« かんたん? | トップページ | へんはおち? »

2009年12月 1日 (火)

まじかる?

安倍晴明公  晴明神社・編  講談社

 ええと何の本かとゆーと晴明神社御鎮座壱千年祭、記念本?なのかなぁ?安倍晴明没後1000年とゆーお話らしいのだが、そーゆー千年前の方の神社があるとゆー所が日本だよねぇになるのか、まぁ安倍晴明については本にも漫画にも映画にもなったとゆー事で今更説明の必要もないよーな気がするんですが、その安倍晴明を祭る神社が京都は西陣にあるんだそーなんですよよよ~

 で、本書はその記念本とゆー事で当然メインは安倍晴明っ徹頭徹尾関係者語るというか、論ずるというか、いやぁー一言で言うなら濃い…トーシロでも対談している辺りは何とかなったんですが、レポートというか小論文の類(と言っても書いてる人にとっては取っ掛かりなんだろーなぁなんですが/笑)にはお手上げな状態です。まずは歴史というか、京を知らないと話にならないのと、陰陽道を知らないとこれまた話にならない…中国の昔から日本にきてとゆーこの流れにその文献の名前だけでもチンプンカンプン(泣)専門用語の嵐なんでございますよん…非常にシリアスな内容なので軽く手に取ると歴史の重みに負けまする(笑)

 アリス的にはどーかなぁと思いつつ、実は晴明神社って御所の西、ニブロック位しか離れていないんですよね。つー事は英都からも近いと(笑)准教授はアレですけど、アリスならば絶対行ってる(笑)のではないかと(笑)こーゆー謎とゆーかミステリアスな人物はアリスの好みだと思うんだけどなぁ?でも今なら貴島さんみたいな女子大生のおぞーさんの方がありえるのかなかな?

 後、アリス的なとことゆーと有栖川(本当に川の方)についてチラっと語られていたり、四天王寺の雅楽とか聖徳太子遠忌についてチラっと出てきたり、土地の名前なのか船曳とあったり、小浜の図書館の名前が出てきたりしているとこでしょーか(笑)

 本書の執筆者は、
千宗守、山口喜堂、村山修一、中村樟八、小松和彦、阪口弘之、宮島新一、小坂眞二、高原豊明、梅田千尋、嵯峨井建

 目次参照  目次-神社仏閣  目次-書籍

|

« かんたん? | トップページ | へんはおち? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まじかる?:

« かんたん? | トップページ | へんはおち? »