« たいたっにっくぅぅぅぅ? | トップページ | 夏には夏の? »

2009年7月 6日 (月)

にっぽんのそうるふうど?

昔ながらの漬け物  酒井玲子  主婦の友社

 サブタイトルが定番漬け物と四季の浅漬け365でして、さらに枕詞におばあちゃんに教わりたい味がここにあるでして…実に渋い本です(笑)表紙も今時のキラッとゆーかカラーとゆーかのノリではなくて二色刷り…更に本文含めて写真は一切なし…イラストはあるにしても、これはまさに中身で勝負とゆー本の本道に戻ったよーな潔い本でございまする~ついでに言うと内容量が豊富、これ一冊でたいがいの物は漬けられます、多分(笑)

 まずは定番の漬け物が出ていて、これがぬかみそ、たくあん、白菜、かす、みそ、梅干、甘酢、三五八、らっきょう、塩、しば、べったら、福神、近江とありまして、これだけで多分日本の漬け物の十中八九はクリアしているよーな?ちみなにぬか漬けのぬか床が酸っぱくなってもカビても虫がわいても100%再生可能とは知りませんでした…恐るべし日本の漬け物…

 変わり素材としてはたんぽぽの若葉漬けとか、うわばみそう(みず)の保存漬けとか、ぎぼうしの花漬けとか、まつたけの白酢漬けとか、納豆漬けでしょーかねぇ?そんな素材食べれたの?からそんな素材あったの?からそんな素材漬けるの?まで漬け物奥が深いです…

 アリス的に漬け物というとこれはばぁちゃんの独壇場になりそーな気配が(笑)ばぁちゃんなら毎日漬け物してても違和感ないけど、やはり京都の人だから、甘酢漬けで蕪の千枚漬けとかしば漬けとか京菜の塩漬けとかお手の物なんだろか?何となくばぁちゃんなら出来そーとゆーのに桜の花の塩漬けとか(笑)ちなみにこちらの桜の花は八重桜だそーな…

 何となくアリスにウケそーでつくしの辛味漬けとか、枝豆の塩漬けなんかどーだろー?いえ、季節感の強い食材ってアリス好きそーな気が勝手にして(笑)まぁそれはともかく、アリスに一番ウケそーなのは大根の大阪漬けかもぉ?大根さえあればすぐに漬けられる簡単なもみ漬けなんだそーな~大根と葉と塩とゆずの皮だけ…案外アリスが日常で作っていたら、それはそれで凄いなぁ(笑)

 目次参照  目次-書籍

|

« たいたっにっくぅぅぅぅ? | トップページ | 夏には夏の? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にっぽんのそうるふうど?:

« たいたっにっくぅぅぅぅ? | トップページ | 夏には夏の? »