« つゆだくではなくてからつゆ? | トップページ | 見立てオチ?考えオチ? »

2008年11月27日 (木)

そこに酒があるならば?

ニッポン酒紀行  江口まゆみ  ジャストシステム

 でもって、酔っぱライター日本全国飲み倒れの旅、だそーで(笑)実は最初こちらの本、日本酒の本だと勘違いしていました…タイトルはニッポン酒・紀行ではなくて、ニッポン・酒紀行なんですよ…そーだよなぁ日本酒ならばわざわざニッポン酒にする必要無しだもんなぁ(笑)てな訳で著者は酒を求めて世界を回った方なんだとか、驚くなかれ欧米だけでなく南米やアフリカの奥地まで行ってらしたそーな…そーゆーお方が原点回帰なのかですかばーじゃぱんなのか日本全国酒を求めて旅に出る?初っ端から一筋縄で往かない雰囲気満載~

 日本で酒だというと日本酒しかないよーな気がしたんですが、よーく考えなくても日本って色々なお酒造っていたんですよ…ビールもワインも薬酒も焼酎ももも~とにかく内容がまさしく体当たり企画なので一読してくらはいとしか言い様がないんだが、一番に言える事は他の酒の本にはない勢いがあります(笑)著者の視点もありふれた評論家風ではないので、でも口癖なのかなぁ~美味い、美味すぎるとゆーフレーズが三回以上あったよーな?もしかして埼玉出身?後惜しむらくは本書の構成とゆーかデザインとゆーかレイアウトとゆーか装丁とゆーかが慣れていない感じといおーか?特に写真関係はコラージュを意識したんだろーけどプロっぽくないとゆーか?わざとそれを狙ったのかなぁ?つー(笑)

 アリス的にはチューハイの元祖なんでしょーか?ホイスと言えば酒飲みの方には分かっていただけるだろーか?梅割の元、梅の甘精とチューハイの元祖、ホイス…小売はしてないので居酒屋限定らしいのだが、まさに知らずに飲んでいる人多しの世界?ちなみにネーミングはウイスキーからホイスキーでホイス…アリスにうけそーだ(笑)でもって元祖は、ホイスと焼酎と炭酸を4:6:10で飲むんだとか?

 後はサントリーでジャーダニのティスティングしているとは?ウイスキーのブレンダーとしては当たり前なのかなぁ?と下戸には酒の世界は奥が深すぎて目から鱗がパラパラと…

 こちらで行かれているのは、
ホッピービバレッジ(調布)、陶陶酒本舗(茨城)、合同酒精(北松戸)、後藤商店(白金)、サントリー(山崎)、ルミエール(山梨)、キリンビール(横浜)、刈穂酒造(秋田)、樽平酒造(山形)、大石酒造(鹿児島)、玉那覇酒造所(石垣島)などなど、著者はその他にもソムリエとかバーテンダーとか利き酒師に果敢にも挑戦しているんですっ…

|

« つゆだくではなくてからつゆ? | トップページ | 見立てオチ?考えオチ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

飲物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこに酒があるならば?:

« つゆだくではなくてからつゆ? | トップページ | 見立てオチ?考えオチ? »