« ふわふわのたびぱーとふぉー | トップページ | かたちあるもの… »

2009年4月10日 (金)

分別のある大人、あるいは若くない人間をさすフランス式の婉曲表現の食とは何か(笑)

やっぱり美味しいものが好き  ジェフリー・スタインガーデン  文芸春秋

 前の本(すべてを食べつくした男)もスゲェの世界ではありましたが、今回のコレも前回にヒケをとらない素晴らしさ…食べ物関係の本は多々ありますけどこれ程体当たり企画というか行動力というかの本はそーそーないのではないかと?食べただけとか、体力勝負の本はそれなりにありますけど、こちらは気力体力知力の総決算つー感じ、まずアプローチからして尋常じゃありません…著者と同じ行動を取れる人が世界に何人いるのか?一人もいないに思わず賭けたくなるけど(笑)ここまでくれば天晴れ、いっそ清清しささえ感じます~とはいえ本書の忌憚ない感想はいじましい…これに尽きるよな(笑)いえ、呆れるもあるんでしょーけど、何か突き抜けていて拝みたくなる心境にさせられるとゆーか(笑)まずは読むべしですねぇ~食に少しでも関心のある方なら損のない内容です(笑)

 アリス的には魚魚魚でトロの項かなぁ全然知らなかったのですが、今や日本の築地市場の競値が瞬時にネットを駆け巡る時代なのね(笑)後はロブスターロールの項に出てくるロブスターでしょーか?ホットドックは知ってはいたがロブスターロールは知らなかった…レシピを見る分には海老のカクテルサンドの海老をロブスターにしてホットドック的に挟んだ(乗っけた?)ものみたいなんだけど?ちなみにホットドックの意味がグットとかサプライズの意味があるとはこれまた知りませんでした…

 アリス達が食べているのはトーストとサンドウィッチが多いので食パン系だと思われるんですが、パンだとこちらはバケットなのだが、これがまた小麦の道なんですねぇ~当たり前だけど米にコシヒカリとかササニシキがあるよーに小麦にも種類があってその小麦粉によって出来るパンも自ずと変わっていくと…勿論作り手にも左右されるし風土もそーだろーし好みもあるしコストもあると…パン一つで人生感変わりますよん(笑)

 マレーのイチゴではないけど、こちらで出てくるのはチノズのイチゴ…これはイチゴの種類の名前ではなくてチノズ農場(サンディエゴ近郊)で獲れたイチゴの事だったりする~なんつーかアメリカでおいしい農産物を求めるならここの野菜直売所に行けらしい、並ぶけど(笑)ちなみにこのチノズ農場を経営しているのは日系のチノさん一家~大量生産の対極にある農業とゆーのが何となく日本的なんだろか?

 でもって准教授の心の友というか精神安定剤かわりではないかのコーヒーはこちらではエスプレッソの項なんだけど…個人的に世界で一番コーヒー飲んでるっててっきりアメリカ人かと思っていたらアメリカでもなくイタリアてもなくフランスでもなく何と北欧の方々とは…でもってその後にはゲルマン系がきて、オランダとなるらしい…でようやくフランスアメリカの出番って…コーヒーって寒い地域程よく飲むって事なのか?でもってコーヒー豆の市場って世界第二位の規模だっつーのも知りませんでした…第一位が石油なんですよ、奥さん(誰?)で、第二位がコーヒー豆…メジャーだったんですねぇ…でもってもっとおろろいた話が、コーヒーをよく飲む人ほど自殺率が低いって書いてあるんですよ…えーっ!ココココーヒーって…

 と、目から鱗の話が一杯、チョコやチーズの項も驚きが一杯、世界って広いですよぉ~(笑)

 目次参照  目次-書籍

|

« ふわふわのたびぱーとふぉー | トップページ | かたちあるもの… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分別のある大人、あるいは若くない人間をさすフランス式の婉曲表現の食とは何か(笑):

« ふわふわのたびぱーとふぉー | トップページ | かたちあるもの… »