« 今日のメニューは? | トップページ | 光の国から? »

2008年9月 1日 (月)

ばっはばっはばっは~

マイ・バッハ・オン・ヴィオラ  今井信子  フィリップス

 バッハを聴き続けて三千里企画、今回はヴィオラでございます、そして伴奏はチェンバロでございます~何となくバッハつーと宗教音楽つーイメージがあって、ヴィオラ(古楽でいうとヴィオラ・ダ・ガンバだそーだが…)でございます…ヴァイオリンとかピアノがメインの曲って結構あるけどヴィオラって、どの位なのかしらとトーシローは悩む…

 さて本CDはバッハはバッハでもあのバッハ(!)だけでなく、その二人の息子(長男&次男)の曲も収録されています。どちらも音楽家の道を行ったみたいだけど、結局父を凌ぐ事は出来なかったとゆー事らしい(まぁ評価は分かれるらしいが…)、男の子にとって偉大な父を持つというのはある意味気の毒だなぁ~と思いを馳せつつ、ご長男の曲はとても軽い感じかなぁ、ご次男の方は真っ当というか真面目な感じかなぁ?

 アリス的にどーかというと准教授好みとは違うよな?全体的に軽やかなイメージなのでアリス向きかなぁ?何つーか真野さんのカナリア、名無しのレディに似合いそーとゆーか(笑)夕陽丘のリビングでドゾっ(笑)

 収録曲

1.W.F.バッハ ソナタ ハ短調(ヴィオラとチェンバロのための)
2.J.S.バッハ ソナタ 第二番 ニ長調 BWV1028(ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための)
3.J.S.バッハ ソナタ 第三番 ト短調 BWV1029(ヴィオラ・ヂ・ガンバとチェンバロのための)
4.C.Ph.E.バッハ ソナタ ト短調(ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための)
5.J.S.バッハ ソナタ 第一番 ト長調 BWV1027(ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための)

 今井信子 ヴィオラ
 ローランド・ポンティネン チェンバロ

 (参照 そしてバッハ? (ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ))

|

« 今日のメニューは? | トップページ | 光の国から? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ばっはばっはばっは~:

« 今日のメニューは? | トップページ | 光の国から? »