« くさとやそうとやさいときせつ? | トップページ | 駅前の~ »

2008年11月 6日 (木)

やかただぞーっ(笑)

英国貴族の館に泊まる  文・山内史子 写真・松隈直樹  小学館

 サブタイトルにロンドンからの小旅行とあるよーに、だいたいがロンドンから車で日帰りが出来る距離とゆーか一番遠そーに見えるハンプトン・ホールでも二時間半位で着くらしい(笑)だから近場のそれは30分位らしーし(笑)でも、まぁ真にセレブならば自家用ヘリで茶しばきに行くみたいなんだが(?)取り合えず写真が多いです、半分以上はカラーだし、でもってその館のパンフかと見間違えるかのよーなショットの数々さすがプロでございまする~とにかく全ページ美しかぁーっの世界(笑)

 でもって一口にマナー・ハウスって言ってもいろいろあらーなーつーノリというか歴史というか、建築様式も庭園も調度も唸るしかないよなよな…持ち主が持ち主だけにその変遷とゲストのドラマもこれまたスゲェーの世界…思いっきり溜息ついてくらはい(笑)ままま宿泊するとしたら肩が凝りそーな気がしないでもないんですけど、ラックナム・マナーのよーに日本語話すスタッフがいたり、カルコット・マナーのよーにお子様連れも大丈夫なとこもあるよーなので敷居はそれぞれつー事か?殿方的に酒だーつーならレインストン・ハウスのバーで英国一のマティーニを~

 アリス的には、やはり英国庭園からつー事でグラヴタイ・マナーかなぁ?ここの持ち主の一人だった庭園設計師のウィリアム・ロビンソンによる自然庭園発祥の地とか(笑)後はル・マノワ・オ・キャトル・セゾンの天才シェフをして、著者がグールドのバッハを引き合いに出しているとこかなぁ(笑)

 まぁイギリスつー事でここはウルフ先生の領分なんでしょか?何とゆーかこのスノッブさがアリスにうけそーつーか、ミステリの舞台としてこれ以上の場所はないのではないか(笑)つー事でお誕生日に飯食いにどかどかどーか(笑)たまに行くならこんな館って…

 収録 館

クリヴデン(ロンドン近郊)
グレート・フォスターズ(ロンドン近郊)
オークリー・コート(ウィンザー近郊)
ハートウェル・ハウス(オックスフォード近郊)
ローズ・オブ・ザ・マナー(ボートン・オン・ザ・ウォーター村近郊)
ル・マノワ・オ・キャトル・セゾン(グレート・ミルトン村近郊)
ロウワー・スローター・マナー(アッパー・スローター村近郊)
バックランド・マナー(コッツウォルズ北端)
ラックナム・パーク(バース近郊)
ザ・マナー・ハウス(カッスル・クーム村近郊)
ソーンベリー・カッスル(ブリストル近郊)
カルコット・マナー(コッツウォルズ中部)
アンバリー・カッスル(ブライトン近郊)
レインストン・ハウス(ウィンチェスター近郊)
グラヴタイ・マナー(ガトウィック空港近郊)
ラングショット・マナー(ガトウィック空港近郊)
ティレニー・ホール(ハンプシャー)
アレクサンダー・ハウス(ガトウィック空港近郊)
ハンブルトン・ホール(ラットランド)
イーストウェル・マナー(カンタベリー近郊)

|

« くさとやそうとやさいときせつ? | トップページ | 駅前の~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

庭園・建築」カテゴリの記事

宿泊・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やかただぞーっ(笑):

« くさとやそうとやさいときせつ? | トップページ | 駅前の~ »