« そこに山があるからだ? | トップページ | 5000年の昔から~ »

2009年5月 4日 (月)

しまのくにのひとだもの~

島の名前 日本編  中村庸夫  東京書籍

 何の本かというと表題通り、島の本(笑)写真集のよーでもあり、エッセイ集のよーでもあり、総じて美しい本でごさります~今まで島って言ったら海に浮かんでいるものだと勝手に思っていたんですが、湖に浮かんでいるのもこれも島…ついで言えば日本って本体そのものが島なんですよねぇ…そーゆー訳でつくづく島国、しみじみ島国、いやーこんなにあったのかぁー島々とゆーわんだほーに満ち溢れておりまする~八百万の島と言っても過言ではない位…見た目ブロッコリの一房みたいなのから奇岩としか言い様がないのから、あるあるある(笑)また本書は写真と文が半々位の構成なんですが、単調になりがちなレイアウトというかデザインが飽きさせないつくり。どーみても尖がっていない普通の配置に見えるのに、奇麗なんですよ~

 アリス的に島と言ったらクローズドサークルものと相場が決まっているんでしょーけど(笑)アリス、国名シリーズじゃなくて島シリーズにしたら無限に続きそーな位島があるよぉー(笑)取り合えず合体して、オランダ島の謎なんてどーだろー?岩手県にあるらしいんだが?形から言ったら大槌島、ケンペル(独人医師)が海のピラミッドと読んだ位奇麗な円錐形をしているんですよぉーでもでも実はこの島小さいのに半分が岡山で半分が香川なんだとか(笑)境界問題って昔からあったんですねぇ…それと水納島(沖縄県国領郡/みんなじまと読みます)はパンのクロワッサンのよーな形なんだとか?つー事は三日月?ちなみに別名、クロワッサンアイランド、まんまじゃん(笑)…ネーミングからいくと嵯峨島(長崎県五島)とか?ちなみに野が抜けているけどさがのしまと読むらしい…でもって由来は京都の嵯峨野にちなんでつけたのだとか?

 当然といえば当然の石垣島と竹富島も掲載されておりまする~個人的には戸島(京都府舞鶴)を推したいなぁ~なんといっても別名がぽんぽこ島なんですよぉー!

 アリス達に関係しそーな近場の島は
三重県…神島、三ツ島、答志島、坂手島、真珠島、渡鹿野島、賢島、御船島
和歌山県…紀ノ松島、金光坊島、九龍島、大島、通夜島、稲積島、蜑取島、黒島、苅藻島、地ノ島、友ヶ島
大阪府…四貫島
兵庫県…瀬戸内海側…ポートアイランド、淡路島、沼島、煙島、家島、男鹿島、坊勢島、西島、上島、唐荷島
兵庫県…日本海側…大島、但馬松島
福井県…越前松島、雄島、亀島、蒼島、水島
京都府…冠島、沓島、蛇島、戸島、乙島、年取島

 目次参照  目次-各地

|

« そこに山があるからだ? | トップページ | 5000年の昔から~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しまのくにのひとだもの~:

« そこに山があるからだ? | トップページ | 5000年の昔から~ »