« あったまろ~ | トップページ | どよーでもないのに? »

2008年12月 1日 (月)

りべるたすでけむべるす?

サンタクロースの秘密  クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一  せりか書房

 12月というとクリスマスでサンタだぁーっという能天気な勢いで行ったらば、民俗学の道は険しかった…つーか、ハードでした…見積もりが毎回甘い人生ってどよ?なんですが、B6大のぺラさ(ハードカバーだけど/笑)を侮っていたみたいです。うん、クリスマスそんなに甘いものじゃない…もともとのクリスマスの起源とゆーかが冬至祭の変形つーか発展形?なのかなのかの前にレヴィ=ストロースの論文はディジョンでのサンタクロースの火刑から始まっているんですよ…しかも行っているのが教会…初っ端からガーンという擬音が頭の中を駆け巡ります…

 まさにサンタとは何ぞや?の世界…戦前のフランスの伝統と新たなアメリカ化も何なんですけど、これはもー人は皆妥協点を模索して生きていくつー事なんでしょーか?うーん、文章は平易でこれまた短いのに、こー頭がついていかない感じが(泣)もう少しおべんきょしてから再読したいと思いまする…

 アリス的にはクリスマスというと事件のフラグですが(笑)こーゆー本当は怖いサンタクロースの謎つーノリ、アリスの雑学データベースには入っているのかなぁ?あるならアリスにご教授願いたい位なんですが…まぁ物事どこに主眼を置くかで見え方が違ってくるので一概にどーとも言えないのですが、こーゆー視点を持つ事も大切なのかも知れないなぁと思うのと同時に准教授がアリスを側に置く理由の一つかなぁと…多分アリスは准教授と全然異なる表層を提示してみせるだろーし(それはアリスの迷推理で存分に発揮しているし/笑)つー訳でクリスマスはケーキ食べてプレゼントを貰うだけじゃなかったんですねぇ…だからと言って別荘やお芝居に招待されるでもないかもしれませんが(笑)

|

« あったまろ~ | トップページ | どよーでもないのに? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: りべるたすでけむべるす?:

« あったまろ~ | トップページ | どよーでもないのに? »