« 自分を完全に忘れ去り、作品が自らを思い出すようにすること | トップページ | ぽっぽっのたびぱーとしっくすっ »

2009年1月17日 (土)

だいしぜん~

世界の自然遺産  日経ナショナルジオグラフィック社

 まぁ出版元が出版元なので、枕詞にナショナル・ジオグラフィックが訪れたとつくんですが、まままぁユネスコの世界遺産の中でもいわゆる文化遺産ではなくて自然遺産の方に焦点をあてた編成です。選りすぐりの35点なんだそーだが(本誌発行時点で150点以上ある中から/笑)何とゆーか、さすが版元がDCにあるだけあって北米が一番多くて10点、更に南米も6点とゆー構成…アジアが5点でしかも内2点がロシアとなれば初っ端から何だかなぁのノリですが、こー取り合えず世界一周には向いているかも?

 当然山もあれば海もあるし、ジャングルもあれば洞窟もあるとゆー読書界のトライアスロン的なノリでありますが、一つ一つの項が結構短めなのでスラスラと読めます。写真も奇麗だし、地図とかのレイアウトも奇麗だし、唯一もったいないなぁーはこの文章がこなれていない感じといおーか?プロっぽくない文章といおーか?そんでもって紙面の都合からなんだろーけど駆け足といおーか?寸足らずな感じ?もっと知りたければ本誌を読まんかいとゆー罠なのか(笑)

 日本の自然遺産は出ていませんが、日本人カメラマンの岩合光昭さんの写真も出てきます。勿論動物写真~場所はタンザニアのセレンゲティ国立公園でございます~

 アリス的には、うーむむむ、国名シリーズで行くと、ロシア・カムチャッカ火山群とか、ロシア・バイカル湖とか、ブラジル・大西洋岸森林保護群とか、英国デヴォン東海岸とかになるのかなぁ?ある意味こーゆー世界の不思議ってアリスが好きそーなイメージが勝手にあるんだけど?洞窟系も好きそーだし(笑)洞窟ならアメリカにカールズバット洞窟群国立公園があるそーな(笑)

 目次参照  目次

|

« 自分を完全に忘れ去り、作品が自らを思い出すようにすること | トップページ | ぽっぽっのたびぱーとしっくすっ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だいしぜん~:

« 自分を完全に忘れ去り、作品が自らを思い出すようにすること | トップページ | ぽっぽっのたびぱーとしっくすっ »