« いつでもいっしょ? | トップページ | どぶねずみ? »

2009年1月30日 (金)

ふくふくふく~

知っているとうれしいにほんの縁起もの  広田千悦子  徳間書店

 何となく有り難い本なんですが、縁起物とゆーと神社仏閣つーちょっと硬めのイメージがあったりするんですが、こちらの本は日常の縁起物とゆーか、さりげない毎日とゆーか、何気ない習慣とゆーか、総じてなる程日本人って結構縁起物に囲まれているみたいな気にさせてくれると(笑)装丁もかわいい感じで、内容も一品見開き二ページで解説されているんですけど、一ページまるまるイラストでこれもかわいい感じにまとまっていて何とゆーかほっこりします~解説も硬くなくどちらかとゆーとエッセイのよー(笑)温故知新つー事でしょーか?

 本書は四章に分かれているんですけど、結構意外なものがあったりして、例えば蚊帳、これも縁起物だったんですよねぇ~富士山となると当たり前なのか何なのかちょっと悩んだりして(笑)写経もあれば手ぬぐいも有り、お花の椿もそーだったりするんですよ~

 さて、アリス的とゆーとシーサーでしょーかねぇ?ホテル・ラフレシアで石垣島に行ってたし、きっと目にしていると思うの(笑)ちなみにこのシーサー、二体で一対ですけど向かって右が口開けて、左が口閉じているんだそーいわゆる阿吽ですねぇ~ついで招き猫でしょーか?ちなみに右手を上げているのが金を招き、左手を上げているのが人を招くとか。ついでにアメリカの招き猫は掌を向けているのではなく手の甲を向けていると…ジェスチャーが違うからなんだそーで、招き猫も郷に入れば郷に従えなのか(笑)

 でもって何となくばーちゃんがやってそー(それともウルフ先生か?)なのが福茶~新年あけて若水でいれるお茶。地方によって様々らしいのですが、一般的なのはお茶に昆布と梅干だそーですが、節分なんかだとお湯に豆を三粒入れるのだそーどちらにしても無病息災、有り難いことでございます~

 目次参照  目次-博物

|

« いつでもいっしょ? | トップページ | どぶねずみ? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふくふくふく~:

« いつでもいっしょ? | トップページ | どぶねずみ? »