリーン・バトル ソプラノ
 サミュエル・マガド ヴァイオリン
 アドルフ・ハーセス トランペット
 ジェームス・レヴァイン チェンバロ
 ドナルド・ペック フルート
 レイ・スティル オーボエ
 シカゴ交響管弦楽団のメンバーによる室内アンサンブル
 ジェームス・ケヴァイン 指揮

 (参照
 何つーか、バッハ? (ブランデンブルク協奏曲・全曲)
 あったらしーいあさが(笑) (目覚めのバロック))

|

« 行ってみよー? | トップページ | ざ・さかな? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みの~り~のはなばなぁ~:

« 行ってみよー? | トップページ | ざ・さかな? »