« こまちゅー? | トップページ | うみうみうみ~ »

2008年9月 6日 (土)

ここはどこ(笑)

「ニッポン社会」入門  コリン・ジョイス  日本放送出版協会

 何の本かとゆーとイギリス人の書いた日本印象本かなぁ?えーとサブタイトルに英国人記者の抱腹レポートとあるよーに著者はデイリー・テレグラフの東京特派員だそーで14年も日本在住らしい…うーん単純な感想としては面白いと思うんだが、一応日本人向けに書いているのだろーけど日本人に同意を求めているのか?英国人に同意を求めているのか?うーん、日本向けだから日本人にだろーか?とか、こちらの読解力不足なのか、日本のモノなのか?ヒトなのか?うーん、だからまとめてニッポン社会なんだろーなぁ~

 何とゆーか他者からみた日本とゆーのは大変興味深いです。日本人だとあまり気付かない日常についてとか(笑)例えば合羽橋の存在とか(笑)たいていの日本人は英国人というとジェントルマンのイメージらしいけど他のヨーロッパ諸国ではフーリガンと同義語だとか(笑)英国土産に日本のお茶漬けやふりかけが人気があるとか(笑)

 個人的には一番笑えたのが日英食文化の項かも(笑)イギリス料理は日本人が思っているよりもはるかにおいしいと言いたい。と書かれてあり、ベーコン、チーズ、パン、ビールはイギリスの方が断然おいしいと断言されている。ヨークシャープディングも凄く美味いとあるし、イギリス料理店からイギリスのイタ飯、イギリスのスーパーと大英帝国万歳の勢いで圧倒される…イギリスに行ったらアフターヌーンティを三回食えの世界は今は昔となったのか?もともと誤解だったのか?

 アリス的にはウルフ先生が日本滞在記を書いたらどーなるのかなぁとこれまた大変興味深いのですが(笑)本書の中でいうと著者が実家の猫に初めてスルメをあげた時のエピソード(スルメの入ったビニール袋に頭突っ込もーとした)とか、お酒と大阪の発音は似たよーに聞こえるらしいとか…でも一番のポイントは著者が初めて来日した時空港まで向かえに来てくれた日本の学生が、ヒデオさんとゆー名につきるよーな(笑)

|

« こまちゅー? | トップページ | うみうみうみ~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここはどこ(笑):

« こまちゅー? | トップページ | うみうみうみ~ »