« 縦ではなくて横? | トップページ | さんぽのさんぽ? »

2008年9月22日 (月)

京都という街…

京都 つれづれ  邦光史郎・編者  KKベストセラーズ

 何の本かというと京都の本なんだろーなぁ?サブタイトルに千二百年の隠された古都物語とあるし、何とゆーかちょっとした京都史なんですが内容は平易で読み易いです。章立ても京都の表裏とか、町並み、川、花街、葬送、隠れ里、女性、しきたり、御所にお寺と一通り読めばなんとなく京都知った気になれるとゆーか(笑)で、京都なんですが、かつてはお寺、特に東西本願寺と、祇園、先斗町、上七軒といった花街、それと西陣については触れない方がいいと言われてたそーで、つーのもこれらが京都を支える三極だからだとか…

 アリス的にどーよというと近松門左衛門の件が出ているとこかなぁ?「堀川波鼓」に出てくる数え歌とか、「長町女腹切」でのほんと町とか…後は上田秋成のとことか?60才までは大阪に住んでいたけど晩年は京都に住んだのだとか…で、この方の号が無腸…ちなみに無腸とは蟹の事だそーでお墓の台座も蟹の形しているとか…いえ、蟹と聞くとつい反応してしまって(笑)

 でもでもこの本の中で言うと猫寺(称念寺/上京区)かなぁ?夢枕に猫が出てという件はなかなかと思うのだが(笑)猫のために植えた松が未だにあるとゆーペットに優しいお寺のよな~

|

« 縦ではなくて横? | トップページ | さんぽのさんぽ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都という街…:

« 縦ではなくて横? | トップページ | さんぽのさんぽ? »