« E線上のアリア? | トップページ | すぱすぱのたびぱーとわんっ »

2009年2月 9日 (月)

くるくるまわるぅ~(笑)

回転寿司の掟  松岡大悟  河出書房新社

 何の本かというといわゆる一つのハウツー本なのかなぁ?回転寿司のイロハを懇切丁寧に解説してあって初心者には心強いんではないか?と思う?…今一ピンとこないのはすし屋そのものもあんまり馴染みないんですけど、更に回転寿司って今までに一回しか行った事がなくて…具体的にどーなのかとゆーイメージが浮かんで来ないんです…それにしてもお寿司屋さんってこんなに構えて行かなければいけないとこだったんですねぇ…食は戦いだったのだ(笑)

 とゆー訳で出掛ける前に予習を怠らないタイプの方には必携かも(笑)取り合えず回転寿司~みたいなタイプには…気合だ気合だ気合だーっ(笑)個人的には最終章のネタの掟がおべんきょになりました~例えばエンガワ、普通に考えるとヒラメやカレイなんだけど白いエンガワの多くはカラスガレイやオヒョウだったり…サーモントラウトって実はマスとか…今のイクラの多くは海外産とか(ついでにマスの卵もあったりぃ…)…あわびじゃないのロコ貝なのぉとか…白ミル貝はナミ貝というんやでぇとか…ネタの道は何だかなぁ(笑)

 アリス的には寿司というとダリ繭の寿司折りのとこなんですけど(笑)普通に准教授とアリスって回転寿司に行くのかなぁ?と想像して…例の海奈良の魚魚魚から地方の漁港に行ってそーな気が勝手にしてるんですが?尤も回転寿司の発祥の地は大阪だそーで、アリスなら誰よりも早く突撃しているか(笑)

 目次参照  目次-書籍

|

« E線上のアリア? | トップページ | すぱすぱのたびぱーとわんっ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くるくるまわるぅ~(笑):

« E線上のアリア? | トップページ | すぱすぱのたびぱーとわんっ »