« ガス灯の灯るところ… | トップページ | とれびあん? »

2009年6月25日 (木)

牛肉食わねば開化不奴?

サライ  2008/10/16号

 特集がゴルフなんですが、ゴルフ…セレブなスポーツというよりおじさんのスポーツのイメージの方が強い気がするのはまさに気のせい?とはいえ流行っているのかなぁ?ととと殆どゴルフ番組とか見ないからウッズ位しか知らないとゆーのはかなりヤバイのか…本誌には観戦記としては女子プロの大会を見に行きました編があるんですが…今のゴルフより昔のゴルフの記事の方が面白く拝見できたなぁ(笑)リンクススランドとかなるほろの話だし、日本で最初に出来たゴルフコースは神戸ゴルフ倶楽部(1903)とか、ちなみに造ったのはイギリス人のアーサー・ヘスケス・グルームなる人物、神戸で貿易商を営んでいらっさったとか、蛇足ですが奥さん日本人とか…ちなみに日本人で最初(?)にゴルフに接した人は海軍士官だった水谷叔彦が英国留学(1896)の時に当時ロンドン郊外のロイヤル・ブラックヒース・ゴルフクラブでたしなんだとか…ゴルフボールの話も面白いし、時代は下っての作家先生によるゴルフ三昧な話も笑える~結構いろんな人がはまっていたりして(笑)

 アリス的には上記の神戸ゴルフ倶楽部のクラブハウスがヴォーリズの設計であるところかしら?現存してるから拝みたいけど、倶楽部は未だに会員制なのでトーシロには厳しい?後は作家先生とゴルフにそのうちアリスも入るのかしら…どっちかとゆーと営業マン時代にやってたりして??

 さて、何ゆえに今頃古い雑誌をばとゆーと実はメインの特集はゴルフだったのですが、サブにすき焼き東西自慢があったからなんですねぇ(笑)すき焼き関係の本ってないなぁとか思ってたら、雑誌にもあるじゃない?と(笑)何故こんなにすき焼きにこだわっているのか自分でも分からなくなってきましたが、ないとなれば探してしまうのは人のサガ(ホント?)で、こちらには太田なわのれん(横浜)、ちんや(浅草)、牛肉料理神戸大井(神戸)、江知勝(湯島)、宮鍵(名古屋)、三嶋亭(京都)などのお店が掲載されています。詳細は本誌をみてくらはい~ただ個人的にはすき焼き奉行の項が笑えたけど、北大路魯山人の魯山人式すき焼きとか、小津安二郎のカレーすき焼きとか、鈴木清順のコンニャクすき焼きとか…さて、スウェーデンのすき焼きは果たしてどんなんだったのか(笑)普通のすき焼きを求めてこの旅(?)も続くのであった、とか(笑)

 目次参照  目次-書籍  目次-その他

|

« ガス灯の灯るところ… | トップページ | とれびあん? »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛肉食わねば開化不奴?:

« ガス灯の灯るところ… | トップページ | とれびあん? »