« 遊びか?微笑み? | トップページ | ぎたーなんです(笑) »

2009年5月20日 (水)

何故か分からないけどハッピーになれる?

イギリス魔界紀行  荒俣宏  NHK出版

 サブタイトルがハリー・ポッターの故郷へなのだが、本書はそーゆーミクロな話ではなくてもっとマクロなスケールです(笑)だからタイトルでハリポタ目当てて読むと肩透かしかもしれないかも?とゆーのも、結局これはイギリスという風土に連綿と根付いた神秘というか、考古学というか、民族風俗史というか、裏歴史というかとゆーノリなので、しかも昔とゆーと4、5000年前の話からなのだ(笑)そーなんですよ、奥さん(誰?)ストーンヘンジってその位前に造られたらしいんですよぉーっ…

 とゆー訳でイギリスの不思議探しというか、聖地巡りというかに行きましたがメインなんだけど、その前振りと予備知識が半端じゃないのだ(笑)ええっとかおおっとか叫びながら昔の人の創意工夫、もといマジカルなテクニカルというか、枠組みというか、圧巻です。不思議には意味があったんですよぉーっ…

 でもってこれが現在進行形というか、未だに連綿と続いているとゆーのが、さすがイギリス(笑)現実に魔女の方々が住んでいらっさるし、その文化が残っているんですから…ちなみにイギリスでは1951年まで魔女法(いわゆる規制法…)があったんですよ…アーサー王といい、ゴーストといいイギリス凄い…それとも伝説は真なるものを含んでいるなんだろか?

 アリス的にはどーだろ?ウルフ先生の国ってスゲェの世界か?それともホームズの国ってスゲェなのか(笑)それとも准教授のケルト神話に一家言あるになるのかなぁ?いやーイギリス古代史はケルトと切っても切り離せない訳で、ちなみにケルトって西に影響を与えただけでなく東にもあったのね…インドというかアジアでラジャって王様の意味だけど、これの語源がケルト語なんだそーだ(アイルランド語のリー(これも王様の意)も同じ語源とか?)ちなみにちなみにアーサーの語源も熊のウルサスからきているとか、天狼座のアルクテュルスからとか…アーサー王って熊王とか狼王とゆー事なのか?

 さて、再びアリス的とゆーと魔女狩りの決め手とか、ええ理由が猫を飼っていたからとかマジあるんですよ…准教授の運命は(笑)後は、ハリポタに出てくる栄光の手でしょーかねぇ?妃は船を沈める辺りとダブるとゆーか…ちなみにフランス語ではメン・ド・グロワールと言うそーな…この手の伝説というか呪器の迷信って続いているものなのかなぁ?

 目次参照  目次-博物

|

« 遊びか?微笑み? | トップページ | ぎたーなんです(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故か分からないけどハッピーになれる?:

« 遊びか?微笑み? | トップページ | ぎたーなんです(笑) »