« てらてら? | トップページ | とゆーことは中一? »

2009年3月22日 (日)

ろいやるぶらんど?

皇室御用達ものがたり  日本文化再発見研究室  祥伝社

 何となく英国王室御用達はよく聞くんだけど、皇室御用達もあったんですよおぞーさん(誰?)戦前ならともかく今でもあるんだとちょっと目から鱗(笑)まっ制度的には昭和29年になくなったそーだけど伝統は残っているらしい…さすが世界一古い王室が残っている国だよと思わず突っ込みを入れたくなるが(笑)ままま、めいどいんじゃぱん…職人の火は消えずとゆーか、老舗は老舗なんですねぇ…取り合えずこちらの本にはそーゆー限られたお店が24軒出てきますが、写真(カラー)が多いので美々しい本です。これ一冊でなる程ざぱんなノリ(笑)モノはモノなんですよとゆーか?まずは見て見ての世界かなぁ?あれも日本、これも日本、多分日本、きっと日本…かもかも?サブタイトルはロイヤルブランドの技と心でございます…

 アリス的には、こーゆーのってアリスのデータベースに載っていそーな気がして軽く手に取ったんですけど、今は皇居が東京にあるからこちらのお店も多いのですが、結構京都のお店もあるのだなぁと感心したりして…また、煌びやかな装い関係も勿論あるけどお米屋さんもあるんだよねぇとゆーまさに生活に根付いた御用達…アリスなら京都にあるお店はちゃっかり覗いていると思うんだけど、どっかなぁ(笑)

 ちなみに京都のお店は、
龍村美術織物(中京区)…織物
宮脇賣扇庵(中京区)…扇子
川端道喜(左京区)…和菓子
松屋常盤(中京区)…和菓子
麩嘉(上京区)…生麩
佐竹招慶堂(中京区)…和楽器
 なんですけど、ここはアリス的には山形屋紙店(神保町)かなぁ?何のお店かとゆーと名前通り紙のお店。天皇家で紙とゆーと何とゆー気がしないでもないけど海外に行く時は天皇でも名刺のよーなカードを持って行くそーな…金の菊の御紋に日本国天皇って印刷されるって…だよね、としか言えない…ちなみに懐紙もサイズがその身分で決まっているとか…で、その品質が千年持つ和紙なんだとか…知らなかったんですけど正倉院にある懐紙未だに変色せずなんだそーで…だからと言っては何だけど今でも千年前と同じ製法で作ってるって…どんだけぇぇぇの世界のよな…下手なミステリーよりミステリアスというか、今昔物語地で行ってるとゆーか、神秘の国日本健在でござりまするぅ…この辺りもアリスの解説聞いてみたい今日この頃(笑)

 目次参照  目次-博物

|

« てらてら? | トップページ | とゆーことは中一? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ろいやるぶらんど?:

« てらてら? | トップページ | とゆーことは中一? »