« まめはまめ(笑) | トップページ | みたみたみた? »

2008年10月18日 (土)

にほんとはどこか?

好きな日本好きになれない日本  エドワード・サイデンステッカー  廣済堂出版

 著者は日本文学研究家なんですけど、どーゆー人かとゆーとご存知の方の方が多いと思われますが、戦時中は海兵隊情報将校、戦後は佐世保で勤務のち帰国、外交官として来日した後大学で教鞭をとるとゆー日本通…残念ながら2007年にお亡くなりになっていらっさるそーで、こちらの本も戦後日本の移り変わりを踏まえての日本論とゆーか、日本人論のよな(笑)その上タイトル通りとゆーか、有り勝ちな持ち上げ論でもなく、またけなしまくった見下し論でもなく、愛憎渦巻くとゆーとダークなイメージですが、どっちかとゆーと祖父が孫を見る視線のよーな暖かさが漂っております~そりゃ人間いいとこもあれば悪いとこもあらーなと(笑)

 内容も聞き書きみたいなノリなので軽く読めるのも吉~何とゆーか外国の方視点の日本が分かる気にさせられるというか(笑)例えば鎌倉八幡様裏山問題は海外では有名だとか、環境問題についての一歩と見るべきなんでしょーねぇ~自然観も変わっていったとゆー事なんでしょか?ちなみに間に入ったのは英国大使館だそーで、ナショナルトラストただもんではありません(笑)

 アリス的に見るとこれはウルフ先生が日本論を書くとしたら、どーなるのかなぁと思いまして、手に取ったとゆー下心(?)サイデンステッカー氏は米人ですが、でもって一年の半分を米国と日本に住んでいた方なんですけど(笑)ちなみに著者のお気に入りの日本というか東京の谷中とか日暮里、浅草とゆー東京でいう下町の方なんですよね…やはり下町情緒天下無敵か(笑)とするとウルフ先生も京都でもベタなとこに住んでいるんでしょかねぇ?

|

« まめはまめ(笑) | トップページ | みたみたみた? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にほんとはどこか?:

« まめはまめ(笑) | トップページ | みたみたみた? »