« 北と南と緯度と空と(笑) | トップページ | さかなのえ? »

2008年9月15日 (月)

日本の伝統?

男のきもの達人ノート  塙ちと  ダイヤモンド社

 えーと何の本かというと着物の本なんですが、男性に特化した内容です。で、堅いのかなぁというとそーでもなくてむしろエッセイ的とゆーか、日常的な着物のあり方の一提案つーか…着物との付き合い方とゆーか…本自体の構成としては前半の1/3位が着物を日常着にしている方との対談もの、ここでの登場人物は甲野善紀、桂笑生、穂積和夫、倉橋光明、室井琴梅、薮内佐斗司、矢吹申彦などなど…どの方も生活に根付いた一家言ありつー感じで、なるほろ~なお話満載っ~

 中盤は着物のイロハのちょっと上を行くみたいな(笑)初歩的に着物の買い方指南からあるんですけど、続く道は己のポリシーを貫けみたいな(笑)安いとか高いとかではなくて、己が感性が一番なんだろーか~で、ラストはその道のプロのお話を伺うと例えば東京都和裁技能士会会長とか、和裁マイスターの方とか、仕立師とか、きもの専門モデルとかとかとか…一通り読破すると着物の今が見えてくる仕組みは凄いなぁの一言…

 うーん、とにかく著者の方が無類の着物好きつーのが本全体から匂いたつよーですが、それと同時に現在の着物の低空さ加減がヒシヒシと…どの位低いかとゆーと、ワシントン条約級の絶滅危惧種ではなかろーか?と(笑)うーん、着物姿の殿方を拝見するって普通に生活していると一年に一回とかでもあるか、ないかのよな?何か結婚式のお婿さんとか、剣道とか弓道とか、あとお相撲さんとか?えーと碁とか将棋のお年めした方とか?神社仏閣内とか?寄席とか?芝居とか?お茶とか?なんとなく非日常空間臭が漂っているよななな…

 アリス的には日常でとゆーか、一番興味ありそーなのはウルフ先生かなぁ?女性も含めればばーちゃん断トツなんだろーけど、ここではあくまで男の着物ですから(笑)個人的にはウルフ先生って自分で着付けも出来ていそーな気がしないでもないんですが?いやー下駄の鼻緒もすげかえられるとかとかとか(笑)

|

« 北と南と緯度と空と(笑) | トップページ | さかなのえ? »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の伝統?:

« 北と南と緯度と空と(笑) | トップページ | さかなのえ? »