« ふわとろ? | トップページ | この世で最も無粋なのは… »

2009年8月15日 (土)

てらへ?

寂聴ほとけ径 私の好きな寺  瀬戸内寂聴  マガジンハウス

 何の本かというとタイトル通りの本のよな(笑)著者と回るお寺参りというか詣でというか(笑)判型がA5より少し大きい感じなのでちょっと小さめの写真集のよーな、もしくは雑誌のよーなカジュアルさがあるんですが、本文読んで何というか日本だ、寺だと納得する出来~と言っていいのか?写真がとてもおされならレイアウトも奇麗なんですが(しかも尖がっていないっ)まさに読んでナンボの本です。寺に歴史ありなんですよ。写真は実に視覚の申し子というノリで、この時間との対極が凄いのか?タイムスケールをどれだけ許容できるのか?まっ行ってみなはれの世界か(笑)

 アリス的には海奈良の東大寺のお水取りでしょーかねぇ?こちらでも東大寺に参っていて、二月堂のお水取りの事が説明されています。ちなみに修二会も同じ事らしい。ついでに言うと正式の名称は十一面悔過法というそーな~それにしてもこーゆー伝統行事が1250年以上も続いているところが日本だよなぁと改めて納得するというか、させられるというか(笑)かのWW2の時も休まず行っていたそーな…勤勉なのか生真面目なのか…そーゆースパンの中ではかの大戦すら瞬きの一つなのか…

 も一つ関係あるとするなら浅草寺の項に出てくる、これまた東大寺二月堂の小観音の逸話かなぁ?何とこの観音様は折敷に乗って海を渡り、難波の港にたどり着いたのだとか…観音様ってというより、これはお寺って…霊異説話の多くは歴史的事実ではないと言われても、これも一つのミステリーだよね、アリスって事で(笑)

 本書でお参りしているお寺は、
法華寺(奈良市法華寺町)
海龍王寺(奈良市法華寺町)
天台寺(岩手県二戸郡)
石道寺(滋賀県伊香郡)
黒田観音寺(滋賀県伊香郡)
己髙閣/世代閣(鶏足寺/滋賀県伊香郡)
泉涌寺(京都・東山区)
法真寺(東京・文京区)
神護寺(京都・右京区)
廬山寺(京都・上京区)
東大寺(奈良市雑司町)
長谷寺(奈良県桜井市)
仁和寺(京都・右京区)
浄瑠璃寺(京都府相楽郡)
岩船寺(京都府相楽郡)
浅草寺(東京・台東区)

 目次参照  目次-各地

|

« ふわとろ? | トップページ | この世で最も無粋なのは… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てらへ?:

« ふわとろ? | トップページ | この世で最も無粋なのは… »