« 古典主義の後裔ではなく、擬古典主義者? | トップページ | さいごく~ »

2010年1月20日 (水)

もぐらもぐら(笑)

メトロ誕生  中村建治  交通新聞社

 はて、何の本かとゆーと今で言う銀座線を造った人々のノリかなぁ?中心人物は早川徳次と五島慶太の二人の攻防戦となるのか?まぁ日本に地下鉄をもたらした者というか、地下鉄の父たる早川と、これまた東急王国の礎を築いた五島の都市交通というか、地下鉄に対する戦いは?がメインかなぁ?とにかく早川が物凄く破天荒な人物のよーで、むしろこの性格なら大正、昭和を生きるより幕末、明治の黎明期向きなんではなかろーかの世界(笑)とにかく地下鉄がいいとゆー事で周囲も何も全ておいて突っ走る感じ(笑)一方、東急方の五島はまたの名を強盗慶太ともじられる程の辣腕で東急を巨大化していくんだけど…

 まぁ資本主義の世界ですのでお金で回っているところもなきにしもあらず、理想というか妄想というか根性というかの早川にふんだんに資金があったならば今の地下鉄はもっと違った形になっていたのかもなぁとゆー気がしないでもないんですけど(笑)一番のおろろきは今と人の流れが違っていたのだなぁとゆーとこでしょか?戦前は東京の東に人が多かったのねぇ…まぁ普通の鉄道より物凄く費用のかかる地下鉄を個人の力でやってみよーとするその志は執念の一言では済まされないよな…世界的にも地下鉄って官営が殆どだそーだし…なせばなるなんでしょかねぇ…

 アリス的に地下鉄って、ましてや東京の地下鉄っての世界なんですが、まぁアリスの愛する神保町も地下鉄の駅ですし(笑)作品的には海奈良かなぁ?確か、三田線が出ていたはず?まぁ何にせよ、何事も最初がある訳で我が国初のそれは上野-浅草間でござったと…

 今となると地下鉄ってそれ程不思議な存在でもないんですけど、でも初めて日本に地下鉄が出来てから百年もたってないんですよね…何とゆーか、20世紀という雰囲気満載の話だなぁと思いつつ、鉄道少年のアリスなら小さい頃に地下鉄好きだった気がしないでもないんですけど?果たして???

 目次参照  目次-鉄道

|

« 古典主義の後裔ではなく、擬古典主義者? | トップページ | さいごく~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もぐらもぐら(笑):

« 古典主義の後裔ではなく、擬古典主義者? | トップページ | さいごく~ »